The New Kate Moss Topshop Collection Has Arrived !!
ケイト・モスとトップショップの3年ぶりのコラボ
ケイト自身のワードローブを再現した新コレクション



2014年4月30日に発売となったのが、ケイト・モスとトップショップの3年ぶりのコラボ・コレクション。
ケイトとトップショップが最初にコラボレーションを行ったのは2007年のこと。 当時、トップショップは未だアメリカに進出してない時代で、バーニーズを通じて販売されましたが 発売当日に売り切れたアイテムがあった一方で、売れ残った製品がどっさりウェアハウス・セールで70%オフで 販売されていた様子は当時ファッション・メディアで報じられていたこと。
その後も、数シーズン続いたコレクションでしたが、 売り上げがさほど芳しくなく、着こなしが難しいアイテムが多かったためにラインの取り扱いが終了。 でも終わってしまってから、惜しまれる声が多く聞かれたのが同コレクションで、 今回3年ぶりのカムバックになっています。

その新コレクションは、約50ピースで構成されていて、ケイト・モス自身が過去の様々なオケージョンで着用したしたアイテムを リメイクしたもの。中にはカルバン・クライン、サンローラン、プラダといった一流デザイナーのアイテムも見られているので、 果たしてデザイン・コピーが問題にならないかという疑問も聞かれますが、 ケイト本人がそっくりのアイテムを着用したしてスナップされているだけに、 彼女自身のパーソナル・スタイルから着こなしが学べるという点で、 以前のラインよりも着用のアイデアが得やすいラインに仕上がっています。
お値段は100ドル程度のトップから、500ドルを超えるドレスまで様々ですが、 ケイト自身が着用した一流デザイナーの作品に比べるとはるかに安価な価格帯。
以下にご紹介するのは、そのアイテムの一部と、ケイト自身のワードローブのオリジナルです。




写真上は、2003年にケイトが着用したした レモン・イエローのドレスはビバリーヒルズのヴィンテージショップ、リリー・エ・シエで 購入したもの。トップショップではこれをイエローの他に、エメラルド・グリーン、ブラックで製作。お値段は170ドル。




写真上は、2007年にケイトがスワロフスキー・ファッション・ロック・コンサートに登場した際に着用した トップショップのドレスで、6万個のクリスタルを用いてケイトのためにカスタムメイドされたオリジナルのお値段は、 ウソか本当か670万円とも言われるもの。
トップショップでのリメイクのお値段はそれよりもずっと安い500ドル(約5万円)。




写真上は、2003年にケイトがWマガジンのパーティーで着用したジャンプスーツで、ケイトの友人でもあるステラ・マッカートニーの作品。 今シーズンは久々にジャンプスーツがホットになってきているとあって、ステラ・マッカートニーも 似たようなスタイルを2745ドルというお値段でリバイバルさせています。
トップショップでのリメイクのお値段は、その10分の1以下の180ドル。
>



写真上は、1995年、当時カルバン・クラインのモデルとして大ブレークしたケイトが、CFDAのガラで着用した カルバン・クラインのスリップ・ドレス。彼女のように極細のモデルを”ウェイフ”と呼んでいた時代。
トップショップでのリメイクのお値段は 590ドル。




写真上は、2012年にケイトが着用したボヘミアン調のブラウスは、かなりシアーな素材で、ケイトが好む70年代のヒッピー・ファッションを グラマラスにした印象。 トップショップでのリメイクのお値段は 120ドル。




写真上は、2013年7月にケイトが着用してロンドンのイベントに登場したプラダのジッパー・ドレス。 トップショップでのリメイクのお値段は 150ドル。




写真上は、2013年10月にケイトが着用したクリスタルをあしらったヴィンテージ・トップ。 ケイトはこれに同じくヴィンテージのケープをコーディネートしてイザベル・マランのパンツに合わせています。
トップショップでのリメイクのお値段は 100ドル。




写真上は、2004年にコティの100周年記念パーティーでケイトが着用したクリスチャン・ディオールの作品で、 オーストリッチの羽でトリミングされたもの。 ちなみにケイトがこれを最初に着用したのは未だジョニー・デップと交際中の1998年で、 彼の映画のプレミアに出席した際。 トップショップでのリメイクのお値段は 260ドル。




写真上は、2013年にケイトが着用したサンローランのスウェード・フリンジ・ジャケットで、オリジナルのお値段は3,762ドル。 トップショップでのリメイクのお値段は カラーが若干ダークになって450ドル。




写真上は、2012年7月のサントロペでのバケーションでケイトが着用していたヴィンテージ・カフタン。
刺繍をほぼ全く同じに再現したトップショップでのリメイクは、、お値段は120ドル。




写真上は、2013年にケイトが着用したした ヴィンテージのスウェード・ドレスにインスパイアされたアイテム。 ケイトがこれを購入したのはロンドンのイーストエンドのヴィンテージ・ショップとのこと。 トップショップでのリメイクのお値段は 320ドル。




以下は、そのトップショップのプロダクトを実際にケイトが着用したしたキャンペーン・イメージ。
さすがにファッションに最も影響力を及ぼすスーパーモデルが着用しているだけに、一流デザイナー・ブランド並みの スタイリッシュさに演出されています。













無個性 Or オールマイティ?
ケイト・ミドルトンが過去3年愛用するKLベネットのヌード・パンプス キャバレー・スタイルのバーレスク・サーカス!? オフ・ブロードウェイ・パフォーマンス、『ラ・ソワレ』 Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, オフィスの敵、避けられない場合の対処法,

 

PAGE TOP