Jessica Chastain's Historic Apartment
Once Owned by Leonard Bernstein

かつてレオナルド・バーンスタインも暮らしていた…
ジェシカ・チャステインが購入した歴史あるマンハッタン・アパート



オスカーにもノミネートされた 若手実力派女優のジェシカ・チャステインは、 そのレッド・ヘアと透き通るような白い肌がトレードマークとして知られる存在。
そんな彼女は、ニューヨークでアパートを購入するにあたって、モダンなコンドミニアムではなく、 クラシックで趣きのある空間を探していたとのこと。 そして不動産エージェントがやっと探し当てたのが、ここにご紹介するカーネギーホールに程近い、 オズボーン・アパートメント。
ニューヨークのランドマーク・ビルディングに指定されているこの建物は、 1世紀を超える歴史を持つと同時に、かつてはあの著名コンダクター、 レオナルド・バーンスタインが暮らしていた 曰く付きの物件。

ベッドルームが4つ、3.5バスルーム(バス&トイレが3箇所と、トイレのみが1箇所)という この物件は、広々としたクラシックなキッチン、タイガー・オークのフロア、 ラリックのガラス細工をフィーチャーした扉など、1世紀以上前に建てられた 歴史的建造物のオリジナル・フィーチャーをそのまま随所に残したもの。
したがって、アパート本体に加えて、これらのアンティーク・フィーチャーのお値段が 物件価格に加算されていて、お値段は510万ドル(約6億1,200万円)。 それでも新築のコンドミニアムには絶対に望めない 数々の美しいディテールはゴージャスの一言。
以下では、そのアパートの一部をご紹介しています。




玄関から入って直ぐのホールは、芸術品のような扉とドア・アーチに圧倒されてしまう空間。 デコレーションをミニマムに抑えて、建築の美しさにフォーカスしたスペースです。




玄関からすぐにアクセスできるサロン・スペースは、ステンド・グラスのパーラー・ウィンドウをフィーチャーし、 扉はアンティーク・ウッドに手彫りを施したもの。 オズボーン・アパートメントのオリジナルがそのまま美しく保存されています。




別角度からのサロン・スペースのショット。ファイヤー・プレース側の壁が全面鏡張りになっていますが。 この継ぎ目無しの巨大な鏡だけでも、今や大変な金額。 天井までの高さが4.3mあるので、シャンデリアは全て長いチェーンを使って低めに吊っています。





アンティークのグランド・ピアノが置かれたパーティー・ルームは、写真上のサロンの奥に位置するスペース。 アールデコ調のシャンデリアとファイヤー・プレース、アンティーク・ミラーがセンター・ピースとして、 存在感を発揮するインテリアになっています。




広々したクラシックなキッチンは縦長のシャンデリアがゴージャスな印象。食器棚を始め、収納棚が沢山あるのが見て取れますが、 写真左側の壁も一面がキャビネット。取り付けてあるハシゴは、高い棚にリーチするためのもの。





ファイヤー・プレースをフィーチャーしたリヴィング・スペースは、高い天井を利用して、9段のブック・シェルフが 壁に収まっています。




ゲスト・ベッドルームの1つ。クローゼットの扉が全てミラーになっているので、窓の光りを反射して、とても明るく感じられる スペースになっています。マスター・ベッドルームの写真が無いのが残念ですが、 マスター以外のベッドルームは全て天井が低くなっているようです。




4つのベッドルームのうちの1つ。窓枠などに建物の古さが感じられるのに加えて、 レッジ(壁と天井の間の突出部分)にお金が掛かっていないところから見て、 オリジナルは住み込みのメイドの寝室として使われていたと思しき部屋。

Will New York 宿泊施設滞在


ジェシカ・アルバのゲスト・ハウス レオナルド・ディカプリオの1晩4500ドルのレンタル・ハウス ジェニファー・ロぺスが新たに購入したNoMadのペントハウス

 

PAGE TOP