Beckhams in NY for 2 Days, 4 Outfits for 4 Occasions
ヴィクトリア&ブルックリン・ベッカムが2日のNY滞在で見せた
4つのオケージョンのための4アウトフィット!




11月8日の日曜にロンドンからニューヨーク入りしたのが、ヴィクトリア&ブルックリン・ベッカム。
今回2人が2日という短い滞在でNYを訪れた理由は、ヴィクトリア・ベッカムがグラマー誌が毎年選出する 「ウーマン・オブ・ジ・イヤー」のファッション部門を受賞したためで、その授賞式出席と メディアを取材を受けるためのニューヨーク入り。
本来ならば夫であるデヴィッド・ベッカムを伴って出席するべきオケージョンであるものの、 そのデヴィッドは現在 開発途上国にサッカーを普及させるためのドキュメンタリー映画撮影の真っ最中。 ということで、彼に代わってヴィクトリアをエスコートしたと同時に、ステージでヴィクトリアのためにプレゼンターを務めたのが、 16歳になる彼女の長男であるブルックリン。

以下では、NYに到着の彼らのアウトフィットに加えて、その後3つのオケージョンをこなした2人のアウトフィットをご紹介します。




ロンドンから NYに 到着のアウトフィット



写真上は、日曜日にロンドンから到着したばかりの2人。ヴィクトリアが着用しているパンツスーツは、 コート・ジャケットだけでも5000ドル(約60万円)以上もする彼女自身のブランドの作品。 プラットフォームのオックスフォード・シューズはクリスチャン・ルブタンのもの。



朝のTV番組出演のアウトフィット




写真上は、3大ネットワークの1つであるABCの朝の番組、「グッドモーニング・アメリカ」へ出演するためにスタジオに向かった2人。 ヴィクトリアのドレスは自らの作品で、日本円で約30万円。今回の滞在で最も評判が良かったアウトフィットで、シューズのコーディネートも完璧。
でも写真下のように、番組でインタビューを受けた彼女は、「ウーマン・オブ・ジ・イヤー」を受賞して嬉しそうというよりは、 迷惑そう、もしくは悲しそうに見えるとメディアに指摘されていました。






ブルックリンのショッピングのためにブルックリンへ!



写真上はホテルからSUVで、 ブルックリンにある有名スニーカー・ショップに向かった2人の様子。 ここでヴィンテージ・スニーカーを手に入れるのが今回のブルックリンのNY旅行の目的の1つ。 もちろん支払いはヴィクトリアが行っていました。
ヴィクトリアが着用しているワイドレッグ・パンツのアンサンブルは、彼女のブランドの作品で、パンツだけで税込みで日本円にして約15万円。








今回のメイン・イベントであるグラマー誌のイベントへ




写真上はグラマー誌の「ウーマン・オブ・ジ・イヤー」の授賞式に出席した際の2人のアウトフィット。 ブルックリンのスーツはバーバリー・プローサムのスリムなカットのもの。ベルベットのローファーがいかにもイギリス的と言われたタッチ。
ヴィクトリアが着用しているのは自らの作品のイヴニング・ガウンで、日本円で約52万円。マルチストラップを引き立てるために、 ネックレスは無し。

写真下は、左よりステージで受賞スピーチを行うヴィクトリア、中央はプレゼンターを務めたブルックリンとハグをするヴィクトリア。そして右はレッド・カーペット上の 2人で、ブルックリンはメディアの取材が押し寄せるイベントも慣れた様子でこなしていました。




Will New York 宿泊施設滞在


Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, 2015 スターバックス・レッド・カップ 20歳を迎えたケンドール・ジェナのファッション

PAGE TOP