Fallen Golf Star, Tiger Woods' DUI Arrest
止まらない、止められない転落劇!
DUIで逮捕されたタイガー・ウッズが更に失うものとは…

Published on 5/30/2017 


5月29日、午前2時に飲酒運転で自宅のあるフロリダ州ジュピターでDUI(Drive Under the Influence/アルコールや ドラッグの影響を受けた状態での運転)で逮捕されたのが タイガー・ウッズ(41歳)。
1997年、21歳にして初のメジャー・トーナメントに優勝した彼は、その後10年以上に渡って 輝かしいキャリアを築いたのは周知の事実。 32歳の誕生日を迎える前にして、メジャー・トーナメントで14勝を収め、 ジャック・ニクラウスが持つメジャー・トーナメントの最多勝利記録、18勝を破るのは 時間の問題と言われていた存在。
タイガー・ウッズが登場してからというもの、ゴルフ・トーナメントの視聴率が大幅にアップしただけでなく、 ナイキが過去21年間に渡って彼と年間22億円の契約を結ぶなど、それまでのゴルファーではあり得なかったような 広告出演契約が次々と舞い込み、人気、名声、財産を若くして手に入れたのは周知の事実。 2003年にはスウェーデン人の元モデル、エリン・ノーデグレンと結婚。2人の子供を設け、 キャリアのピークには賞金と広告出演料、その他で、年収110億円を稼ぎ出していた存在。 現在もその総資産が約810億円と言われ、キャリアを通じて得た収入の総額は約1550億円。
ゴルフをメジャーなスポーツにした功績は誰もが認めるところで、ゴルフ界だけでなく、 スポーツ界全体においてもトップの人気を誇るアスリートであったのがタイガー・ウッズ。 その彼の輝かしいキャリアトレがレガシーを思い起こすと、 現在の彼の状況は現在の彼の姿とは全くかけ離れたものなのだった。



そのタイガー・ウッズの転落劇がスタートしたのは2009年11月のこと。
自宅の敷地内における車の追突事故が報じられ、その真相が実はタイガーの浮気を知った夫人、エリン(写真上左)と口論になり、 家を出ようとしたタイガーの車の窓ガラスを彼女が9番アイアンで打ち砕いたため、タイガーが車のコントロールを失っただけだった というエピソードは、当時タイガーがあくまで事故としてごまかそうとしたもの。 彼がプレス・カンファレンスで、「エリンは窓ガラスを割って、事故後に車から出られない自分を救出してくれた」と 堂々とウソをついたけれど、その彼のダメージ・コントロールはその後大きく報じられた不倫スキャンダルのせいで、 全く功を奏さなかっただけでなく、彼がウソの常習犯というイメージを与え始めたのだった。
しかもその不倫スキャンダルは1人の女性ではなく、次から次へとタイガーの元愛人という女性達が名乗り出て、 彼の出会いの詳細や、彼と交わしたテキスト・メッセージを公開するなど、動かぬ証拠が次々と浮上。 それまで築いてきたタイガー・ウッズのクリーンなイメージが大きく崩れただけでなく、 トークショーやメディアでジョークの対象となり、2010年には不倫を認めるプレス・カンファレンスを行うことになったのだった。
その席にはタイガーの母親は姿を見せたものの、エリンが同席して彼をサポートすることはなく、 やがてエリンは離婚を申請。その慰謝料は不倫のせいで跳ね上がり、エリンは約160億円を受け取ったことが報じられたのだった。

このイメージダウンを受けて、大手電話会社のAT&Tやジレットなど、彼に多額の収入をもたらしていたスポンサーが どんどん離れはじめ、それと同時にタイガーの周囲の人物がメディアに語り始めたのが 彼が実はポルノ・マニアであること、 女性にアプローチする際には側近を通じて女性をテーブルに招待すること、彼が実は物凄いケチで 財布を持たず人に払わせる常習犯であるなど、その人柄についての否定的なコメント。 加えて、この頃からスタートしたのが肝心のゴルフの大不振。
そのためタイガーは一時トーナメントから遠ざかっていたけれど、タイガー・ウッズ不在のトーナメントは TV視聴率が低下することもあり、ゴルフ界は常に彼のカムバックを望み続けていたのだった。

そんな彼が不倫スキャンダル発覚以来、初めてトーナメントに勝利したのは2012年3月のアーノルド・パーマー・インヴィテーショナル。 そして同年2012年後半にはチャリティ・イベントで出会ったオリンピック・ゴールドメダリストのプロ・スキーヤー、 リンジー・ヴォン(写真上右)と交際を始め、2人がその関係をオープンにしたのは翌年2013年3月のこと。 フェイスブック上で2ショットの写真を公開したのだった。
以来、タイガーのラウンドにはリンジー・ヴォンが同行するようになったことから、メディアの注目を集めたと同時に、 2013年8月にはブリジストン・インヴィテーショナルで、キャリア79勝目を収め、 そのまま順調にカムバックするかと思われたのがこの頃。
しかしながら翌年2014年4月には、マスターズ・トーナメントの直前に腰の手術をすることになり、 2015年にも2度目の手術をするなど、不運が続き、この年にリンジー・ヴォンとの交際も終止符を打っているのだった。 その後もタイガーの不振は続き、世界で最も有名なゴルファーでありながら、現在の世界ランキングは876位。 トーナメントの最中で棄権するケースも増え、2017年4月には4回目の腰の手術を行ったばかりなのだった。



タイガー・ウッズが5月29日に逮捕されたフロリダ州ジュピターは、 彼が写真上右の邸宅を構えており、彼が逮捕されたのは、 タイガー・ウッズが所有するレストラン、”ザ・ウッズ”から車で7〜10分の場所。
居眠り運転をしていた彼は、警察に車を停められ、最初は自分がカリフォルニアから戻ってきたところと 語ったものの、後に話が替わって来て、自分が何処に居るかも分からないことを認めたとのこと。 警官が飲酒運転を疑って、呼気検査をしようとしたところ、最初はそれを拒んだものの、 その後2度の呼気検査ではいずれもネガティブであったとのこと。 逮捕されたタイガーは、数時間後に仮釈放されているけれど、 その直後には彼のマグショット(逮捕時の写真)がメディアに公開され、大きな報道になっていたのだった。

その後、タイガー側が東部時間の午後11時のニュースに間に合うように用意したのが 「4月末に受けた腰の手術の痛みを抑えるために摂取していた処方箋薬をミックスしたリアクションによる混乱で、 アルコールは摂取してない」という釈明のステートメント。 でもこれを報じたメディアは、こぞって「タイガー・ウッズの言い訳によれば…」というシニカルな受け止め方をしており、 成績不振や繰り返しの手術という不運に見舞われている彼が、 飲酒運転でスポンサーを失わないためのシナリオを考えたという見方の方が有力になっていたのだった。
そうなってしまうのはタイガーが不倫スキャンダルの際に、何度もウソをついて事実の揉み消しを図っていたためで、 現場に居合わせた警官は、彼のがまともに話せないほど呂律が回っていなかったこと、1人で歩けなかったことを証言していたけれど、 後にそれが4種類の処方箋薬の影響と説明されているのだった。



タイガー・ウッズが飲酒運転をまず真っ先に否定したのは、前述のようにスポンサーを失う訳には行かないためで、 それほど飲酒運転というのはたとえ被害者が出ていなくても、アメリカでは非常にイメージの悪い犯罪。
世界ランキング876位とは言え、今でも広告出演料等で年間約50億円を稼ぎ出しているタイガー・ウッズにとって、 飲酒運転による逮捕は、スポンサーとの契約条件に違反する行為。 通常広告スポンサーは、犯罪者やイメージダウンの激しい人物がブランドの広告キャラクターやスポークスマンになるのを防ぐため、 その契約条件に、問題を起こした場合、一方的に契約を打ち切れる条項を盛り込んでいるのが通常。
したがって飲酒運転が認められてしまえば、現在の彼の収入の約半分を支払っているナイキを始め、 ロレックス等のスポンサーが彼との契約を打ち切っても不思議でない訳で、 事実「タイガー・ウッズ飲酒運転で逮捕」のニュースが報じられた途端に、飛び交ったのが 「遂にナイキがタイガーとの契約を打ち切る時が来た」という噂。それほどまでに 現在のナイキにとっては、タイガー・ウッズの名前に年間20億円以上を支払う価値が薄れてきているのだった。

でも今回の逮捕の原因が飲酒運転でなく、処方箋薬の影響であったとしても、彼のイメージが保たれるかと言えば 決してそうではないのが実際のところ。今やアメリカでドランク・ドライヴィング(飲酒運転)よりも死者が多いのが、 ドラッグ・ドライヴィング。また強力な処方箋薬の痛み止めが、アメリカでパーティー・ドラッグになって久しい状況で、 タイガー・ウッズが今回の逮捕時に摂取していたヴァイコダンは、そんな人々がハイになる痛み止めの1つ。
アメリカではコカインとヘロンのオーバードースの合計よりも処方箋薬のオーバードースによって死亡する人々の方が 多いほどで、それほどまでに処方箋薬がレクリエーショナル・ドラッグとして使用されて久しいのだった。 プロ・アスリートの中にも怪我が原因で 処方箋薬の痛み止めを摂取し始めてから中毒となり、リハビリ入りする選手は少なくないだけに、 たとえタイガーが腰の手術のために処方箋薬を摂取していたと言っても、このような逮捕劇が起こると 同情よりは疑いが集まるのは避けられないシナリオなのだった。

タイガー・ウッズは4月末の4度目の手術前の自らのブログで、 腰を治して、プロゴルフに復帰すると語っているけれど、 その一方で、彼がアクティブに行っているのがゴルフ以外の収入源の模索。 2017年3月には1997年のマスターズの勝利についてのメモアールを出版した他、ビジネス・ベンチャーも手掛けている 様子が伝えらえているけれど、通常プロ・アスリートのサイド・ビジネスや引退後のビジネスは、 そのイメージや知名度に頼るものが多いだけに、今回の逮捕劇はタイガーの新ベンチャーにも決して良い影響を及ぼさないのは 確実視されるのだった。

そんなタイガー・ウッズの現在のガールフレンドは、NFLダラス・カウボーイズのフットボール・プレーヤーの元夫人。 ダラスのニーマン・マーカスでショッピングをしている最中にこのニュースを知った彼女は、 ショックを受けて泣きながら5000ドル分のショッピングをしていったことがゴシップ・メディアTMZによって報じられているのだった。



Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Melania's travel outfit キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,

PAGE TOP