Taylor Swift's TriBeCa Fashion
テイラー・スウィフトがNYの自宅アパート前をファッション・ランウェイに!
ファンとパパラッツィが追いかける そのトライベッカ・ファッション




2014年3月からニューヨークに暮し始めて、ニューヨーカーになったテイラー・スウィフト。
彼女が住むのは、現在マンハッタンで最も不動産価格が高いトライベッカで、 オーランド・ブルームも物件を所有している 155 フランクリン・ストリートのコンドミニアム。
ファンやパパラッツィの間では、既にすっかり有名になってしまったこのコンドミニアムの入り口は、 彼女を一目見ようというファンや、 パパラッツィが入り口で多数待ち構えていますが、 その期待に応えるかのように、常にスタイリッシュ装って ファンの目を楽しませているのがテイラー。
今やインターナショナル・ベスト・ドレッサーにも選ばれているテイラーですが、 その若々しくエレガントなスタイルは常に注目の的で、ファッション・エディターやブロガーがコーディネートの お手本に用いるほど。
特にシューズとバッグを含むカラー・コーディネートの上手さがそのファッションの特徴になっています。

以下は、そんなテイラー・スウィフトのトライベッカ・ファッション、全80アウトフィットをご紹介します。





写真上左より、ボヘミアン・シックのアウトフィット。写真左のドレスは僅か120ドル。 ヘアバンドがドレスにマッチしたアクセントになっています。




ウエストを露出したクロップトップのアンサンブルがお気に入りのテイラー。 ウエストと脚はテイラーが唯一露出するボディ・パーツで、胸の谷間や背中は 殆ど露出しないのが彼女です。




レトロ・プレッピーのような着こなしのテイラー。カジュアル・アウトフィットにもフレーム・ハンドバッグを 合わせるのが彼女。




フレアー・スカートを好むテイラー。素足、ソックス、タイツでそれぞれ異なるシューズをピック。




写真上は、いずれもシャツ・ドレスをスタイリッシュに着こなした例。 ドレスの雰囲気に合わせて、シューズのコーディネートを使い分けています。




写真上左より、時折プリント・アウトフィットを着用するテイラー。 かなりインパクトが強いプリントも 難無く着こなしてしまいます。




写真上はプレッピーっぽい襟元がアクセントになったアウトフィット。子供っぽくなりがちな アウトフィットを、バッグとシューズを含むカラー・コーディネートで、上手く着こなしています。




写真上は 何でもないカジュアルを、セレブリティ・ファッションに見せてしまうテイラーのスター・パワーと スタイルの良さを象徴したようなスナップ。




写真上左より、秋口のアウトフィット。膝丈のライディング・ブーツにあわせたコーディネート。




写真上はニューヨーカーらしいオールブラックのアウトフィット。特に中央のフレアー・スカートのアウトフィットは 大好評。




写真上はいずれも秋口のファッションで、ダッフル・コート、ピー・コート、メンズ仕立てのジャケットを ミニ・スカート&タイツで着こなした例。




ストライプのトップを好むテイラー。Tシャツのアウトフィットでもバッグは必ずエレガントなフレーム・バッグ。




プリントのミニドレスの着こなし3例。いずれもスタイリングのお手本のようなコーディネート。




いずれもグリーンをアクセントにした着こなし。特に写真上左のグリーンのシューズとバッグをアクセントにしたコーディネートは テイラーが得意とするところ。




写真上は、若々しくドレスアップしたテイラー。中央のレッドのドレスに合わせたトッズのバッグは彼女のお気に入りの一つ。




写真上はホットパンツのカジュアルになり過ぎないコーディネート。ポイントはやはりシューズとバッグ。




写真上は春夏シーズンにテイラーが好むプレッピー・スタイル。でも真っ赤なリップが彼女らしいステートメント。




写真上は脚線美を強調したショート・アウトフィット。写真上右のスナップのようにホワイトが着こなせたら ファッション・エキスパート。




写真上は秋口のカジュアル・アウトフィット。いずれもアクセント・カラーを効かせたエレガントなスタイル。




写真上は、カラー・パンツの着こなしのお手本のようなアウトフィット。若々しい装いでは バッグとシューズのカラーがマッチしている必要が無いことが良く分かります。




写真上は、いずれもミニ丈のコートのアウトフィット。フォーマルに装うときは フィッシュネットのストッキングで脚線美を強調し、クリスチャン・ルブタンのブーティーとイヴニング・バッグで よりエレガントなコーディネートになっています。




写真上は、全く異なるテイストのドレスの着こなし。左側の令嬢ファッション、右側のストライプのドレスも テイラーらしいけれど、中央のプリント・ドレスとプラットフォームパンプスは、彼女のスリムなボディラインと、 脚線美がさらに際立つアウトフィット。




写真上はホットパンツのピレッピー・テイストの着こなし。シャツとカーディガンとのコーディネートが鍵。




写真上は若干エッジーなカジュアル。左側のスリムなブラック・デニムのオーバーオールは、 スナップ後にファッション・エディターがトレンドとして伝えたアイテム。




写真上はブラック&ホワイトのアウトフィット。右側のみブラックのシューズとバッグであるけれど、左側では ワインカラーのブーティー、中央ではヌード・カラーのバッグを持って、カラーコーディネートし過ぎていないところに 若さが感じられます。




写真上はドレスアップ・クローズのスナップ。左側のレースのドレスの上にミニ・トレンチを着用したアウトフィットは、 ヘアスタイルとヘッドバンドが有効なアクセサリーで、ビデオ撮影の際のスタイル。




最後は番外編。カラフルなファッションが多いテイラーは、時にファンの間で 「パディントン・ベアみたいなファッション」と 指摘されています。

Photo: Getty Images

Will New York 宿泊施設滞在



Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, 
何故男性は女性のいう事がきけないのか?
ビューティー・トリートメント 2015 ピアー・バー

PAGE TOP