Mariah's Engagement Mega Bling From Her Billionair Fiance
マライア・キャリーがビリオネア・フィアンセから贈られたメガ・エンゲージメント・リング
+他のセレブリティのエンゲージメント・リングとの比較




2016年1月22日にニューヨークのミシュラン3つ星レストラン、イレブン・マディソン・パークでオーストラリアのビリオネア、 ジェームス・パッカー(48歳)からのプロポーズを受けて、婚約を果たしたのがシンガーのマライア・キャリー(45歳)。
カジノ・ビジネスから、ゲーム・ビジネスのジョイント・ベンチャーを立ち上げて 巨額の財産を築いたジェームス・パッカーは、 オーストラリア第4位の富豪で、オーストラリア出身のモデル、ミランダ・カーがオーランド・ブルームとの離婚直後に、 一時期 交際していたのが彼。 マライアと彼とのシリアスな交際ぶりは、かねてから伝えられており、2015年末の時点で 婚約間近と噂されていた状況。
したがって、2人の婚約自体はサプライズではなかったけれど、メディアを驚かせたのはその婚約指輪のサイズ。 巨大なダイヤは、35カラットで、故エリザベス・テーラーが俳優のリチャード・バートンから1968年に受け取った33カラットのダイヤを抜いて、 セレブリティ・ゲンゲージメント・リング史上最大のサイズ。
このリングの製作依頼を受けたジュエラーのウィルフレド・ロザードは、最高の職人チームを集めて、 彼らを1日12時間、2週間以上に渡って、このリングだけのために仕事をさせて仕上たと語っているけれど、 ウィルフレド・ロザードによれば 最も難しかったのは、この巨大なダイヤをどうやってバランスの良い、 見た目にシンプルなリングに仕上るかであったとのこと。
その結果しあがったリングは、両サイドにテーパード・バゲットをあしらった3ストーンのリング。お値段は米ドルにして$7.5ミリオン(約9億円)。 大きさだけでなく、プライスでも セレブリティ・エンゲージメント・リングの最高価格になっています。
以下では、その他のセレブリティ・エンゲージメント・リングを離婚、婚約解消のケースも含めてご紹介しています。



ブレーク・ライヴリー From ライアン・レイノルズ


ライアン・レイノルズがエンゲージメント・リングを贈ったのは、アラニス・モリセッティ、スカーレット・ジョハンソンに続いて3人目ですが、 3人の中で最も大きなリングを受取ったのがブレーク・ライヴリー。 リングをデザインしたのは、ハリウッド・セレブリティのエンゲージメント・リングを数多く手掛ける ロレーヌ・シュワルツですが、ライアンは3つ目のエンゲージメント・リングとあって、デザインのアイデアを出すこだわりぶり。 オーバルカットで、フローレスのごく薄いピンクのダイヤは、サイズが12カラット。 これをローズ・ゴールドとマイクロ・パヴェ・リングでカスタム・セットにしたリングのお値段は、200万ドル(約1億6000万円)。



アンジェリーナ・ジョリー From ブラッド・ピット


ジュエラーとのコラボ経験があるブラッド・ピットが、アンジェリーナ・ジョリーに贈るリングをコラボレートしたのは、 かつてアスプレーのCEO兼ジュエリー・デザイナーで、アンジェリーナのジュエリー・コレクション、 ”スタイル・オブ・アンジェリーナ・ジョリー”のデザイナーでもあるロバート・プロコップ。
ロバート・プロコップによれば、同リングは製作に1年を掛けたとのことで、ブラッド・ピットはそのリングのコンセプトから製作全工程に関わったとのこと。 センター・ストーンはエメラルド・カットで、リングの周囲をバゲットでエタニティ・スタイルに仕上げており、 バゲットは、リングのカーブと同じ角度で綿密にカットされているため、製作に時間が掛かったとのこと。
全てのダイヤモンドは、フローレスの最高級クォリティで、ピープル誌はこのリングをトータル10カラット、1ミリオンと見積もってたけれど、 ジュエリーの専門家によれば、ブラッド・ピット・デザインというプレミアムを加えても25万ドル(約3000万円)前後というのがリアリスティックな見積もり。



ジェニファー・アニストン From ブラッド・ピット


べゼル・セットのダイヤをパヴェ・セッティングが巻きつくように3重に取り囲んでそれがバンドに連結したスタイル。 お値段は1999年の婚約当時50万ドル(約6000万円)と言われたもの。
このエンゲージメント・リングよりも ずっと好評だったのが、サイドにダイヤをあしらったお揃いの結婚指輪。 どちらも、ダミアーニの製作でしたが、結婚指輪はその後ダミアーニがブラッドの許可を得ずに売りに出して、一時問題になったもの。 後に、リングにブラッドによるデザインのクレジットを付けることで和解しています。




ビヨンセ From ジェイZ


2008年に結婚したビヨンセとジェイZであるけれど、ジェイZが贈ったエンゲージメント・リングは 今回のマライア・キャリーのリングが登場するまでは、セレブリティのエンゲージメント・リングの最高額記録を保持していたもので、 お値段は5ミリオン(約6億円)。 ロレーヌ・シュワルツの18カラットのフローレス・クオリティの超最高級のエメラルド・カット・ダイヤをフィーチャーし、 これをパヴェ・セッティングのダブル・バンドでサポートしたリング。



マライア・キャリー From ニック・キャノン


マライアの前夫で、彼女の子供の父親である コメディアンのニック・キャノンが2008年の婚約時に贈ったのが$2.5ミリオン(約3億円)のリング。 センターストーンはエメラルド・カットの17カットのペール・ピンク・ダイヤモンドで、それを挟んでいるのがハーフ・ムーン・シェイプのダイヤ。そしてその3つの石を 58個のピンク・ダイヤモンドが取り囲んでいるというゴージャスなリングです。



ハイディ・クルム From シール


シンガーのシールが2012年初頭に離婚した モデル、ハイディ・クルムに贈ったエンゲージメント・リングは10カラットのカナリー・ダイヤモンドをフィーチャーした ロレーヌ・シュワルツの作品。お値段は15万ドル(約1800万円)。



グイネス・パートロ From クリス・マーティン


”コンシャス・アンカップリング”という有名なフレーズで離婚したコールド・プレーのシンガー、クリス・マーティン&グイネス・パートロですが、 彼が婚約時にグウィネスに贈ったのは、アッシャー・カットのダイヤモンドを マイクロ・パヴェのフレームで取り囲み、同じくマイクロ・パヴェのダブル・バンドにフィーチャーしたエレガントなスタイル。





ヴィクトリア・ベッカム From デヴィッド・ベッカム


デヴィッド・ベッカムがプロポーズした時点で、ヴィクトリアのために購入したといわれるのは僅か3カラットのマーキース・カット(細長いアーモンド・シェイプ)のリング。
でも後にアップ・グレードした巨大なエンゲージメント・リングを4つプレゼントしており、写真上はペア・シェイプの11カラットの巨大なダイヤをフィーチャーしたもの。 お値段は$1ミリオン(1億2000万円)。



ニコル・リッチー From ジョエル・マッデン


ニコル・リッチーはジョエル・マッデンから、もう1つピンク・ストーンをフィーチャーしたリングをプレゼントされているけれど、 正式なエンゲージメント・リングと言われるのは写真上のもの。2010年にニール・レーンがハンド・メイドで製作したもので、 4カラットのラウンド・カットのセンターストーンもハンドカットされたフローレス・クォリティ。 これを フロート・セッティング(石がフレームから浮いたように見えるセット)したリングのお値段は約25万ドル(約3000万円)。



キム・カダーシアン From クリス・ハンフリー


僅か72日で終わったキム・カダーシアンとNBAプレーヤー、クリス・ハンフリーの結婚生活であるけれど、キムが受取ったエンゲージメントリングは、 16.5カラットのセンター・ストーンのサイドに2カラットのトラペーズのバゲットをあしらったトータル21.5カラットのリング。
ロレーヌ・シュワルツ製作のリングで、2ミリオンと言われていたけれど、実際はリアリティTVにフィーチャーするということで、半額以下の お値段と言われるもの。キム・カダーシアンはクリス・ハンフリーよりもこのリングの方が気に入っていたようで、 離婚後は、本来はリングを返却するべきところを、 リングを買い取るオファーをしていました。



キム・カダーシアン From カニエ・ウエスト


カニエ・ウエストが野球場を貸し切ってキム・カダーシアンにプロポーズした際に贈ったエンゲージメントリングは、 前夫、クリス・ハンフリーからのリングも手掛けたロレーヌ・シュワルツ製作のもので、カニエのアイデアに基づいてデザインされたもの。。 センター・ストーンのサイズは15カラットで、推定で125万ドル(約1億5,000万円)と見積もるメディアもありましたが、 ロレーヌ・シュワルツがパブリシティを考慮してお値段を下げているというのがもっぱらの説。



クロエ・カダーシアン From ラマー・オードム


2009年にスピード結婚し、現在離婚訴訟中のクロエ・カダーシアンとNBAプレーヤーのラマー・オードム。ラマーが婚約時に贈ったのは 12.5カラットのラディアント・カットのダイヤモンドをフィーチャーしたリング。リングを手掛けたのはヴァータンズ・ファイン・ジュエリーという あまり知られていないジュエラー。エタニティ・リングのウェディング・バンド(結婚指輪)と重ねてつけることによって、 さらにゴージャスな印象になっています。お値段は85万ドル(約1億200万円)。



パリス・ヒルトン From パリス・ラスティス


ギリシャの海運王の御曹司、パリス・ラスティスが2000年代前半にパリス・ヒルトンと婚約した際に贈ったのが、24カラットのダイヤモンド・リング。 パリスはこれを気に入って、婚約中は毎日のように身につけていましたが、程なく2人の婚約は解消されたので、リングはパリス・ラスティスに 返却されたとのこと。お値段は婚約当時のお値段で470万ドル(約5億6400万円)と言われています。





メラニア・トランプ From ドナルド・トランプ


メラニア・トランプは、ドナルド・トランプにとってイヴァナ・トランプ、マーラ・メイプルに次ぐ3人目の夫人。
彼女が受け取ったのは、15カラットのエメラルドカットのダイヤモンドをフィーチャーした Graff / グラフが手掛けたリング。 お値段は300万ドル(3億6000万円)と言われていましたが、専門家はそれより低い価格を見積もっています。



キャリー・アンダーウッド From マイク・フィッシャー


NHL (ナショナル・ホッケー・リーグ) プレーヤーのマーク・フィッシャーがシンガーのキャリー・アンダーウッドに贈ったリングは、 キャリーのお気に入りのデザイナー、ジョナサン・アーンドと一緒に彼がデザインしたもので、センター・ストーンは5カラットのカナリー・ダイヤモンド。 それにトータルで7カラットのホワイト・ダイヤモンドをあしらったトータル12カラットのリング。お値段は2009年のプロポーズの時点で(約1800万円)でしたが、 カナリー・ダイヤのお値段がアップしているだけに、現在同じものを作らせたら これを上回るお値段。



ジゼル・ブンチェン From トム・ブレイディ


ジゼル・ブンチェンが、NFL ニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディに贈られたのは、4カラットのラディアント・カットのダイヤをフィーチャーした カルティエのリングで、両サイドにバゲットをあしらったもの。お値段は15万ドル(約1800万円)。



ケイティ・ホルムズ From トム・クルーズ


トム・クルーズが2005年の婚約時にケイティ・ホルムズに贈ったのは、5カラットのオーバル・シェイプのダイヤモンドと、 それを取り囲むトータル6カラットのダイヤをあしらったフレッド・レイトンのリング。 お値段は当時の価格で27万5000ドル。


ジェニファー・ロペス From マーク・アンソニー


ジェニファー・ロペスといえば、2002年にベン・アフレックと婚約した際には、彼から6.1カラットのスクエア・カットのピンク・ダイヤをフィーチャーした ハリー・ウィンストンのエンゲージメント・リングを受取ったことがほうじられていましたが、2004年に結婚式が僅か3日前に中止となり、婚約で解消した時点で、 ジェニファーはそのリングを返却。その後、彼女はマーク・アンソニーと結婚し、2011年に離婚していますが、写真上は マーク・アンソニーがジェニファーに贈った8.5カラットのスクエア・カットのダイヤモンド・リング。 非常に珍しい ダイヤの専門家までもが”超希少”という石を、最高のクラフトマン・シップで仕上たリングは、 当時のお値段にして400万ドル(4億8000万円)と言われていました。



セルマ・ハイヤック From フランソワ・アンリ・ピノー


セルマ・ハイヤックが夫で、グッチ・グループを傘下に収めるPPR のCEO、フランソワ・アンリ・ピノーに贈られたのは、 センター・ストーンが5カラットで、サイド・ストーン2つをあしらったもので、お値段は33万ドル(約4000万円)。


Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, catch of the week タコス・クレンズ

PAGE TOP