The Most Tweeted Events Hashtags Top10 in 2016

ツイッターが発表した、"2016年に最もツイートされたハッシュ・タグ TOP10"
最も注目を集め、物議を醸したトピックは?

Published on 12/08/2016



2016年はツイッターという企業自体は、毎四半期連続して業績悪化が伝えられ、 マイクロソフトなど 当初同社の買収に興味を示していた企業がこぞってその買収案を取り消すなど、 あまり良い年というイメージが無かったのが事実。
またセレブリティから大統領候補までがオープンに攻撃し合うメディアとしてのイメージも強く、 特に大統領選以降はツイッターのアカウントをクローズしてしまう民主党支持者が多かったことが伝えられていたのだった。
でも、ポジティブであれ、ネガティブであれ、人々が発信するメッセージがハッシュ・タグのトレンディングによって把握できるという点で、 ツイッターは世論や人々の関心の指針となるソーシャル・メディアであることは否定できない事実。 以下では2016年に最もツイートされたハッシュタグのトップ10をご紹介します。


10位: #GameofThrones / #ゲーム・オブ・スローンズ


10位は、世界規模で人気の高いドラマ・シリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。TVドラマ・カテゴリーからは唯一のTop10ランク・イン。 放送局であるHBOが、8シリーズ目が最後であると7月に発表したこともツイート数に影響しているとみられています。


9位: #RIP / #レスト・イン・ピース


9位は、”Rest In Peace”の略で、”安らかに眠れ”の意味。2016年には、デビッド・ボウイ、プリンス、ムハンマド・アリ、レオナルド・コーエンなど、様々なジェネレーションに 多大な影響をもたらしたセレブリティが亡くなったことから、このハッシ・タグのツイート数が増加しました。


8位: #Trump / トランプ


8位は、ドナルド・トランプ次期米国大統領関するツイート。トップ10の中で唯一の個人名でのランク・イン。これには支持者だけでなく、 アンチ・トランプ派のツイートも多数含まれているのは言うまでもないこと。大統領選挙後は お祝いムードよりも、外交不安のツイートが多いことが指摘されています。


7位: #BlackLivesMatter / #ブラック・ライブス・マター


ブラック・ライブス・マターは、2012年にフロリダで起こった、セキュリティによる地元の黒人少年トレヴォン・マーティン射殺事件に対する抗議から始まったムーブメント。 以来、武器を持たない黒人層が単なるトラフィックの取り締まりがきっかけで、警官に不当に射殺され、その警官が不起訴処分になる事件が起こる度に このハッシュタグが浮上。特に2016年はNFLのクォーターバック、コリン・コパーニックが試合前のアメリカ国歌斉唱の際にブラック・ライブス・マターの 抗議をするジェスチャーを行い、それが様々なスポーツイベントに波及したこともこのハッシュタグた増えた要因になっています。。


6位: #Brexit# / #ブレクシット


イギリスが欧州連合(EU)からの離脱を国民投票の結果決めたのが2016年。世界中を驚かせたこの投票結果ですが、 その前後の論議、及びイギリス国民&世界中からのリアクションが、このハッシュタグを6位にランク・インさせています。





5位: #Oscars / #オスカー


2016年のオスカーがツイッター上で、物議を醸したのは、2年連続で俳優部門に1人もマイノリティがノミネートされ無かったためで、 ”#OscarsSoWhite / #オスカー・オール・ホワイト”」のハッシュ・タグでのツイートも非常に多かったとのこと。 この白人のみのノミネーションについては、オスカーのステージでもホストを務めた黒人コメディアン、クリス・ロックがジョークとして語っており、 一部の黒人俳優は授賞式をボイコットしていましたが、アカデミー側はプレゼンターとして黒人俳優を多数起用して イメージ挽回を試みていました。


4位: #Euro2016 / #ユーロ2016


サッカーファンなら誰もが驚いたのが、ユーロ2016でのイングランドvsアイスランド対決。 弱小国のアイスランドが、強豪イングランドを破った素晴らしい勝利は、イギリスが欧州連合(EU)から去る”ブレクシット”を抜いて4位にランク・イン。 ワールドカップ以外のサッカーには比較的無関心のアメリカでも大きな話題になっていました。


3位: #PokemonGo / #ポケモンGO


2016年に、世界中を熱狂させたゲーム、ポケモンGOが3位にランク・イン。ポケモンGOは、リリース後の数日間に最もダウンロードが多いアプリの記録を塗り替え、 アメリカでは2016年の夏に大人も子供も夢中になっていましたが、アテンション・スパンの短いミレニアル世代は程なくプレーを止めてしまったのが実情、 それでも5億回以上のダウンロードが記録されたのは驚くべき数字。


2位: #Election2016 / #アメリカ大統領選挙2016


2016年のアメリカ大統領選挙は、史上初の女性大統領が誕生か?、それとも政治経験も軍事経験もないリアリティTVスターのビジネスマン、 ドナルド・トランプが白人貧困層の支持を集めて当選するかで、アメリカを2分する物議を繰り広げたアグリーな闘いとなったのは周知の事実。 もちろんこのツイートの中には、トランプ支持者がツイート&リツイートを繰り広げたフェイク・ニュースが含まれており、 選挙結果に誰もが驚いたと同時に、グーグル、フェイスブックなどが、これまで野放し状態であったフェイク・ニュースの取り締まりに動くきっかけにもなりました。


1位: #Rio2016 / #リオ・オリンピック2016 /


1位に輝いたのは、リオ夏季オリンピックとパラリンピック。世界中のオリンピック・ファンの応援ツイートと、 出場アスリートたちのファンへの感謝ツイートもその数に貢献していましたが、開会式では トンガ王国のイケメン騎手とそのココナッツオイルを塗ったボディがヴァイラルになるなど、 競技以外の話題も数多く提供していました。


Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, person of the year 2016 ヴィクトリアズ・シークレット・モデルのダイエット


 

PAGE TOP