Amal Clooney's $50,000 Wardrobe in 2 Weeks
アマル・クルーニーが国連総会期間の2週間で見せた
500万円ワードローブをご紹介!




2016年のカンヌ映画祭で、夫ジョージ・クルーニーとレッド・カーペット上に姿を見せ、”俳優&映画界関係者以外がレッド・カーペット上を歩いてはならない” というカンヌの黄金ルールを破ったとして顰蹙を買っていたアマル・クルーニー。 以来、しばしメディアから遠ざかっていたアマル・クルーニーですが、9月にニューヨークで行われた国連総会の期間に、ISISにより セックス・スレーブ(奴隷)として人身売買され、後に逃れてアクティビストとなったナディア・ミュラドの代理人として、 ドイツとニューヨークで精力的にイベントをこなしていた様子はメディアでも報じられていたニュース。
でも、人権弁護士であるアマルが取り組む問題の重要さよりもメディアが注目したのは、ヴォーグの後ろ盾で 常にファッショナブルに装うアマルのアウトフィットの数々。
毎日のように最新のファッションで登場した彼女の約2週間のワードローブは、メディアの計算によれば総額500万円。 一部には贅沢過ぎるとの批判も聞かれるものの、彼女のファッションとその存在感、そして夫、ジョージ・クルーニーの ネーム・ヴァリューがあるからこそ、彼女が登場する人権問題に注目が集まるのは紛れもない事実。

以下ではそんなアマル・クルーニーの国連総会約2週間のワードローブをそのお値段と共にご紹介しています。



9月11日 ジャンバティスタ・ヴァリのレッド・ドレス


国連総会でニューヨーク入りする前に、宗教学者のマイケル・ブルームと面会したアマル・クルーニーが着用していたのは、 ジャンバティスタ・ヴァリの2017年リゾート・コレクションから選んだドレスで、課税前のお値段が29万円。 サラー・フリントのシューズは課税前で7万6000円。サングラスはハイディ・ロンドンのもので 約2万6000円。


9月12日 ソニア・リキエル・ツイード・スーツ


国連総会前にドイツで、ISISを訴追に理解と協力を求めるためのミーティングをこなしている際に着用したソニア・リキエルのツイード・スーツは、 やはり2017年リゾート・コレクションからのチョイス。 ジャケットが課税前の価格で13万5000円、スカートは課税前の価格で9万6000円。 トートバッグはドルチェ&ガッバーナのラストミニット・トートでお値段は課税前で約16万円。手に持ったサングラスはフェラガモのもので、課税前で約2万5000円。


9月14日 ドルチェ&ガッバーナのレース・スカート


ロシアの国連大使と、ISISに対するUNの役割を話し合うミーティングに出席した際のアマル・クルーニー。 着用しているのは、ドルチェ&ガッバーナのレースにエンブロイダリーを施したスカートと、シンプルなニット・トップで、スカートは課税前で30万円。 バッグ、シューズともにドルチェ&ガッバーナで、バッグは課税前で約13万円、レースをあしらったパンプスは12万円。


9月15日 マイケル・コースのフローラル&プリーツ・ドレス


この日は、EU諸国の国連大使とのミーティング。アマルが着用していたのは、マイケル・コースのブラック&ベージュのフローラル・ドレスで、 スカートがプリーツになったもの。課税前の価格は33万円。バッグはキャロリーナ・へレラで、パンプスとサングラスはドルチェ&ガッバーナ。
メディアのスタイリストが絶賛していたアウトフィット。



9月16日 グッチ・ホワイト・ドレス


この日は、彼女にとって今回の国連総会期間中の最大のイベント。 人権弁護士である彼女のクライアントで、ISISの人身売買の犯罪から逃れたナディア・ミュラドの 国連でのスピーチへの立ち合いと、アメリカの大手メディアの取材をこなしていたアマル・クルーニー。
着用していたのは、グッチのホワイト・ドレスで、いかにもグッチらしいレッド&ネイビーのラインとGGのロゴ入りボタンがアクセントになった1枚。 ハットケースのような円形のレッドのバッグはドルチェ&ガッバーナのもので、パンプスはジャンバティスタ・ヴァリのもので、課税前の価格で約10万円。
このアウトフィットで、この日の夜に行われた ”ウィメン・イン・ザ・ワールド” のレセプションにも出席し、 スピーチを行っています。 上のマイケル・コースのドレスと共に、今回評判が良かったアウトフィットは課税前のお値段が約15万円、バッグのお値段は課税前で約16万5000円。


9月17日、アルトゥザッラ&ジャンバティスタ・ヴァリのカジュアル・アウトフィット


3大ネットワークの1つ、NBCのスタジオにインタビューに訪れたアマル・クルーニー。 でもアウトフィットはシックでありながらもカジュアルなもの。
レースのコートはアルトゥザッラの2017年リゾート・コレクションからのチョイスで、課税前のお値段で約23万2000円。 ゴールドのボタンをサイドにあしらったニット・トップとギンガム・チェックのパンツ、シューズは 全てジャンバティスタ・ヴァリのもので、 パンツのお値段は課税前で12万円、シューズは約5万2000円。 バッグはロジェ・ヴィヴィエで、課税前のお値段で約30万円。サングラスはエリザベス&ジェームスで、お値段は課税前で約2万5000円。


9月18 クリスチャン・ディオール・ツイード・ドレス


オーストラリアの国務大臣と面会した際にアマルが着用していたのが、クリスチャン・ディオールのメタリック・ツイード・ドレスで、 左側がタンクトップのようになって、右側がカップスリーブがついた半袖になっているアシメトリー・デザイン。 アウトフィットの総額は約16万円。


9月19日 マックスマーラ・パンツスーツ


この日はカナダの首相、ジャスティン・トルドーとの面会を含む、複数のミーティングをこなしたアマル。 着用していたのはコーラル・ピンクのマックス・マーラのパンツスーツで、お値段は課税前で約15万円。


9月20日 アレクザンダー・マックィーン・プリント・ドレス


この日は、俳優でありアクティビストである夫、ジョージ・クルーニーと揃って、国連のイベントに登場。 着用していたのはアレクザンダー・マックィーンのプリントドレスで、プリントにはスカル(頭蓋骨)を含む様々なモチーフがあしらわれたもの。 課税前で約24万円。それにコーディネートした真っ赤なパンプスはプラダのもので、課税前のお値段が5万6000円。 バッグはマイケル・コースで課税前で14万5000円。



9月20日 ヴィンテージ・ピエール・カルダン・ドレス


ジョージ・クルーニーとの国連のイベントの後、UNのイヴニング・イベントに出席した際にアマルが着用したのは、 1960~70年代に一世を風靡したデザイナー、ピエール・カルダンのヴィンテージのドレス。オンラインのオークションで約16万円で落札したとのこと。 コーディネートしているバッグとパンプスはともにドルチェ&ガッバーナ。


9月21日 グッチ・プリーツ・ドレス


この日は、クライアントのナディア・ミュラドのプレス・インタビューの立ち合いをこなしたアマル。 ドレスはグッチで、課税前の価格が約19万円。 着用していたのはコーラル・ピンクのマックス・マーラのパンツスーツで、お値段は課税前で約15万円。 パンプスはジャンバティスタ・ヴァリのもので、課税前の価格で約10万円。サングラスはグッチで約3万4000円。 トートバッグはドルチェ&ガッバーナのラストミニット・トートでお値段は課税前で約16万円。


9月22日 プロエンザ・スクーラー・アシメトリー・ドレス


この日は、クライアントのナディア・ミュラドと共にアッパー・イーストサイドのミーティングに出掛けたアマル。 着用していたのは課税前で約8万5000円のプロエンザ・スクーラーのアシメトリー・ラップ・ドレス。 バッグも同じくプロエンザ・スクーラーで、課税前のお値段が約18万円。 ヌード・パンプスはポール・アンドリュースのもので、課税前で約6万円。


Shopping

キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Brangelina離婚

PAGE TOP