Blake Lively's Perfect Maternity Style
妊娠していなくても見習うべき!
ブレーク・ライブリーのパーフェクト・マタニティ・スタイル




2016年夏シーズンのベスト・ドレッサーの呼び声が高いのが、ライアン・レイノルズとの間に 第二子を妊娠中のブレーク・ライブリー。
そもそも、ヴォーグ誌編集長のアナ・ウィンターや、クリスチャン・ルブタン、カール・ラガーフェルドといったデザイナーのお気に入りで、 自他共に認めるファッショニスタであるブレークは、 第一子妊娠の際にも、そのマタニティ・ファッションが大きく評価されていた存在。
でも今回の妊娠は、彼女が出演する2本の映画の封切りと重なったことから カンヌ映画祭や様々な映画のプロモーション・イベントをこなす彼女のマタニティ・ファッションの スタイリッシュさが、前回に増してメディアの注目を集めることになっています。

メディアの中には、「このファッションを見ているとどんな女性でも妊娠したくなる」、「妊婦でなくても、見習うべきマタニティ・ファッション」とまで 絶賛する声も聞かれるほど好評なのが ブレークのマタニティ・ワードローブですが 以下では、そんな彼女の完璧マタニティ・スタイルをご紹介します。





写真上、左は映画「カフェ・ソサエティ」のプロモーションイベントに登場したでNYを訪れた際のミニ・カクテル・ドレス。 右はカンヌ映画祭のレッド・カーペット上で披露したボリュームのあるティアード・スカートのイブニング・ガウン。




写真上、左はNYでトークショーに出演した際のブラック&ホワイトのカクテル・ドレス。 右は、映画のプレミアに登場した際に着用したキャロリーナ・ヘレラのストラップレスのカクテル・ドレス。




写真上、左はカンヌ映画祭のレッド・カーペットで披露したヌード・カラーのビーズをあしらったイブニング。 右はニューヨークでプレス・イベントに登場したをこなした際のヴァレンティノのアウトフィット。




写真上、左はカンヌ映画祭のプレス・イベントに登場した際のサフラン・カラーのドレス。 右は、ジェニー・パッカムのイエローのマキシドレスにデニム・ジャケットを着用したアウトフィットで、 多くのファッション・メディアやブロガーがこぞって大絶賛したスタイル。




写真上、左はカンヌ映画祭のプレス・イベントに登場した用アウトフィット。カラー・コーディネートが計算されたスタイル。 右は、7月のニューヨークでのスナップで、夏らしいドレスにバッグがアクセントになった着こなし。






写真上、左はブルーのカラー切り替えのドレスがパンプスのクリスタルのグラデーションとピッタりマッチしたコーディネート。 右は、カンヌ映画祭で着用したブルーのトレーンを引いたイヴニング。




写真上、左は7月のニューヨークのナイトアウトの際のスナップで、脚線美を強調したスカートとトップのコーディネート。 右は鮮かなカンヌ映画祭のデイタイム・イベントで着用したヴェルサーチのカットアウト・ドレス。




写真上、左はカンヌ映画祭のプレス・イベントで着用した、ユアン・カルロ・オバンドのジャンプスーツ。 右はオスカー・デ・ラ・レンタのドレープ入りのドレス。




写真上、左はクシュニー・エ・オックスのコバルト・ブルーのニットドレス、 右は7月に ニューヨークで「カフェ・ソサエティ」のプレス・イベントに登場した際の超ミニ・ドレス。ネールもネイビーで統一。





写真上、左はシークインとフェザーをあしらったマイケル・コースのカクテル・ドレスにマイケル・コースのフードを羽織ったスタイルで、 シューズはルブタン。 右はカンヌ映画祭でのスナップで、ミニ・ドレス丈のドレスはジャンバティスタ・ヴァリの作品。




写真上、左は7月のニューヨークで着用していたプリントのサマー・ドレス。右は柄の大きなフラワー・プリントで、バッグで遊び心をアピール。




写真上、左はトークショーに出演した際のヴェルサーチのアウトフィット。右はカンヌ映画祭の期間中に見せたファッションで、 ジャケットとフェザー・スカートのシックなコーディネート。




写真上、左は移動中のブレークのスナップで、レッド・ホワイト&ブルーのカジュアル・コーディネート。 右は 左のスナップと同じシャネルのトートバッグを持ったトラベル・アウトフィット。


Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, boxing workout top 10 wed dress

 

PAGE TOP