Best Food Venders in NY!
2016 Vendy Awoard Winners


ニューヨークのベスト・ フード・ベンダーは !?
2016年度ヴェンディ・アワード受賞者ラインナップをご紹介!



ニューヨークでは、ここ数年フードコートがどんどん登場して、その人気が高まって久しい状況ですが、 それ以前にニューヨークの食の世界で旋風を巻き起こしたのがフード・ベンダー。
かつてのフード・ベンダーと言えば、料理の才能やアイデアはあってもバッカーをつけてレストランをオープンするだけの ネーム・ヴァリューが無いシェフが、自己投資でスタートできるビジネスというイメージがありましたが、 今やベンダーの多くは既にレストランやショップを出店しているケースが多く、 ローカル・カストマー以外にアピールしたり、フード・フェアに出店するためにべンダーとして出店しているケースも増えています。
以前とは異なり、ソーシャル・メディアを通じて出店のロケーションを通知できるご時世になっているので、 今では日によってロケーションを変えなければならないベンダーにも常連客がつく時代になっていますが、 利用者はべンダーを 「適当なランチ」や、「たまたま傍にあったから食べる」というような間に合わせではなく、 料理の評判を聞きつけてたり、事前にリサーチして食べに来る人々が多いため、 味や素材のハードルは年々高くなってきています。

ここではニューヨークのベスト・フード・ベンダーを選ぶ ベンディー・アワードの2016年の受賞者を部門別にご紹介します。



2016 ベンディーカップ受賞者(ベスト・フード・ヴェンダー)
Tacos el Rancho / タコ・エル・ランチョ





2016年にベンディー・アワードの最高の栄誉であるベンディーカップを受賞したのは、 ニューヨークではめずらしいメキシコ南部の街、オアハカスタイルの料理をサーブするTacos el Rancho / タコ・エル・ランチョのタコス。
オーナーのFelix Soriano/フェリックス・ソリアノが作るのは、先住民が多く美食の街として知られるオアハカの伝統的なメキシコ料理。
中でも人気の”Tlacoyos / トラコイス”は 他のフード・ベンダーやメキシカン・レストランでも見ることの少ない、 トウモロコシの粉を潰して作る独特の厚いトルティアにトッピングを乗せたもの。 手作りのホームメイド・サルサとトルティーア、そして独特のソースが大人気と高い評価を獲得しています。

アドレス
44th Street & 5th Avenue in Brooklyn

ウエブサイト
https://www.yelp.com/biz/tacos-el-rancho-sunset-park




2016 ピープルズ・チョイス受賞者
Cachapas on Wheels / カチャパス・オン・ホイールズ





ピープルズ・チョイス・ウィナー、すなわち実際にヴェンダーで食事をしているニューヨーカーに最も人気だったのが、 マンハッタンの北側、インウッド地区のベネズエラ料理レストラン Cachapas y Mas / カチャパス・イ・マスのフード・カート。
ここには本場ベネズエラ料理に精通する一家が作る美味な料理のラインナップが揃っています。 メニューの一番人気 ”Yoyo / ヨーヨー”は、 ベネズエラの伝統料理で バナナのような果物のプランタンを使った生地で チキンや野菜をサンドした人気商品。 普段なかなか食べることのできないディープなベネズエラ料理ですが、一度食べるとヤミツキになる美味しさと評判です。。

アドレス
Hanover Square and at Houston and Varick in Manhattan

ウエブサイト
http://www.cachapasymasnyc.com/








2016 ベスト・オブ・マーケット受賞者
Big Mozz / ビッグ・モッツ





Big Mozz / ビッグ・モッツはフレッシュ・モッツァレラをメインに 2015年の春にブルックリンのフードフェア、 Smorgasburg / スモーガスバーグに登場した新しいベンダーです。 それからあっという間に人気になり、今ではロサンゼルスのフードフェアに招待されるまでに成長。
人気メニューは手作りのフレッシュ・モッツァレラにバジルやトマトソースを注入したMozz Bom / モズ・ボムや、 ファスト・フードの定番メニューにもなっているMozzarella Sticks / モッツァレラ・スティック(モツァレラ・チーズをスティック状にカットしたもののフライ)ですが、 ビッグ・モッツのものは、チーズがフレッシュな上にサイズが特大で、誰もがトライしたくなるアイテム。 またその場で、移動式オーブンで焼き上げるフレッシュ・モッツァレラ・マルゲリータ・ピザも大人気となっています。

アドレス
週末のみSmorgasburg

ウエブサイト
http://www.bigmozz.com/




2016 ルーキー・オブ・ザ・イヤー 受賞者
Mr. Bing / ミスター・ビン





ルーキー・オブ・ザ・イヤー、すなわち新たに登場したベンダーのベストに選ばれたのは、 Mr. Bing / ミスター・ビン。 ここで販売されるのは JianBing / ジャンビンという中華風クレープ。
チャイニーズ・アメリカンが経営するベンダーかと思いきや、オーナーはネイティブ・ニューヨーカーの Brian Goldberg / ブライアン・ゴールドバーグ。 彼が留学していた北京で、いつも学校の外のフード・カートで売られていた中華風クレープに惚れ込んだ彼は、 ニューヨークに戻ってからもジャンビンが恋しくてたまらず、見よう見真似で自宅のホームパーティーで再現したところ、友人に大人気となり ベンダーとしてのビジネスをスタートしています。
人気のメニューは、 トラディショナルな”Classic Vegetarian Bing /クラシック・ベジタリアン・ビン"や、 オリジナルの"Peking Duck Bing / ペキンダック・ビン"。 ヘルシーなダイエットを心かけるニューヨーカーは、このところ炭水化物を控える傾向にあるので、 そんな人々にとって薄いクレープのサンドウィッチは大好評になっています。

アドレス:
場所はウエブサイトで更新されます。

ウエブサイト
http://www.mr-bing.com/




2016 ベスト・デザート受賞者
The Good Batch / ザ・グッド・バッチ





過去数年、ニューヨークで人気が高いデザートとなっていたのが、クッキーでアイスクリームを挟んだサンドウィッチ。
そのアイスクリーム・サンドをフード・カートで販売し始めた The Good Batch / ザ・グッド・バッチは、2010年に シェフのAnna Gordon / アンナ・ゴードンと 夫のSteve Hartong / スティーブ・ハートンによってブルックリンにオープンしたローカル・ベーカリー。 本来はベーカリーなので、2人がクリエイトするハンドメイド・クッキーも同店では人気商品。 でもそれにアイスクリームを挟んだ アイスクリーム・サンドウィッチ、 そしてオリジナルの”The Crispy Ice Cream Sandwich / ザ・クリスピー・アイスクリーム・サンドウィッチ”は 更なる人気を博して、2016年のベンディー・アワードのベスト・デザートを受賞しています。
今ではベーカリーはニューヨーカーに広く知られる存在になりましたが、シェフ夫妻がクリエイトする温かいホームメイドの味は健在です。

アドレス
土曜日、日曜日はSmorgasburg
ベーカリーは毎日オープン 936 Fulton Street, Brooklyn, NY 11238


ウエブサイト
http://thegoodbatch.com/





Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Brangelina離婚 2016 fall must have

PAGE TOP