Celebrity Halloween Costumes 2017
アマル・クルーニーからキム・カダーシアンまで、
セレブリティ・ハロウィーン・コスチューム 2017

Published on 10/30/2017


アメリカでは成人の半分がハロウィーンにコスチュームを着用するほど、全米各地でハロウィーン・パーティーやイベントが盛んに行われていますが、 セレブリティが参加する多くのパーティーはハロウィーンの直前の週末に行われて、ハロウィーン当日までにセレブリティたちのハロウィーン・コスチュームがメディアに掲載されるのが通常。 セレブリティにとってハロウィーンはパブリシティを得る絶好のチャンスでもあって、 各界のセレブリティがそれぞれにアイデアや趣向をこらしたコスチュームを披露するのは毎年のこと。
以下では、そんなセレブリティたちの2017年のハロウィーン・コスチュームの数々をご紹介しています。
ちなみに写真上は、左よりアマル・クルーニー、中央はディズニー「アラジン」のジャスミンに扮したエイザ・ゴンザレス。 右は同じくディスニーの「101匹わんちゃん」の悪役、クルエラに扮したローレン・コンラッド。






写真上、上段は妹のコートニーと共に、1991年のグラミー賞授賞式に一緒に現れたマドンナ&マイケル・ジャクソンをそっくりに再現したキム・カダーシアン。 写真上、下段は、男友達と共に70年代のスーパースター・カップル、ソニー・ボーノ&シェールを やはりそっくりに再現。  今年のセレブリティ・ハロウィーン・コスチュームのベストと言われるのが シェールに扮したキム・カダーシアン。



写真上は、30億ドルで買収されたジョージ・クルーニーとランディ・ガーバーのテキーラ・ブランド、カーサ・アミーゴがハリウッドで主催する毎年恒例のハロウィーン・パーティーでのスナップで、 今年のコスチュームのテーマに指定されていたのは70年代。
左は映画のプロモーションに飛び回っているジョージ・クルーニー抜きで、ソロで参加したアマル・クルーニーとランディ・ガーバー&シンディ・クロフォード夫妻。
右はランディとシンディの長男&長女で、共にモデルとして大活躍するカイア・ガーバーとプレスリー・ガーバー。 全員70年代のディスコ・カルチャーを反映したコスチュームで、カイアとプレスリーは70年代を描いた映画「ブギー・ナイツ」のキャラクターがヒントのコスチューム。



写真上左は、パリス・ヒルトンと現在妊娠中のニッキー・ヒルトン。パリスはアラビアン・プリンセスのコスチュームで、 ニッキーは、レースの耳が付いたマスクとアニマル・プリント・ドレスでキャット・レディを演出。
右は、ハロウィーン・コスチュームの定番、「グリース」のサンディに扮したジョアナ・クルパとプロデューサーのトレーシー・ジマンスキー。



写真上は若くして命を落としたラテン・シンガー、セリーナに扮したデミー・ラヴァ―ト。衣装からヘア&メークまでかなりオリジナルに忠実。




写真上左は、ゴージャスながらも重たそうなヘッドピースでハロウィーン・ムードを演出したナオミ・キャンベル。。 右はマリリン・モンローの「7年の浮気」のコスチュームのカーリー・クロス。でもカーリーは長身でスリムな上に、スカート丈も短めで、オリジナルとはプロポーション的に異なる印象。



写真上左は、ブルース・ウィルスと彼の友人で扮しているのはスティーブン・キング原作の70年代のクラシック・ホラー「シャイニング」に登場した幽霊の双子の少女。映画を知っている人ならば笑えるユーモア。 右はバチカンのカーディナルに扮したサミュエル・L・ジャクソン。



写真上左は、ヴィクトリアズ・シークレットでお馴染みのモデル達で、左よりジョセフィン・スクリヴァー、サラー・サンパイオ、ジャスミン・トゥークス。一番右が「Xメン」のミスティークに扮したレイス・リベイロ。 右はピンクのウィッグとアニマル・プリントのミニスカート、フィッシュネット・ストッキングで女装したアダム・レヴィ―ン。




写真上はアデル。今年のハロウィーンは、映画「It/イット」の影響で空前のクラウン(ピエロ)ブームですが、アデルもメークでクラウンを演出。



写真上、左は、ランス・バスと彼のパートナーで、アニマル・ライダーのコミカルなコスチューム。 中央はスーパーマリオに扮したキャッシュ・ワーレンと妊娠中のジェシカ・アルバで彼女が扮しているのは、映画「ジュ―ノ」の 妊娠したティーン、ジュ―ノであるけれど、指摘されないと気が付かないさりげないコスチューム。右側は カーサ・アミーゴのパーティーでグリースのサンディに扮していたジョアナ・クルパで、この日はゴールデン・ゴッデスのコスチューム。



写真上左は、デゥア・リパで、映画「ビートルジュース」に登場するリディアのコスチューム。 右はモデルのアンドレア・パジックで、かつてレディ・ガガがしていたように、乳首をテープで隠してシアー素材を着用するのは、 今年のハロウィーンでモデル達のトレンド。




写真上左は、カーサ・アミーゴのパーティーでピルグリムに扮したヒラリー・ダフとインディアンに扮した彼女の友人。 右は同じくカーサ・アミーゴのパーティーでのニッキー・ヒルトンで、ここではやはりインディアンのコスチュームを着用。



写真上左は、バットマンに登場した女性の悪役、ポイゾン・アイヴィーのコスチュームを着用したリタ・オラ。映画ではウマ・サーマンが演じたポイゾン・アイヴィーはハロウィーンでは人気の定番キャラクター。 右はカーサ・アミーゴのパーティーでのアレッサンドラ・アンブロジオ。70年代のディスコ・クイーンに扮したという説と、キム・カダーシアン同様にシェールに扮したという説があります。



写真上左はモデル兼ビジネス・ウーマンのモリ―・シムズと夫のスコット・スタバ―。 右は俳優のハリー・ハムリンと娘でモデルのダリア・ハムリン。どちらもカーサ・アミーゴのパーティーでのスナップ。



写真上左は、リアリティTV「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」に出演するダンサーのマキシム&ヴァレンティン・シュメコフスキー。 右はフリーキーなリトルレッド・ライディング・フッド(赤ずきん)に扮したダンサーのピータ・ムーガトロイド。



写真上一番左は、ピーコックに扮したリンダ・トンプソン。お隣はパープルのウィッグをつけたエミリー・ラタコウスキー。右から2番目はビーズのボディ・スーツにフェザー・ヘッドピースをつけたコートニー・シックス。 一番右はミシェル・トランクテンバーグで、口が無いように見せたメーク。



写真上は左はカーサ・アミーゴのパーティーにジョン・トラヴォルタのサタデー・ナイト・フィーバーをイメージさせるスーツでやって来たジョン・ハム。 左から2番目はスタイリストのレイチェル・ゾー。右から2番目はオーストラリア人モデルのジョルジア・フラワーズ。一番右はシャーロット・マッキンニー。



写真上左は、映画「セブン」のラスト・シーンを覚えている人ならば笑えるグウィネス・パルトローのコスチューム。彼女が扮しているのは映画の中 箱に入って届けられた彼女の首。 右はヴィクトリアズ・シークレットのモデルのシャナイア・シャイックとバニー・ガールに扮したデヴォン・ウィンザー。



写真上左は、「ゲーム・オブ・スローンズ」のホワイト・ウォーカーに扮したジェイソン・デルーロ。 右はカントリー・シンガーのレジェンドで、マイリー・サイラスのゴッド・マザーとしても知られるドリー・パートンに扮したエリー・ゴールディング。



写真上左は、スタイル抜群のモデル、エイジャック・デンで、キャット・ウーマンのコスチュームの完璧な着こなし。 中央はオール・ブラックのごス・アウトフィットを着用したヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル、ケリー・ゲールとヴィクトリア・リー。 右はセクシーなエナメルのライダー・ルックを着用したケリー・ローランド。



写真上左は、本格的なヘナのボディ・ペイントをしたオーブリー・オデイ。 右はレッド・デビルに扮したタラ・レイド。昨今、激痩せが懸念される彼女のやせ細ったボディが目立つコスチューム。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP