NYC's Fabulous Holiday Windows 2017
ニューヨークのホリデイ・ウィンドウ 2017
見目麗しい 6つのデパートのゴージャス・ウィンドウ・ディスプレーをご紹介!

Pubkished on 12/05/2017



2017年11月29日に点灯されたのが、今年で85周年を向かえるロックフェラー・センターのクリスマス・ツリー。
ロックフェラーセンターを建設している最中に、そのコンストラクション・ワーカー達がツリーを立ててクリスマスを祝ったことからスタートしたのが この世界一有名かつ、世界一大きなクリスマス・ツリー。 毎年ロックフェラー・センターのツリーの形は翌年の経済を象徴すると言われており、2016年は近年になく背が高いツリーあったことに株価の新記録更新や、 景気の持ち直し、オンライン・ショッピングの大成長等がそのまま反映されていましたが、 2017年のツリーはそれよりも背が低めで、ややアンバランスなシェイプとなっています。

クリスマス・ツリーの点灯でホリデイ・シーズン本番を迎えたニューヨークですが、その2週間ほど前からスタートしていたのが、 大手デパートのホリデイ・ウィンドウのお披露目。 年を追う毎にどんどん派手で、お金と手が掛かったディスプレーになっていくのは毎年の傾向ですが、 そんな華やかなディスプレーと来店客へのスペシャル・ディスカウントなどの特典で オンラインに負けないようにと大奮闘しているのが小売店。 それもそのはずで、景気が良かった2017年のアメリカで閉店に追い込まれたストアの数は6700店舗。 サンクスギビング・デイ翌日のブラック・フライデーでもオンライン・ショッピングが前年比17%アップと どんどん売り上げを伸ばしており、そんな状況を反映してホリデイ・ウィンドウを眺めて写真を撮影しても、店内に入らない人々が少なく無い様子も見られています。

以下では、そんなニューヨークの6つのデパートの2017年のホリデイ・ウィンドウをそのコンセプトも含めてご紹介します。






Bergdolf Goodman / バーグドルフ・グッドマン











5番街に高さ7メートルの巨大なウィンドウを複数面擁するバーグドルフ・グッドマンは、 90年代後半からニューヨークで最も美しく、お金がかかったゴージャスなウィンドウをクリエイトすることで知られる存在。
今年のテーマは「To New York With Love/ ニューヨークへ愛をこめて」。 ウィンドウで描かれているのは、ニューヨークの自然史博物館、ニューヨーク・フィルハーモニー、ボタニカル・ガーデンといった ニューヨークのカルチャー・インスティテュートで、ウィンドウの中には例年同様、同店が扱う高額の商品がふんだんにフィーチャーされ、 時間とお金を惜しみなく投じたディスプレーが展開されています。





Barney's New York / バーニーズ・ニューヨーク











毎年奇抜なアイデアとニューヨークらしいユーモア、キッチュかつモダンなセンスでクリエイトされるバーニーズのウインドウ。 「Haas for the Holidays/ ハース・フォー・ザ・ホリデイズ」がテーマの今年は、ファッション、フィルム、アート、デザイン、ミュージックの世界で幅広く活躍する クリエーター、サイモン&ニコライのハース・ブラザースによるウィンドウ。 彼ら独特のキッチュで世界を展開していますが、#HaasRulesでインスタグラムに写真がポストされる度に バーニーズ・ニューヨークが5ドルをチルドレンズ・ディフェンス・ファンドに寄付することになっています。


Saks Fifth Avenue / サックス・フィフス・アベニュー







ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーが点灯されると、ビジネス的に最も恩恵を受けるのが、5番街を挟んでその向かいに位置するサックス・フィフス・アベニュー 。 2017年のホリデイ・ウィンドウのテーマは、今年で80周年を迎えるディズニーの「スノー・ホワイト(白雪姫)」。お馴染みのストーリーが お馴染みのキャラクターで展開されるウィンドウで、もちろん人形が動くのも魅力。
今年もが建物の外壁でイルミネーションのショーを行っており、その時ばかりはクリスマス・ツリーを見に訪れた人々も振り返ってサックス・フィフス・アベニュー 側に 視線が釘付けになっています。










Load and Taylor / ロード・アンド・テーラー











日頃は地味でクラシックなウィンドウ・ディスプレーが多いものの、 ホリデイ・シーズンには常に話題になるのがロード・アンド・テーラー。 201年のウィンドウのテーマは「The Best and The Brightest / ザ・ベスト・アンド・ザ・ブライテスト」。 今回はグリーティング・カードの大手、ホールマークと手を組んだ企画で、 それぞれのウィンドウでウィットを感じさせるシーンを表現しています。



Bloomingdale's / ブルーミングデールズ







ブルーミングデールズの今年のホリデイ・ウィンドウのテーマは「Greatest Showman / グレーテスト・ショーマン」。 これは12月20日にアメリカ公開となるヒュー・ジャックマン主演の映画のタイトルで、政治家であり、ショーマンであり、ビジネスマンであった P.T. バーナムを描いた作品。 ウィンドウはそんなP.T. バーナムにちなんだもので、760万のスワロフスキー・クリスタルが用いられた華やかなウィンドウ。
建物全体もレッド&グリーンでウィンドウをライトアップしてホリデイ・ムードを盛り上げています。



Macy's / メ―シーズ













メ―シーズの今年のホリデイ・ウィンドウのテーマは「The Perfect Gift Brings People Together/完璧なギフトは人々を1つにする」。 ウインドウの中にはクリスマス・ツリーやサンタクロース、オートバイに乗ったネズミやクマなど、キュートなキャラクター達が 如何にもホリデイらしいほのぼのとしたシーンを繰り広げています。 メーシーズからはクリスマス・カラーでライトアップされたエンパイア・ステート・ビルディングが間近に臨めるとあって、同店を訪れた人々は ウィンドウの撮影とエンパイアの撮影の双方に熱心になっている姿が見られます。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Victrorias Secret Fasion show Watch Party キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP