J.Lo's $10 Million Summer House and
Tahari's $800,000 Rental house in Hamptons

ジェニファー・ロペスが2017年夏に A・ロッドと頻繁に過ごした
約11億円のハンプトンズのサマーハウス

Published on 8/22/2017


ヨーロッパにおけるテロの懸念も手伝って、2017年に不動産価値がさらにアップしたことが伝えられるのが ニューヨーカーの夏のリゾート地、ハンプトンズ。
夏の週末をハンプトンズで過ごすことをステータスと考えるニューヨーカーは少なくありませんが、 実際に7月、8月は、ニューヨークの週末のホットなイベントがことごとくハンプトンズで行われるようになるのは毎年のこと。
ハンプトンズは、数多くのセレブリティがサマーハウスを所有していることでも知られますが、 ここでご紹介するのは、ジェニファー・ロペスが2013年に約11億円で購入したウォーターミル・エリアの邸宅。 ジェニファーにとって、この邸宅はハンプトンズで購入した3軒目の物件ですが、 特に2017年の夏はジェニファーが双子の子供達と共に、交際中のアレックス・ロドリゲス、及び彼の2人の娘たちと 例年よりも頻繁に一緒に過ごしたことが伝えられていて、”J.ロッド”がそれぞれの子供達と一緒にプールで 楽しむ姿をインスタグラムにアップする様子が見られていました。
邸宅の室内面積は790平方メートルで、敷地面積は3エーカー。広々とした庭園やプール等、 維持費が掛かりそうな邸宅ですが、ジェニファーの収入があれば、たとえ夏の間しか滞在しなくても問題ナシという印象です。

後半では、それに加えて 2017年の夏にニューヨークのローカル・メディアで話題になった デザイナーのエリー・タハリのサマーハウスをご紹介。 話題を提供した理由は、彼のサマーハウスが夏の間だけにも関わらず 80万ドル(約8800万円)でレンタルされたためで、 ハンプトンズの高額物件の需要に供給が追い付いていない様子を垣間見せています。









邸宅の全景とガーデン、プールのエリア。プールの奥にはプール・ハウスがあって、 プール・パーティーに使用したり、ゲストハウスにも使用できるようになっています。






芝生の庭園に面した絵にかいたようなポーチ。ゆったりとドリンクやブレックファストが楽しめるように 籐のファニチャー・セットがいくつも置かれています。 写真上、下段はフロントの玄関から入って直ぐのホール・エリア。





カントリー・スタイルのキッチンは、広々としたアイランドがカウンターテーブル代わりになると同時に、収納にも役立つ存在。 ジェニファーは時間が許せば自分で料理をするのを好むため、購入の際にはキッチンにこだわったことが伝えられています。







旅行者にとって旅の楽しみはダイニングですが、ニヒの中には複数のダイニング・エリアが用意され、時間帯や気分に合わせて、好みのロケーションで 現地のフレッシュな食材を用いたグルメ・ダイニングを満喫することが可能。 もちろんヴィラ内のプライベートな空間で味わうルーム・サーヴィスやそのダイニング・オプションも充実しています。





写真上は邸宅内に8つあるベッドルームの1つと、それに併設されたバスルーム。 バスルームの数は合計7つで、バスタブの無いトイレが1つの合計7.5バスルームになっています。





写真上、上段は子供のためのプレイルーム。双子の子供達が遊べる広々としたスペース。下段は2階に設けられたバー・セクション。 わざわざ1階のキッチンまで降りなくても、ナイトキャップが楽しめるようになっています。




さてここからご紹介するのは、デザイナー、エリー・タハリが所有するサガポナックのサマー・ハウス。
1998年に建てられたこのサマー・ハウスがこの夏、ニューヨークのローカル・メディアで大きな話題になったのは、 前述のようにこのサマーハウスのレンタルに80万ドル(約8800万円)を支払ったテナントが居たため。 レンタルの期間は5月末のメモリアル・デイ・ウィークエンドから 9月1週目のレイバー・デイ・ウィークエンドまでの102日間なので、1泊86万2750円という計算。
このサマーハウスの売りは何といっても、天井が高く、壁一面がガラスになった広々としたメイン・ルーム。 ファッション・デザイナーの家とあって、デザインに様々な特徴がある物件ですが、80万ドルというサマー・レントは 不動産価格が高いハンプトンズにおいても、ローカル・メディアが騒ぐほどの高額になっています。








暖炉をフィーチャーしたメインルームには、12人掛けのディナー・テーブルと、ラージ・スクリーンTVの前でくつろげるソファー・エリアがあって、 グラス・ドアは全てロールアップするので 室内でありながらインドア・アウトドア・スペースに早変わりするする造り。 サイドの扉からプールサイドや芝生のガーデンに直ぐ出られるのも魅力で、 パーティー・ルームとしてもプライベート・エンターテイメント・スペースとしても適したデザインになっています。





オープンのシェフ・キッチンはハイテク・アプライアンスをフィーチャー。ケータラーが入っても大丈夫な広さと設備で、 屋外へのアクセスが良いので、バーベキューも気軽に 簡単に出来るようになっています。







オーシャン・ビューのマスター・ベッドルームにはテラスが設けられていて、部屋の面積以上の広々とした空間が演出されています。 併設されたマスター・バスルームには、プールのようなバスタブと広々としたシャワー・ルームをフィーチャー。
ゲスト・ベッドルームは2つで、バスルームはマスター・バスルーム以外にあと2つ、トイレのみのハーフ・バスルームが1つで、トータル3.5バスルームとなっています。







プールの長さは約20メートルで、バスケット・ボールのハーフ・コートや、アウトドア・ダイニングが楽しめるオーシャン・ビューのパティオ等も 敷地内に設置されています。 サマーハウスの室内面積は465平方メートル。敷地の総面積は2.5エーカー。家に面したビーチはもちろんプライベートになっています。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Great Anerican Solar Ecripse キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

 

PAGE TOP