Oscar After Party Outfits and Beauty Transformations
オスカー・アフター・パーティー・ファッション +
授賞式ヘア&メークからの ビューティー・トランスフォーメーション




オスカー・ウィークにはハリウッドで様々なパーティーが行われますが、アカデミー賞授賞式に次いで プレステージが高いパーティーは何と言っても カリフォルニア州知事が主催する ガヴァナーズ・ボウル。
オスカー受賞者とノミネート者を含む1500人を招待したアフター・パーティーがガヴァナーズ・ボウルですが、 それと同時にプレステージが高いパーティーが毎年恒例のヴァニティフェア誌が主催するパーティー。
このパーティーは、アカデミー賞授賞式の最中はハリウッド最大のオスカー・ウォッチ・パーティーになっていて、 ガヴァナーズ・ボウルの終了後にセレモニーに出席していたセレブリティが駆けつけるもの。 ハリウッドだけでなく、政界、金融界、スポーツ、ファッション、メディア、音楽などありとあらゆる分野のセレブリティが集るパーティー。 授賞式やガヴァナーズ・ボウルに比べて遥かにリラックスした雰囲気のパーティーであるため、 この席で出会ったのがきっかけでロマンスに発展するケースも過去は見られていますが、 それだけにフォーマルなオスカー・ドレスから着替えて姿を見せるセレブリティが少なくないため、 会場入り口は そんなアフター・パーティー・ファッションをスナップするためにパパラッツィが陣取っているのは毎年のこと。

以下ではそんなヴァニティ・フェア・パーティーにやってきたセレブリティのファッションと共に、 授賞式のアウトフィット から着替えて、 ヘアやメークもそれに合わせてチェンジしたセレブリティの例をご紹介しています。
特にヘア&メークは結婚式の1次会→2次会のような、フォーマルからややカジュアルという2つのパーティー・オケージョンの、 ビューティー・トランスフォーメーションの参考になるケースです。





写真上 左はダイアン・クルーガー、右はデヴィッド・O・ラッセル監督とジェニファー・ローレンス。





写真上 左はアリシア・ヴィカンダー、右はテイラー・スウィフトとロード。





写真上 左はグウェン・ステファニ&ブレーク・シェルトン、右はミランダ・カー。





写真上 左はケリー・ワシントン、右はテイラー・キニー&レディ・ガガ。





写真上 左はナオミ・キャンベル、右はケイト・ハドソン。





写真上 左はブリー・ラーソン、右はメリッサ・トーメイ。





写真上 左はミシェル・ロドリゲス、右はケイト・ボスワース。





写真上 左はハイディ・クルム、右はアレッサンドラ・アンブロジオ。







写真上 左はニーナ・ドブレフ、右はエイミー・アダムス。





写真上 左はヘイリー・クローソン、右はジャスティン・ティンバーレイク&ジェシカ・ビール夫妻





写真上 左はシャネル・イマン、右はエイミー・ラタコウスキー。





写真上 左は ラーラ・レイト&エイドリアン・ブロディ、右はガブリエル・ユニオン。





写真上 左はティナ・フェイ 、右はオリヴィア・ワイルド&ジェイソン・スデイカス。





写真上 左はエリザベス・バンクス 、右はセリーナ・ウィリアムス。





写真上 左は セリーナ・ゴメス、右はエマ・ロバーツ。





写真上 左はケイト・ベッキンセール 、右はジェシカ・アルバ。







写真上 左はオリヴィア・マン 、右はリリー・コリンズ。





写真上 左はクリシー・ティーガン&ジョン・レジェンド夫妻 、右はウィルマー・ヴァルダラマ&デミー・ラヴァート。





写真上 左は ヒラリー・スワンク&ルーベン・トレス、右はアダム・シュルマン&アン・ハサウェイ。





写真上 左はシルベスター・スタローン&ジェニファー・フラヴィン夫妻 、右はケイト・アプトン。





写真上 左はエミリア・クラーク 、右はプリヤンカ・ショプラ。





写真上 左はカレブ・フォロウィル&リリー・アルドリッジ 、右はソフィア・ヴェルガラ。





写真上 左はフリーダ・ピント&ロニー・バカルディ 、右はケイトリン・ジェナ。




アフター・パーティー・ビューティー・トランスフォーメーション



ブリー・ラーソン。授賞式ではセンターパーツのブレードヘアにオーナメントをつけていましたが、 それを解いてサイドパーツのウェーブに。メークもアウトフィットに合わせてカジュアルな印象。




アリシア・ヴィカンダー。授賞式では後ろでハーフアップにしていたヘアを アフター・パーティーでは下ろして、 ルースなビーチヘアに仕上たケース。シークィンのドレスを着用しているものの、メークはあえて控えめにして、 若々しい印象。




ジェニファー・ローレンス。授賞式のレースのドレスには よりナチュラルなメーク。 アフター・パーティーではエッジーなドレスの雰囲気に合わせて、メークにインパクトをもたせて、 ブロンザーで健康的に仕上ています。



>


クリシー・ティーガン。授賞式ではルースなブレードヘアでしたが、アフター・パーティーではヘアをスリックなシニョンに纏めて 雰囲気をチェンジ。




オリヴィア・マン。ドレスのカラーに合わせてリップを強調していたのが授賞式メーク、アフター・パーティーでは ドレスのカラーをアイシャドウに反映させて、シャープさを演出。




授賞式ではワースト・ドレッサーに選ばれていたハイディ・クルム。ヘアもドレス同様パッとしない老けた印象でしたが、 アフター・パーティーでは、ルースなビーチヘアで ハイディらしい雰囲気に戻っています。


Will New York 宿泊施設滞在


Shopping

オスカーバンケット ビーチ・ヘア ヴァンダル

PAGE TOP