Apr. Week 3, 2018
”Matte Frost Jelly Kelly"
”マット・フロスト・ジェリー・ケリー"


定期的にカムバックしてくるのがPVC素材を用いたバーキン・スタイルやケリー・スタイル。
その理由の1つは、エルメス社が所有しているバーキン・スタイルやケリー・スタイルのデザイン・パテントが レザー製品にのみ適用されて、PVC素材は対象外となっているので、 合法的に生産や流通が可能であるため。
2016年9月4週目のこのコーナーでも、当時バズをクリエイトしていた プラスティック・バーキンをご紹介したけれど、 今年盛り上がってきているのが、ここにご紹介するマット・フロスト素材のPVCを使ったケリー・スタイル。 そもそもPVC素材のケリーやバーキンのことは、”ジェリー・ケリー” と業界で呼ばれているけれど、 これは2000年代前半に爆発的に流行した PVC素材のケリーやバーキンに使われていた通称の名残りなのだった。




PVC素材のバッグは、見た目にケリーやバーキンのスタイルを忠実に実現している一方で、素材にオモチャ的な遊び心があって、 しかも安価。加えて丈夫で、水に強い素材なので、春夏の季節や、リゾート用に もてはやされることが多く、 そもそも2000年代前半にジェリー・ケリーのトレンドに火が付いた際も、ハンプトンのブティックであっという間に完売したというニュースが ニューヨーク・タイムズで報じられたのがきっかけになっているのだった。

でもPVCのバッグの問題は 何と言っても重たいこと。加えて素材によっては印刷物のインクが染みついて取れなくなったり、 濡れた状態で雑誌の上などに置こうものなら、そのページがピッタリと素材に付着して、剥がれなくなるという問題があるのだった。
でもそんな問題を解決しているのがマット・フロスト・ジェリー・ケリーで、 私の意見では これまで登場したPVC素材のジェリー・ケリーの中では、素材と言い、造りと言いベストと言える出来になっているのだった。




未だマット・フロスト素材のバーキン・スタイルは見たことが無いけれど、昨今はケリー人気がアップしているのと、 やはりこのタイプのバッグはストラップを付けて、クロスボディに出来た方が断然便利。
私はこのページの写真のレッドを入手して 既に愛用中であるけれど、 レストラン等で 見知らぬ女性に 何処で買ったかを連続して尋ねられたので、 やはり女性は ケリーやバーキン・スタイルに直ぐに反応するという印象なのだった。

マット・フロスト・ジェリー・ケリーは、このコラムで紹介したアイテムを取り扱うF Shop / Fショップ でお取り扱いをスタートしています。 4月30日までは、キックオフ・セールとして10ドルの割引中となっています。




Q&ADV from New York Eブック ダウンロード・サイトへ


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

FaviruteOfTheWeek fshop FaviruteOfTheWeek

PAGE TOP