2016 Celebrities' Engagement Rings & Break-up Rings
マライア・キャリーの圧巻リングから、マーゴ・ルビーのモデレート・リングまで…、
2016年、セレブリティのエンゲージメント・リング&ブレークアップ・リングを検証!

Published on 12/28/16



毎年年末になると話題になるのが、その年に婚約、結婚したセレブリティと、別れたセレブリティのカップル。
2016年は、結婚したカップルが少なかった一方で、アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピットの離婚をはじめとする 離婚&ブレークアップの方が話題になった年で、 テイラー・スウィフトについては、カルバン・ハリス、トム・ヒドルストンという2人のボーイフレンドとの別れが伝えられていました。

さて、以下でご紹介するのは、そんな2016年に婚約したカップル、離婚したカップル、別れたカップルのエンゲージメント・リングの数々。 婚約時にプレゼントされた時点では、メディアやファンから愛情の証として捉えられるエンゲージメント・リングですが、 一度カップルが別れてしまった場合は、相手に返却したり、オークションに賭けて売り上げをチャリティに寄付するなど、 ”処分品” になってしまうエンゲージメント・リングが多いのがセレブリティの世界。
2016年に関しては、マライア・キャリーを除いてはダウンスケール傾向にあったのがエンゲージメント・リング。 事実、ミレニアル世代を中心に、大きな石をフィーチャーしたエンゲージメント・リングを好まない傾向がジュエリー業界でも顕著になっています。


2016年に結婚、婚約したカップル

マーゴ・ロビー & トム・アッカーリー



年末に極秘で結婚したのが、以前から交際中だったマーゴ・ロビーと、イギリス人映画監督のトム・アッカーリー。 2人は2016年の夏にも極秘挙式の噂が流れており、「結婚しそうでしないカップル」というイメージが定着していたこともあって、 2人の結婚はメディアにとってもファンにとってもサプライズのニュースとなっていました。 挙式が行われたのはオーストラリアで、ボヘミアン・スタイルのカジュアルなもの。(写真中央はその時のスナップ)
トム・アッカーリーがマーゴ・ロビーに贈ったのは、1.5カラットのペア・シェイプのリングで、お値段は約230〜350万円と見積もられるもの。 授賞式イベントのレッド・カーペット上で、高額なジュエリーを身に着け慣れているマーゴ・ロビーですが、 私生活ではほとんどジュエリーを付けないので、そんな日ごろのライフスタイルを反映させたチョイスになっています。


ミランダ・カー & イヴァン・スピーゲル



2016年にスナップチャットのオーナー、イヴァン・スピーゲルと婚約したのがミランダ・カー。
数年前に彼女と離婚したオーランド・ブルームは、現在ケイティ・ペリーと交際中で、この2人も婚約間近という噂が流れていますが、 ミランダがイヴァン・スピーゲルから受け取ったのは、写真上ののソリテアー・リング。  ブリリアント・カットのセンターストーンをテーパード・バゲットで挟んだデザインは、永遠のクラシック。 センター・ストーンは3カラットで、価格は推定で600〜1000万円。 ビリオネアであるイヴァン・スピーゲルの財産を考えると、ちょっと安すぎる印象が否めないチョイスになっています。


マイリー・サイラス & リアム・ヘムズワース



2013年に一度は婚約を解消し、2016年に1月ンい再び婚約したたマイリー・サイラス & リアム・ヘムズワースにとって、写真上のリングは2つめのもの。
最初のリングはプラチナ製で、マイリー自身決して気に入ってはいなかったとのこと。 今回のリングでは、マイリーがあえてイエロー・ゴールドをリクエストしたとのことで、彼女自身イエロー・ゴールドの方がプラチナよりも好きで、 その方がユニークなリングに仕上がると思ったというのがその理由。 ニール・レーンがリアム・ヘムズワースのアイデアを取り入れてデザインしたリングは、センター・ストーンが3.5カラットで、 お値段は約3000万円。でもミレニアル世代とあってエンゲージメント・リングというジュエリー自体を好まないマイリーは、 「このリングをつけるのは リア?を愛しているからで、特につけたい訳ではない」とインタビューで語っています。




2016年に離婚、ブレークアップしたカップル

アンジェリーナ・ジョリー & ブラッド・ピット



現在6人の子供の親権をめぐって、泥沼の裁判沙汰を繰り広げているのがアンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピットで、 2人の離婚は2016年のセレブリティ・ニュースの最大のサプライズと言われたもの。
ブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーに贈ったのはアンジェリーナのジュエリー・コレクション、 ”スタイル・オブ・アンジェリーナ・ジョリー”のデザイナーでもあるロバート・プロコップ。 製作に1年を掛けたとリングのセンター・ストーンはエメラルド・カットで、バンドのカーブと同じ角度で綿密にカットされた石を用いてエタニティ・スタイルに仕上げており、 全てのダイヤモンドは、フローレスの最高級クォリティ。 ジュエリーの専門家によれば、ブラッド・ピット・デザインというプレミアムを加えても約3000万円前後というのがリアリスティックな見積もりです。


アンバー・ハード & ジョニー・デップ



2016年にブランジェリーナ離婚と同様に泥沼の様相を呈したのがアンバー・ハード & ジョニー・デップの離婚。
離婚申請と同時にジョニー・デップのドメスティック・ヴァイオレンスを訴えたアンバーは、離婚訴訟で700万ドル(約840万ドル)をジョニーから支払われる判決を勝ち取りましたが、 アンバーはその全額をチャリティに寄付すると宣言。 それに対してジョニー側は、嫌がらせ的に「それなら最初から指定されたチャリティに賠償金を支払う」と通達したものの、アンバー側はそれを行うと700万ドルを寄付した 税金の控除がジョニー側に行くのを嫌って それを拒否。子供が居なくても、暴力が絡んだ離婚とあって、アグリーな状況となっていました。
そんなジョニー・デップは、アンバーに対して3つの婚約指輪を贈ったと言われ、その1つは彼がペアで身に着けていたもので、これは結婚指輪を兼ねるもの。 残りの2つはもっと大きな石をフィーチャーしたものでしたが、アンバーは一切婚約指輪を公表しておらず、デザイナーやセンター・ストーンのカラット数など、 リングの詳細は一切明らかにならないまま、離婚となりました。


レデイ・ガガ & テイラー・キニー



2011年から交際を続けてきたレデイ・ガガ & テイラー・キニーが婚約をかわしたのは2015年2月のヴァレンタイン・デイ。
ハートカットのダイヤモンドは約10カラットで、リングのお値段は当時50万ドル(約6,000万円)と言われたけれど、 同リングをクリエイトしたのは、セレブリティのエンゲージメント・リングを数多く手がけている ニューヨークのジュエリー・デザイナー、ロレーヌ・シュワルツ。 彼女はセレブのリングを手がけると多数のパブリシティが得られることから、セレブに対しては大幅ディスカウントをしていることでも知られる存在。 したがって、リングのお値段は50万ドルよりは安価であることが見込まれています。 同リングがユニークなのは リングのバンドの石の正反対の部分に ”T ? S”の 文字がパヴェであしらわれていること。 これはもちろん”テイラー・ラブ・ステファニー(レディ・ガガの本名)”の意味で、 テイラーはレディ・ガガをいつも本名で呼んでいたとのこと。
2人は、別れた後も友達同士であることを強調していて、あくまで円満な別れであったことをお互いにインタビューで語っています。




マライア・キャリー & ジェームス・パッカー



2016年に最も高額かつ、話題の婚約指輪になったものの、約10か月足らずで婚約を解消することになったのが マライア・キャリー & ジェームス・パッカー。 35カラットのセンター・ストーンをフィーチャーしたリングは、、故エリザベス・テーラーが俳優のリチャード・バートンから1968年に受け取った33カラットのダイヤを抜いて、 セレブリティ・ゲンゲージメント・リング史上最大のサイズ。
その石を引き立てるデザインのストラクチャーだけのために、職人が150時間を費やしたと言われるリングは、 750万ドル(約9億円)という説と1000万ドル(約12億円)という説がありますが、どちらの場合もセレブリティ・エンゲージメント・リングの最高額。 リングの製作を手掛けたのは、マライアの長年の友人であるニューヨークのジュエラー、ウィルフレド・ロサードで、 婚約解消後もマライアはこのリングをキープしただけでなく、  ロサンジェルスの不動産をジェームス・パッカーに購入させようとするディーバぶりを見せていました。


番外編! テイラー・スウィフト & カルバン・ハリス



カルバン・ハリスが2016年3月6日に交際一周年を迎えた記念にテイラー・スウィフトに贈ったのが、写真上のペンダント。
ハート型のペンダントはロケットになっていて蓋の部分の表面に、1周年の日付が刻まれたもの。テイラーはこれを長いチェーンに通して身に着けていましたが、 4月末には2人の別離説が囁かれ、5月にはテイラーとトム・ヒドルストンが交際をスタート。そして2人がツイッターで、最初は穏やかで、徐々に 辛辣さを増すコメントのエクスチェンジをした様子はスウィフターなら覚えていること。
2人が分かれた理由と言われるのは、カルバン・ハリスがリアーナのために手掛けたヒット曲、”This Is What You Came For”の 作曲にテイラーが当初は匿名でコラボレートしたところ、カルバンがラジオ番組のインタビューで、「テイラーとのコラボレーションはしようと思わないし、 考えられない」と語ったことにテイラーが腹を立てたというもの。 テイラーは7月には同楽曲の作曲クレジットに自らの名前を入れるように要求しています。

ちなみに交際相手が次々と変わって、その都度、別れが歌になることで知られるテイラーですが、彼女は以前、ワンディレクションのハリー・スタイルと交際中には 彼とお揃いのペンダントをつけていた様子をメディアに指摘され、当時ファンの間でこのペンダントが話題となったためにコピーするブランドも現れたほど。 これについては、どちらがどちらに贈ったのかなど詳細は明らかになっていませんが、3角形に見えるペンダント・ヘッドは実は紙飛行機をデザインしたもの。
リングを贈るほどコミットした間柄でないカップルが贈りあうのがペンダントという印象を与えていました。




Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Carrie Fisher RIP Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Geoge Michaek RIP

PAGE TOP