Jessica Simpson's Previous Home is
Jennifer Lawrence's New Home!

ジェニファー・ローレンスが新たに購入した
元ジェシカ・シンプソンのビバリーヒルズの豪邸



セレブリティが数多く暮らす ビバリーヒルズや マリブなどで、時々起こるのがかつてセレブリティが所有していた邸宅を 別のセレブリティが購入するということ。
2014年だけでも、トム・ブレイディとジゼル・ブンチェン夫妻のマリブの邸宅をドクター・ドレが買い取ったり、 トークショー・ホストで、2014年のオスカー・ホストも勤めたエレン・デジェネラスの邸宅を、 フェイスブックの創立パートナーとして知られるショーン・パーカー(映画「ソーシャル・ネットワーク」で、ジャスティン・ティンバーレークが演じたキャラクター)が 買い取るなど、セレブ同士の間での不動産売買は、決して珍しく無いもの。
ここに紹介するのも、2014年にセレブ間で売買契約が成立した物件で、 売主はジェシカ・シンプソン。それを買い取ったのはジェニファー・ローレンス。
家の総面積にして512平方メートル、5ベッドルームを擁するこの邸宅のお値段は700万ドル(約8億4000万円)。 そのジップ・コードは、「ビバリーヒルズ青春白書」の原題にもなっている ”90210”となっています。

以下では、その邸宅の詳細をご紹介しています。






正面玄関のエリアは、夜になるとイルミネーションでライトアップされる美しさ。 プライバシーが守れる奥まったエントランスになっています。




玄関を入って直ぐのホールと、2階に向う螺旋階段。ブラックをアクセントにしたホワイトのインテリアと、シャンデリアがゴージャスな印象を演出。




エントランス・ホールのすぐ横のリヴィング・エリアは、ガスを使ったファイヤー・プレースがあり、フレンチ・カントリー・スタイルのインテリアで仕上られた空間。





リヴィングの直ぐ隣にある、フォーマル・ダイニング・ルーム。アンティークのウッド・テーブルとシャンデリアがエレガントな雰囲気。








写真上3枚は、キッチンとカジュアル・ダイニング・エリア。キッチンは、オーブンが2台、ガス台が8つ、収納も良く、 アイランドも大きいので、料理をする人には魅力的なキッチンですが、ケータリング・サーヴィスを入れたパーティーを行うにも 便利なセッティング。
ダイニング・エリアからは、美しくランドスケープされたチャーミングなガーデンが眺められて、外のテラスで 食事をすることも出来ます。




カジュアル・ダイニング・エリアから出たところにあるガーデン。花が植えられ、とても静かなエリアなので、噴水の音が 心地良く聞こえる優雅さです。




広々としたマスター・ベッドルームにも、ゴージャスなシャンデリアが。 プールを見下ろすテラスで、朝食や読書が楽しめるよう、 ソファーやテーブルが設置されています。




ゲスト・ルームや子供部屋としても使えるベッドルーム。壁紙とカーテン、クッションのプリントが、フレンチ・カントリー・スタイルを 打ち出した、ゆったりとした空間。




写真上はゲスト用のバスルームの1つ。この家は、合計7つのバスルームを擁していますが、トイレだけのハーフ・バスルーム、 トイレとシャワーだけのバスルーム、そしてバスタブ、シャワー・ルーム、トイレのフル・バスルームに分かれています。








ファミリー・ルームやエンターテイメント・ルームとして使われるスペースと、そのすぐ外のランタンを吊ったアーケード。 アーケードは花の手入れが行き届いた ロマンティックなエリア。








写真上から2枚は、ファミリー・ルームから出たところに広がるガーデンと、その先にあるプール。 マスター・ベッドルームからは、この庭のビューが楽しめます。
写真上一番下は、通りに面したガレージ。一見普通の家にも見えますが、セキュリティは万全で、 プライバシーが完璧に守れる作りになっています。



Will New York 宿泊施設滞在


ジェニファー・ロぺスが新たに購入したNoMadのペントハウス ブルックリンを舞台にした不動産の実話コラム by 松村 京子  Vo.3 nov. 2014 ビヨンセのビデオにも登場した家賃810万円の高額アパート

 

PAGE TOP