Metropolitan Museum Costume Institute Gala
Red Carpet Fashion 2015


メトロポリタン・ミュージアム・コスチューム・インスティテュート
2015年 ガラ・レッド・カーペット・ファッション




今年は5月 4日に行われたのがメトロポリタン・ミュージアム・コスチューム・インスティテュートの毎年恒例のパーティー。
このパーティーは、同美術館のコスチューム部門のエキジビジョンのオープニングを兼ねて行われるもので、 ヴォーグ誌が協賛し、デザイナーとセレブリティが世界中から集まる 一大ファッション・イベント。
昨年、2014年のテーマは 1940年代、50年代に最も影響力を誇った アメリカ人クチュリエ、チャールズ・ジェームスでしたが、 今年のテーマは チャイナ。すなわち中国の服飾文化が西洋のファッションに与えた影響がテーマで、 それを最も象徴していたのが京劇のコスチュームを真似たサラー・ジェシカ・パーカーのヘッドピース。
カラーは、レッドとゴールド、そしてドラゴンに象徴される中国的なモチーフが目立っていたのが今回。

中でもメディアが最も注目したアウトフィットが、写真上、チェア・ウーマンの1人でもあった リアーナが着用したガウン。 これは、中国のオートクチュール・デザイナー、グォ・ペイが2年掛かりで仕上げた作品で、レッド・カーペット上では 3人のスタッフが彼女のトレーンを運んでいたほどの巨大なガウン。内側に着用しているのはガウンのライニングと同じ ホットピンクのビスチェ&ホット・パンツ。シューズはクリスチャン・ルブタン。
それ以外に話題を醸していたのが、ビヨンセ、ジェニファー・ロぺス、キム・カダーシアン がこぞって着用した シアー素材を用いたヌード・ドレス。 このうちビヨンセは、レポーター達が「ビヨンセでなかったら待たなかった」と文句を言うほどにレッド・カーペットに大遅刻で 登場しており、彼女1人のために集ったメディア関係者が全員帰れなかったという点で、そのスター・パワーを見せ付けていました。

以下、今年のコスチューム・インスティテュート・ガラのレッド・カーペット・ファッションの数々をご紹介します。





写真上、写真左より、レポーターを90分待たせてレッド・カーペットに登場したジェイZ&ビヨンセ。 ビヨンセのシアー・ドレスはジヴァンシー・オートクチュールの作品で、ジュエリーはロレーヌ・シュワルツ。

中央は、シアー素材にドラゴンのビーズ刺繍をあしらったアトリエ・ヴェルサーチのドレスを着用したジェニファー・ロぺス。

右は、カニエ・ウエスト&キム・カダーシアン。キムのシアー・ドレスは、新たにロベルト・カヴァーリのデザイナーに就任したピーター・ダンダスの第1枚目のドレス。カニエのタキシードもロベルト・カヴァーリ。




写真上、写真左より、モスキーノのドレスを着用したケイティ・ペリーとデザイナーのジェレミー・スコット。ドレスがテーマである ”チャイナ”にマッチしていなかったとの指摘も。

中央は、フィリップ・トレーシーがクリエイトしたヘッドピースが大きな話題になっていたサラー・ジェシカ・パーカー。ドレスは彼女自身がデザインしたH&Mコンシャス・コレクション。

右は、ジェニファー・ローレンス。クリスチャン・ディオール・オートクチュールのカットアウト・ドレスを着用。




写真上、写真左より、フランチェスカ・アンフィテアトロフとリース・ウィザースプーン。着用しているのジェイソン・ウーのガウン。

中央は、モーニング姿のトム・フォードと、彼の作品を着用したリタ・オラ 。

右は、アトリエ・ヴェルサーチを着用したカイリー・クロス(左)と、ダイアン・フォン・ファーステンバーグを着用した、今大人気のモデル、 ジジ・ハディド。




写真上、写真左より、マイケル・コースと彼の作品を着用したケイト・ハドソン 。ケイトのドレスはこの日、好評だった1枚。

中央は、アン・ハサウェイ。 フードが付いたシンプルなドレスはラルフ・ローレンの作品。

右は、ジヴァンシーのゴールドのガウンを着用したジェシカ・チャステイン。このドレスもファッション批評家から好評だった作品。




写真上、写真左より、デザイナーのドナ・キャラン&カルバン・クライン 。

中央は、ヴィラ・ウォンの作品を着用したセリーナ・ゴメスと、デザイナーのヴィラ・ウォン。

右は。ユマ・サーマン。長いトレーンを引いたワンスリーブのドレスは アトリエ・ヴェルサーチの作品。




写真上、写真左より、ロージー・ハンティントン・ホワイトレー。スタイル抜群の彼女だから着こなせるドレスはアトリエ・ヴェルサーチの作品。

中央は婚約中のソフィア・ヴェルガラとジョー・マンガニエロ。ソフィアのドレスはマルケーザで、ジョーのタキシードはゼニヤ。

右はリジー・カプラン。ドレスはドナ・キャラン・アトリエで、クラッチ・バックはエディー・パーカー。




写真上、写真左より、ポール・バッタニ―&ジェニファー・ローレンス。共にルイ・ヴィトンを着用。

中央は、エディ・レッドメイン&ハナ・バグショー夫妻。共にヴァレンティノを着用。

右は、超人気ドラマ「エンパイア」で一躍ファッショニスタになったタラジ・P・ハンソンと、 彼女のバレンシアガのドレスをカスタムメイドでデザインしたアレクサンダー・ウォン。




写真上、写真左より、ジョージア・メイ・ジャガーとアレッサンドロ・ミシェル。どちらも着用しているのはグッチ。

中央は、新たにロベルト・カヴァーリのデザイナーに就任したピーター・ダンダスと彼の作品を着用したジョアン・スモールズ。

右は、ロバート・パティンソンと婚約したばかりの FKAトゥイッグスと 彼女のドレスを手がけたデザイナーのクリストファー・ケイン。




写真上、写真左より、この日のチェア・ウーマンであるヴォーグ誌編集長、アナ・ウィンター。ドレスはシャネル・オートクチュール。

中央は、アマル&ジョージ・クルーニー。アマルのドレスはジョン・ガリアーノがデザインするメゾン・マルジェラ・オートクチュール。 ジョージのモーニングはアルマーニ。

右は、ジェイソン・ウーと彼の作品を着用したモデルで、左よりエディ・キャンベル、ジェイミー・キング、二コラ・ぺルツ。




写真上、写真左より、 すっかりスーパーモデルの仲間入りをしたキム・カダーシアンの妹、ケンドール・ジェナ。 ドレスはカルバン・クライン・コレクション。

中央は、クロエ・セヴィニエ。オープン・ショルダーのチャイナ・ドレスはJ.W.アンダーソンの作品。

右は、クレア・デーンズ。ドレスはヴァレンティノ・オートクチュール。




写真上、写真左より、リー・ダニエルスと ナオミ・キャンベル。どちらもバーバリー・プローサムを着用

中央は、マイリー・サイラスとゾーイ・クラヴィッツ。2人とも 着用しているのはアレクザンダー・ウォンのドレス。

右は、デザイナーのジョゼル・アルトゥザッラと彼の作品をまとったケリー・ラッセル。




写真上、写真左より、プラダのケープ付き刺繍ガウンで登場したエミリー・ブラント 。

中央は、イリーナ・シャイック。フロントにシアー素材のスリットを入れたドレスはアトリエ・ヴェルサーチの作品。

右は、キャロリーナ・ヘレラを着用したリリー・アルドリッジ。魚のシェイプのバッグはジュディス・リーバー。




写真上、写真左より、エルデムの刺繍切り替えドレスを着用したアレクサ・チャン。

中央は、オリヴィア・ワイルド&ジェイソン・セデイカス夫妻。 共にプラダを着用。

右は、ケリー・ワシントン。彼女が着用しているのは、この日不評だったドレスの1枚で、プラダのもの。




写真上、写真左より、 アレクサンダー・マックィーンのタキシードを着用したジョシュア・ジャクソンとシャネル・オートクチュールの 何とも不思議なパンツ・ルックで登場したダイアン・クルーガー。

中央は、アマンダ・セイフリッド。 ジヴァンシー・オートクチュールのドレスにティファニーのジュエリーで登場。

右は、アルベルタ・フェレッティを着用したアンバー・ヴェレッタとテディ・チャールズ。




写真上、写真左より、カルバン・クライン・コレクションを着用したローズ・バーンと同じくカルバン・クライン・コレクションを着用した ボビー・カナヴェール。

中央は、エイドリアナ・リナ。ドレスはマーク・ジェイコブスでジュエリーはショッパール。クラッチ・バックはジュディス・リーバー。

右は、ゴン・リー。ドレスはピーター・ダンダスがデザインするロベルト・カヴァーリ。




写真上、写真左より、モデルのクリシー・ティーガン&グッチのタキシードを着用したジョン・レジェンド夫妻。クリシーのドレスはセント・ジョン。

中央はデザイナーのマーク・ジェイコブスと彼の作品を着用したシェール。

右は、ジヴァンシーのデザイナー、リカルド・ティッシュと彼の作品を着用したジュリアン・ムーア。




写真上、写真左より、エルデムを着用したナタリー・マッセンネット。

中央は、マイケル・コースのカットアウト・ドレスで登場したエリザベス・バンクス。

右は、エマ・ロバーツ。サテン素材のグリーンのドレスはカスタムメイドのラルフ・ローレン。クラッチ・バックはエディ・パーカー。




写真上、写真左より、シンガーのジャネル・モナエ。ケープが付いたチャイナ・ドレスでレッド・カーペットに登場。

中央は、比較的 地味な印象だったマドンナ。グラフィティ・プリントのドレスはモスキーノの作品。

右は、デザイナーのアレクザンダー・ウォンと彼がデザインするバレンシアガのキモノ・ガウンを着用した レディ・ガガ。




写真上、写真左より、デザイナーのローランド・ムーレと彼の作品を着用したマギー・ジーレンハール 。

中央は、シャネル・オートクチュールを着用したシンディ・シャーマン(左)とアライアを着用したガイア・レポッシ。

右は、P・ディディと彼がエスコートするキャシー・ヴェンチューラ。キャシーのドレスはズへア・ミュラッド。




写真上、写真左より、 モデルのカレン・エルソンで、着用しているのはドルチェ&ガッバーナのイヴニング。

中央は、女優のアリソン・ウィリアムスとデザイナーのジャンバティスタ・ヴァリ。アリソン・ウィリアムスが着用しているのは、 もちろん彼の作品。

右は、カスタムメイドのH&Mのストラップ・ドレスで登場したヴァネッサ・ハッジェンス。




写真上、写真左より、ダコタ・ジョンソン。シャネル・オートクチュールのミニ・ドレスにシャネルのジュエリー&バッグ。

中央は、ルイ・ヴィトンのミニ・ドレスドレスで登場したミランダ・カー。ジュエリーはロレーヌ・シュワルツ。

右は、マーク・ジェイコブスのシアー・ドレスで登場したジェイミー・ボシェート。




写真上、写真左より、ヴァレンティノ・オートクチュールを着用したリサ・ボネットと、 ヴァレンティノのタキシードを着用したレニー・クラヴィッツ 。

中央は、シャネル・オートクチュールのアウトフィットにヘッド・ヴェールを合わせて登場したリリー・コリンズ。

右は、スキャパレリのワンショルダー・ガウンを着用したカリーナ・ロー。




写真上、写真左より、シンガーのロード。着用しているのはカスタムメイドのカルバン・クライン・コレクションのドレス。

中央は、ビリオネアのルパート・マードックの元夫人として知られるウェンディ・マードック。

右は、ブルックス・ブラザースを着用したデザイナーのザック・ポーゼンと、彼の作品を着用したケイティ・ホルムズ。




写真上、写真左より、映画監督のテイラー・ハックフォード&カットアウト・パターンのドレスを着用したヘレン・ミレン夫妻。

中央は、コリン&リディア・ファース夫妻。コリンのタキシードはトム・フォードの作品。

右は、ローレン・ブッシュ・ローレンとデヴィッド・ローレン夫妻。両者とも着用しているのはもちろんラルフ・ローレン。




写真上、写真左より、常に自前で購入したヴィンテージ・ドレスでこのイベントに登場する メアリー・ケイト&アシュレー・オルセン。

中央は、ステラ・マッカートニー(左から2番目)と彼女の作品を着用したカーラ・デルビーニュ(左)、ソフィア・リッチー(右から2番目)、 ズズ(右)。

右は、カスタムメイドのバレンシアガのガウンを着用したアナ・エワーズとサーシャ・ピヴォラロヴァ。




写真上、写真左より、 バーバリーのデザイナー、クリストファー・ベイリーと彼がデザインするバーバリー・プローサムを着用した ウェイ・タン。

中央は、左からソフィー・ターナー、ジェームス・ベイ、ジョーダン・ダンで、全員バーバリー・プローサムを着用。

右は、ジャン・ポール・ゴルティエと、彼のブランドを着用したシンガーのアリシア・キーズ。




写真上、写真左より、デザイナーのダイアン・フォン・ファーステンバーグと、彼女の作品を着用したケイト・マーラ。

中央は、ジュエリー・デザイナーのシンディ・チャオと、マイケル・コースのドレスに シンディ・チャオのジュエリーを合わせたモデルのジェマ・ワード。

右はデザイナーのトリー・バーチ(右から2番目)と彼女の作品を着用したメラニー・ローレン(左)、ダイアナ・アグロン(左から2番目)、 マギーQ(右)。




写真上、写真左より、ヤフーのCEO、メリッサ・マイヤー。真っ赤なドレスはオスカー・デ・ラ・レンタの作品。

中央は、往年のスーパーモデル、リンダ・エヴァジェリスタ。大きなブラック・リボンをあしらったドレスはモスキーノの作品。

右は、キム・カダーシアン の母親として知られる、クリス・ジェナ。ドレスのデザイナーは不明。




写真上、写真左より、シャネル・オートクチュールのドレスとシャネル・ファイン・ジュエリーで登場したレイチェル・ヴァイス 。

中央は、エイリー・ラタコウスキー。ドレスはカスタムメイドのトップショップでシューズはブライアン・アトウッド。

右は、クロエ・モレッツ。イヴニング・オケージョンとしてはかなり地味なドレスはコーチのもの。彼女のネーム入りクラッチ・バックもコーチ。




写真上、写真左より、カスタムメイドのケンゾーのドレス、同ブランドのデザイナー2人と登場したジェシカ・アルバ。

中央は、ルイ・ヴィトンのレオパード柄のミニ・ドレスを着用したグライムス。

右は、デザイナーのタクーンと、彼の作品のパンツ・スーツをインナー無しで着こなしたシエナ・ミラー。




写真上、写真左より、ジャスティン・ビーバー 。バルマンのゴールドのドラゴン入りタキシード・ジャケットを着用。

中央は、キャリー・ミュリガン。カスタムメイドのバレンシアガを着用。

右は、男性陣の中にあってタキシード姿を高く評価されていたアンセル・エルゴート。




写真上、写真左より、モデルのリヤ・キベディ。3.1フィリップ・リムのアウトフィットにハリー・ウィンストンのジュエリー 。

中央は、アメリカのメディアに久しく登場していなかったチャン・ツィー。ドレスはキャロリーナ・ヘレラ。

右は、J・クルーのクリエイティブ・ディレクター、ジェナ・ライオンズ。ゴージャスなガウンに囲まれていたこともあり、 パジャマのように見えたイヴニング・スーツ。



Will New York 宿泊施設滞在


5 ベスト・バーガー キム・カダーシアン、コントアー アマル・クルーニー NYファッション

 

PAGE TOP