Cindy Crowford, Real and Un-photoshopped!

ソーシャル・メディア上に流出したシンディ・クロフォードの
未フォトショップ・バージョンの写真を巡るリアクション




2月13日にインターネット上に流出したのがスーパーモデル、シンディ・クロフォードの フォトショップ前のランジェリー・ショット(写真上)。
この写真の出所は不明であるものの、当初は 同写真がもう直ぐ発売されるマリー・クレール誌の4月号からの ショットであるという噂が流れ、最初のうちは、あたかもシンディ・クロフォードが自ら フォトショップをしていない自分の写真を公開したかのように広まったのがこのフォト。

でもその後、マリー・クレール誌はそのウェブサイトで、シンディのフォトが盗まれて流失し、 公開の意図が無いものであったこと、同グラビアがマリー・クレール誌のメキシコ&ラテン・アメリカ・バージョンの 2013年12月号のカバー・ストーリー(写真下)のために撮影されたものであること、 そして、シンディがフォトショップをしなくても美しくゴージャスであることを 声明として発表したのだった。




メキシコ&ラテン・アメリカ・バージョンのマリー・クレール誌の 2013年12月号にフィーチャーされた、フォトショップをほどこしたシンディのグラビアは以下の右の写真。
こちらは、さすがにスーパーモデルという完璧さに仕上がっているけれど、 昨今は フォトショップで写真を修正することが分かっているので、 あえてメークやボディ・メークを完璧にすること無く、撮影に及ぶケースが増えていたのが実情。 昨年には、レディ・ガガのヴェルサーチの広告写真のフォトショップ前のバージョンがネット上に流出していたけれど、 そのレディ・ガガの写真は、ほぼスッピン状態。フォトショップによって完璧に顔とボディにメークが施されているのだった。

写真がデジタル一辺倒になって、フォトショップが進化する以前は、 今回のシンディのシューティングのように、その前に着用したアウトフィットのベルトの跡が腹部に残ったまま、 上のようなランジェリー・ショットを撮影するのは不可能だった時代。
したがって、フォトショップはモデルのイメージを必要以上に完璧に見せていると、批判の対象になっているものの、 撮影の所要時間を大きく短縮する利点をもたらしているのだった。






今回、ソーシャル・メディア上で山火事のように広まったシンディの未フォトショップ・バージョンの写真は、 前述のように、当初は彼女自身がそれをオープンに公開したと思われていたので、 その直後からネット上に溢れていたのが、 「この写真を公開できるのは、シンディが真のスーパーモデルである証し」、 「勇気ある決断!」というような彼女をサポートするツイートやリアクション。
でも2011年に彼女がバケーション中にパパラッツィに撮影された写真が オンライン・メディアで公開された際には、 彼女のエイジングを感じさせる腹部に、厳しい批判を浴びせる書き込みが見られていたのだった。

後に、この写真をシンディが故意に公開しようとした訳では無いことが明らかになってからも、 ネット上に溢れているのは、フォトショップをしたフェイクのボディよりも、 リアリティのあるフォトの方が好感が持てるというリアクション。
シンディ自信も、過去数年のインタビューで エイジング・プロセスで自分のボディが完璧でなくなってきたことを認めつつも、 「自分自身であリ続けることが美しさ」とコメントしてきているのだった。




このグラビアのダメージ・コントロールをするかのように、ヴァレンタイン・デイに シンディ・クロフォードの夫で、クラブ経営者のランディ・ガーバーがインスタグラムにアップしたのが上の写真。
この写真に添えられていたのが「She got flowers, I got her. Happy Valentain's Day!」 (彼女へのプレゼントは花束、自分へのプレゼントは彼女、ハッピー・ヴァレンタイン!)というメッセージ。
この写真には、ネット上に流出した写真とは比べ物にならないほどスムースな腹部と太腿もシンディが フィーチャーされているけれど、「手のシワに比べて、ボディの肌がスムース過ぎる」として、 フォトショップをしているという指摘と、「横になれば誰でも腹部が平らでスムースになる」という フォトショップ否定説の両方が聞かれるのが実情。

シンディ自信は、この写真の流出について何の声明も発表していないけれど、 夫のインスタグラムのダメージ・コントロールぶりを見る限りでは、 本人は今回流出した写真のボディ・イメージが定着しては困ると考えているのは明らか。

そのシンディは、つい最近 飛行機で医療行為を行う医師団のドキュメンタリー映画を仕上たばかり。 夫のランディは、ジョージ・クルーニーの親友としても知られ、 昨年11月の結婚式にも夫婦揃って出席した様子は大きく報じられたのは記憶に新しいところ。 加えて彼女の若い頃に生き写しの娘が、既にモデルとしてデビューしており、 今回の写真流出以外にも、話題に事欠かない存在になっているのだった。

Will New York 宿泊施設滞在




Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, 妻に愛人との浮気がバレてしまったら… ブルックリンを舞台にした不動産の実話コラム by 松村 京子  Vo.4 Nov. 2014 2015年グラミー賞、レッド・カーペット・ファッション

PAGE TOP