Meghan Markle's Style Sheets
未来のプリンセス?ヘンリー王子と交際中&婚約間近と言われる
ミーガン・マークルのファッション・センス

Published on 1/24/2017



2016年夏から英国王室ヘンリー王子との交際が伝えられるアメリカ人女優、ミーガン・マークル。
彼女のバックグラウンドについては、以前CUBE New Yorkの記事 で詳しくご紹介していますが、 既にロイヤル・ファミリーの全員に紹介されて、ヘンリー王子との婚約間近と言われる彼女。
ファッション&ライフスタイル・ブログをスタートし、カナダのアパレルとコラボレーションで 自らのファッション・ラインも手掛けるミーガンは、ファッショ二スタと言われて当然の経歴の持ち主。
でも現時点では、まだそのファッション・センスが一般に知られていないだけに、 アメリカでもイギリスでも、ミーガン・マークルという名前を聞いて彼女のスタイルやテイストを 思い浮かべられる人々は殆ど居ないのが実情となっています。

ここでは、未来のプリンセスの有力候補と言われるミーガン・マークルの過去のアウトフィットを紹介しながら、 そのスタイルの傾向と着こなしをチェックしていきます。




ドレスをシンプルに着こなし、シューズでアクセントを付けるのがミーガンのコーディネート。




無彩色を着用するケースが多いミーガンが、ヴィヴィッドなカラーで着用するのがスカーレットやフューシャ。







レッド・カーペット・ファッションからカジュアルまで、ブラックのアウトフィットが最も多いのがミーガン。







ブルネットのヘアを引き立てるダーク・レッドの装い。左のスナップでは珍しくレッドのリップスティックで登場。




脚線美に定評があるミーガンだけに、ひざ上丈のドレスを着用するケースが目立ちます。




ベージュ&ブラッシュ・カラーはミーガンとしては珍しいカラー。




写真上のようにダイアン・フォン・ファーステンバーグのドレスでスナップされるケースが目立っています。




プリントやカラー・ブロックもミーガンとしては珍しいチョイスのアウトフィット。




ラメ、メタリック、シークィン素材のカクテル・ドレス。フォーマルでもあまり肌を露出しないのがミーガン。




コート&ジャケットのさりげない、コーディネートし過ぎない着こなし。






シンプルなスタイルが多いミーガンとしては装飾的なアウトフィット。




カジュアル・ドレスを得意とするミーガンらしいスタイル




無彩色が多いミーガンなだけにグレーは基本色の1つ。



レッド・カーペット上の異なるスタイル。単色で纏めているところがミーガンらしさ。




それぞれのアウトフィットに合わせたシューズのチョイスに注目!




3つの異なるボトムをバランス良く着こなしているお手本のような例。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

ryan gosling or raynolds? キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, who is meghan makle?

PAGE TOP