Victoria's Secret Runwayshow in Shanghai
Watch Party Fashion

ヴィクトリアズ・シークレット・ランウェイ・ショーの
ウォッチ・パーティーに現れたモデル達のファッション

Published on 11/20/2017


11月19日に上海で行われた毎年恒例のヴィクトリアズ・シークレットのランウェイ・ショーが アメリカ国内でTV放映されたのは11月末のこと。
今回のショーは ヴィクトリアズ・シークレットのオフィスにオーディションやフィッティングにやってくるモデル達を撮影する機会をメディアに提供するなど、 順調にパブリシティを獲得して 期待感を煽る演出も完璧に行われていましたが、 それはショーが終わってからも続いていて、TV放映の日に出演モデルの大勢を集めて行われたのが そのウォッチ・パーティー。
レッドカーペットならぬ、ピンクカーペット上でモデル達がそのファッションを披露して 盛んにフラッシュを浴びていましたが、 残念ながら全てのモデルがお手本になるようなスタイリッシュさを披露していた訳ではないのは、 多くのファッション・イベント同様。 特に未だ名前が売れていないモデル達は、カジュアルは上手く着こなしていても レッドカーペット・オケージョンのアウトフィット選びは今一つという印象を与えていました。
以下ではそれらのアウトフィットをご紹介します。


ベラ・ハディド


スリムなボディにフィットするPVC素材にレースをプリントしたドレスで登場したベラ・ハディドは、この日のイベントで最もカメラのフラッシュが集中した存在。


キャンディス・スワネポール


シークィンをあしらったシースルーのパジャマ・スーツにヴィクトリアズ・シークレットのランジェリーを着用したキャンディス・スワネポール。 フォトジェニックとは言えない不評だったアウトフィットの1枚。


アドリアナ・リマ


ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイ・ショーに登場したクリスタルをあしらったビスチェにタキシード・スタイルのスーツを合わせたアドリアナ・リマ。 無難と言えるアウトフィットのチョイス。


ステラ・マックスウェル


クリスティン・スチュワートのガールフレンドとしても知られるステラ・マックスウェルは、 シースルーのレースのセクシーなアウトフィットで登場。


ロミー・ストリッド


レオパードのジャケット+レザー・レギンスのアウトフィットで、ヴィクトリアズ・シークレットのブラをトップとして着用した着こなし。 ベルトでウエストをマークしているのは大正解。



サラー・サンパイオ


クリスマスのイメージさせるようなミニドレスで登場したサラー・サンパイオ。 モデルのレッド・カーペット・ファッションというよりも、高級クラブのユニフォームのようなドレス。


ジョセフィン・スクリヴァー


フロントがメタリック素材のボディ・スーツにミニスカートを合わせたスタイル。 もう一ひねりして欲しいという感じのシンプルなアウトフィット。


テイラー・ヒル


スーパーヒーローのようなドレスで登場したのがテイラー・ヒル。何故このドレスを選んだのか、 不思議がられていたアウトフィット。


ジャスミン・トゥークス


レースのボディ・スーツをインナーにホワイトのスリムなシルエットのパンツ・スーツで登場したジャスミン・トゥ―クス。 ハイウエストのパンツがスタイルを良く見せるお手本のような着こなし。


エルサ・ホスク


ダブルのミニ・スーツにホワイトのガーター・ストッキングを合わせたスタイル。 セクレタリー(秘書)・セクシーを演出したスタイルであるものの、やはりホワイトのストッキングが不評だったアウトフィット。


以下は、上でご紹介した10人に比べるとネームバリューが劣るモデル達20人。 そのファッションもまだまだ改善の余地ありという印象のアウトフィットがかなり見られています。


写真上、左より ニット素材のボリュームのあるドレスの内側にボディ・スーツと真っ赤なサイハイブーツを着用したナディーン・レオポルド。左から2番目はシンプル過ぎる印象のジャンプスーツで登場したアレクシア・グラハム。
右から2番目はサテンのパンツ・アンサンブルで姿を見せたレイラ・ネンダ。 スタイルが良いので着こなせているけれど、普通の女性が着用した場合は失敗になるアウトフィット。一番右はラメのシースルー素材のミニドレスを着用した ジゼル・オリヴィエ。サンダルのデザインがセクシーさを損ねている印象。



写真上、左よりヴィクトリアズ・シークレットのモデルというイメージが皆無のスタイルで登場したモニカ・ミトロ。左から2番目はバー―ビー・ドールのようなドレスで登場したケリー・ゲール 
右から2番目は何とも形容し難いワンショルダーのカラー切り替えドレスを着用したサンネ・ヴロエット。 一番右はストラップレスのホワイト・ドレスが不必要にのっぺりした印象になっているジョーダナ・フィリップス。



写真上、左よりショー・ガールのようなフリンジ・スカートのミニドレスで登場したズリー・ティビー。左から2番目は、オフショルダーのカットアウトドレスを着用したサミール・バーマンネリ。コインサイズのシークィンでカットアウト繋いだディテールは ドレスが安く見える要因になっていました。
右から2番目はシアー素材の水玉ドレスで現れたシンディ・ブルナ、シースルーのブラウスにマーメイド・シェイプのスカートをコーディネートしたグレース・ボル



写真上、左よりミニのレース・ドレスにフェイクファーのコートを羽織ったローズマリー・ドゥ・コク、左から2番目は超タイトなレモン・イエローのミニドレスを着用したマリア・ボージェス。
右から2番目は、メタリックのジャンプスーツと超ロング・イヤリングで登場したシンディ・バーマ、一番右はラメのネット素材で切り替えたドレスを着用したバーバラ・フィアルホ。



写真上、左はシン・シエで、シアー素材のカットアウト・ドレスはあまり体型を美しく見せないもの。何故シューズにこのカラーを選んだかは首を傾げるところ。
左から2番目はパイソン柄をプリントしたサイハイブーツとコートを着用したアミルナ・エステヴァオ、右から2番目はジャケット・ドレスのように見える アウトフィットで登場したロミー・アンダーソン、 右はデニム・ジャケット&ブラック・ジーンズでカジュアルに纏めたミン・シ―。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP