Beckhams Share Too Much of Harper's Birthday Party…
娘、ハーパーの6歳のバースデー・パーティーのインスタフォトが大波紋!
デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムが親馬鹿ポストでバッシングを受けた理由

Published on 7/17/2017 


7月10日に6歳のバースデーを迎えたのがデヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムの長女で、4番目の子供、ハーパー・セヴン・ベッカム。
ハーパーと言えば、ファッション・デザイナーであるヴィクトリアが 常にファッショナブルな服を着せている甲斐もあって、セレブリティの子供のベスト・ドレッサーに選ばれる一方で、 デヴィッド・ベッカムが溺愛する様子を自らインタビューで語るほどの親馬鹿ぶりを見せている存在。
そんな彼女のバースデーには、ブルックリン、ロミオ、クルーズの3人の兄たちが、それぞれに自らのインスタグラムのアカウントで、 ハーパーのバースデーを祝福する微笑ましい様子が見られたものの、 物議を醸したと同時に、バックラッシュを招いていたのが デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムがそれぞれに自らのインスタグラムにポストした 複数の写真なのだった。


Lucky Harper meeting a real life princess at the Palace x ??

David Beckhamさん(@davidbeckham)がシェアした投稿 -


中でも最も物議を醸したのが写真上のデヴィッド・ベッカムがアップしたインスタショット。これが撮影されたのは、バッキンガム宮殿内のチャールズ皇太子の弟、 アンドリュー王子が住む邸宅内。ハーパー(右から3番目)と一緒に、左から3番目に膝をついて写真に写っているのは、 アンドリュー王子&彼と離婚した”ファーギー” こと サラー・ファーガソンの娘、ユージーン王女。 デヴィッド・ベッカム自身も、「ラッキーにも本物のプリンスに会えた!」とキャプションを書いている通り、 本物のプリンセスを交えて、ハーパーがプリンセスに扮したショットは887,601件の「Like」を獲得。
ところがまずこのポストに異議を申し立てたのが、ファッション・デザイナーのステラ・マッカートニー。 というのも彼女の娘がこのバースデー・パーティーに招待されて写真に写っていたためで、 ベッカム・ファミリーとは異なり、娘をメディアのスポット・ライトからプロテクトして育てているステラにとっては、 こんな写真を無断でインスタグラムに掲載されるのは大迷惑以外の何物でもないものなのだった。



次いで物議を醸したのがヴィクトリア・ベッカムの写真上のポストで、シンデレラのコスチュームを着用したハーパーが、バッキンガム宮殿内の広場で、 風船を持ってポーズする様子。 当初このスナップには好意的なコメントが寄せられていたものの、ほどなくこれら2枚の写真についてのバックラッシュがスタート。
というのも、国民の血税で維持されているバッキンガム宮殿がセレブリティの6歳の子供のバースデーのために 簡単に利用されているという事実に 腹を立てたイギリス国民が多かったためで、 「バッキンガム宮殿はお金があるセレブリティが簡単に私物化できるのか?」と言った批判がバッキンガム宮殿にも ソーシャル・メディア上にも寄せられ、メディアもこれを大きく取り上げる結果になったのだった。

このニュースについては、エリザベス女王もバッキンガム・パレスの一部がチャリティ等のイベントではなく、セレブリティ個人の目的に使用されたことについて 懸念を表明したと言われているけれど、そのバックラッシュを受けて、デヴィッド・ベッカムは「ハーパーの写真が撮影されたのは彼女のバースデー・パーティーという訳ではなく、 別オケージョンのイベントでバッキンガム宮殿に招待された際のもの」と言い訳。 しかしながら、メディアの一部が このハーパーのためのバースデー・パーティーが実は サラー・ファーガソンによってアレンジされたイベントであったことを報じ始めたのだった。



そこで起こったのが新たなバックラッシュ。というのもサラー・ファーガソンと言えば、アンドリュー王子との間にユージーン王女を含む2人の子供を設けたものの 彼と離婚し、ロイヤル・ハイネスの称号が無くなって久しい状況。 加えて数年前にはアンドリュー王子との面会アレンジを有料で引き受ける様子が、そのおとり捜査のビデオで明らかになっており、 イギリス王室との深い関わりが切れているはずの存在。
にもかかわらず、彼女がこのイベントをアレンジしたという報道を受けてイギリスのメディアが報じたのが、 サラー・ファーガソンが今も娘たちだけでなく、アンドリュー王子と近しい間柄で、頻繁にバッキンガム宮殿内のアンドリュー王子邸で プライベート・イベントをアレンジしているという事実。

それが今まで公に明らかにならなかったのは、パーティー・アレンジを依頼した人々がそれを一切公表しなかったためであるけれど、 こともあろうに それをインスタグラムで公開したのがベッカム夫妻。 デヴィッド・ベッカムのインスタグラムのフォロワー数は3870万人、妻のヴィクトリア・ベッカムのフォロワーは1640万人。
普通の大金持ちならば、これが自分たちのために特別にアレンジされたイベントであると悟るものであるけれど、 セレブリティで、ウィリアム&ケイトのウェディングにも出席し、夫婦揃ってOBE勲章を受けている2人にとって、 バッキンガム宮殿は身近な存在であったのか、それを堂々と、しかも当たり前のように公開してしまったのがデヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム。

もちろん彼らにとっては、娘のバースデー・セレブレーションをファンとシェアするだけの目的でポストしたインスタフォトであったけれど、 ステラ・マッカートニーから、イギリス王室関係者、イギリス国民の反発を招く状況となっており、 セレブリティが抱えるソーシャル・メディアのリスクを改めて露呈する形となっているのだった。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Versace Mansion キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP