Kim Kardashian's Pregger Fashion 2.0
キム・カダーシアンのマタニティ・ファッション 2.0
2度目の妊娠で見せたスタイルの進化を分析




2013年にカニエ・ウエストとの間に生まれた第一子、ノースを妊娠していた際には、 ”史上最悪のマタニティ・ファッション”を着用していると バッシング状態であったキム・カダーシアン。
というのも、当時のキムは妊婦用にデザインされていないアイテムを 無理に着用したり、 胎児のことも省みずにウエストを締め付けたアウトフィットを着用したり、 スカート丈が短すぎたり、ヒールがタイトで足に食い込んでいたりと、 着心地が悪そうな上に、妊婦の体型をさらに強調するようなファッションばかりを着用したため。
以下は、その当時のキムのマタニティ・アウトフィット。



この時は、ラッパーであると同時にファッション・デザイナーでもあるカニエ・ウエストと結婚する前でしたが、 今回、12月出産予定の第二子である男児を妊娠してからの キムのファッションは バッシング・フリー。 時に、シースルー過ぎるアウトフィットがある以外は、タブロイド誌にとっては 話題性に乏しいファッションになっています。
引き続きジミー・チューやトム・フォードなどのハイヒールを履き続けているものの、 アウトフィットは常にコートやジャケットを羽織って、スカート丈も長め。 またランバン、プロエンザ・スクーラー、ヴァレンティノなど、一流デザイナーのアイテムの着用が増えているのも 今回のマタニティの特徴になっています。

以下では、そんなキム・カダーシアンのマタニティ・ファッション2.1を計51枚ご紹介します。




写真上は トレンドのレースを用いたアウトフィット。中央のカニエ・ウエストと一緒のアウトフィットは、 9月に行われたニューヨーク・ファッション・ウィーク期間中のジヴァンシーのランウェイ・ショーに姿を見せた際のスナップで、 ドレスはもちろんジヴァンシー。




キム・カダーシアンが好むのが、ブラッシュ・からーのトーン・オン・トーンのアウトフィット。 今回の妊娠中はこのカラーの 類似したアウトフィットを頻繁に着用しています。
写真左のコートは、日本円で数十万円もするランバンのシルク・コートですが、ノースが食べているスナックの 脂ジミがついてしまっています。




写真上は、カーキ系のアウトフィット。写真左のジミー・チューのストラップ・サンダルは、 キムが今回の妊娠中に頻繁に履いているもの。写真右のアウトフィットはシースルー過ぎて 物議をかもした1枚で、バッグはジヴァンシー。




写真上は、いずれもレッド・カーペット・アウトフィット。
写真左は、メゾン・マルタン・マルジェラのジャケットにプロエンザ・スクーラーのフリンジ・スカート。 中央はカンヌ映画祭でのスナップで、アウトフィットはバルマン。右はCFDAアワードでのスナップで、 プロエンザ・スクーラーのイヴニング。




写真上はオール・ホワイトのアウトフィット。
写真左は、姉妹のクロエ&コートニーとイベントに登場した際のアウトフィット。このイベントでは3姉妹全員がホワイトを着用。
中央は、母親の料理本のイベントに姿を見せた際のアウトフィット。 左はパリでのスナップで、ドナ・キャランのアウトフィットにマノーロ・ブラーニックのサンダル。




写真上は 全てシンプルなブラック・ドレス。 いずれもタイトなシルエットで、シューズやアクセサリーが着こなしのポイントになっています。




写真上左はロンドンの空港から出てきた際のピーチ&ブラッシュ・トーンのアウトフィット。
中央は、ホワイトのタンク・ドレスにシャツ・ジャケットを羽織ったスタイル。右はホワイト&ピーチの柔かいカラー・コーディネート。




今回の妊娠中、キムが頻繁に着用していたのがシースルーのトップ。
左は、ストッキングで知られるウォルフォードのシアー・トップ。 中央は、妹のカイリー・ジェナの18歳のバースデー・パーティーに出席した際のスナップ。 右は9月のニューヨークでのスナップで、ドレスにタキシード・ジャケットを羽織ったコーディネート。




写真上、左は妊娠初期のアウトフィットで、クロップ・トップとフリンジ・スカートのアンサンブル。
中央は、9月のニューヨークでのニーハイブーツとミンクのコートという、ちょっと季節的に早いアウトフィット。 左はLAXでのスナップでブラウンのモーターサイクル・ジャケットにトーン・オン・トーンのセパレーツを着用。




写真上は、今回の妊娠中、キムが最も着まわしをしていたシアー素材のコート。 オール・ブラックのアウトフィットに合わせて着用され、ボディ・ラインを適度にカバーする役割を担っています。




写真上左はカニエ・ウエストとのショッピング中のスナップで、ワインカラーのドレスにキモノ・コート、エルメスのサンダルというコーディネート。 中央は、パリでのスナップで、コートはランバン。 右は、ビバリーヒルズのバーニーズでショッピングをしていた際のスナップで、サンダルはジミー・チュー。




写真上左は、ロックバンド、ガンズ&ロージズのTシャツにモーターサイクル・ジャケット、リップト・ジーンズというロッカー・ファッション。 中央は、パンツルックにコート、エルメスのスウェード・バーキンというコーディネート。
右は、レギンスにシアー・ニット&コートというスタイルで、ショッピングの最中にスナップキム。




写真上左は、膝丈のタートルネックドレスで、レースアップ・サンダルがアクセントのスタイル。
中央は大胆なフロント・レースアップ・ドレスにオープントウのニーハイブーツを合わせたスタイル。
右は、今回のマタニティのベスト・ドレスとも言われるホルター・ドレス。




写真上は全て、タンクトップとレギンスのアウトフィット。左はシアー素材のコートを、中央では 着物風のコートを羽織って変化を付けています。




写真上は全てナチュラル・トーンのアウトフィット。中央は夏のセントバーツでのヴァケーション中のスタイル。 左はビバリーヒルズでのスナップ。




写真上は、キムが好むブラッシュ・トーンのアウトフィットで、左はメゾン・マルタン・マルジェラのジャケットに、トム・フォードのサンダル。 中央は、タートルネック・ドレスにタキシード・ジャケットを着用したスタイル。
右の妊娠初期に着用したレイテックス・ドレスは、キムのお気に入りの日本人デザイナーの作品。




写真上左は、9月に行われたテニスのUSオープンの際に、友人であるセリーナ・ウィリアムスの応援のためにスタジアムにでかけるところをスナップされたもの。 中央は、クロエ・カダーシアンとのスナップで、マリブのノブで行われたイベントでのスナップ。
右は、ブラッシュ・カラーのドレスにタキシード・ジャケットを羽織ったスタイル

Will New York 宿泊施設滞在



Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, 
理想の母親像が分かりません カルバン・ハリス ルックスの変貌 シュガー・フリー・ベーキング

PAGE TOP