Noma Co-Founder's Highly Anticipated Restaurant
"Agern" in Grand Central Station

世界一のレストランの仕掛け人がグランド・セントラル駅にオープンした
話題のグルメ・スポット “アジェン”



ワールド・レストラン・ランキングで、世界No.1のポジションを複数年保持してきたのがデンマークのコペンハーゲンにあるレストラン ”Noma / ノーマ”。 同店を エグゼクティブ・シェフの ”Rene Redzepi / レネ・レッドゼピ” と共にスタートしたのが、 敏腕レストランターのClaus Meyer / クラウス・メイヤー(写真下右、右側) ですが、その彼が 近年、ビジネス・フォーカスを転換し始めたのがニューヨーク。 それもそのはずで 過去数年、ニューヨークではノーマ出身のシェフがレストラン・インベスターに引っ張りダコの状態。
ここにご紹介するエイガーンは、 そのノーマの仕掛け人がマンハッタンの中心である グランド・セントラル駅の中に、エグゼクティブ・シェフ、Gunner Gislason / グンナー・ジスラソン(写真下右、左側)を起用して、 2016年4月末にオープンしたノルディック・キュジーヌのレストランです。










グランド・セントラル駅は、ただでさえレントが高額なニューヨークにあって、更にレントが高いだけでなく、 テナント審査が厳しく、確実に利益が上げられるレストランで無い限りは 出店できない 競争率の高いロケーション。
そのグランド・セントラル駅のヴァンダービルト・ホールと42丁目の西南のパッセージ・エントランスの間に位置するのが同店で、 かつてはヘア・サロン、ウェイティング・ルームとして使われていたスペース。 そこを110席を要するノルディック・スタイルのインテリアに手掛けたのは、クリスティーナ・メイヤー・ベングソンとそのパートナー、 ユリック・ノーデントフト。オーガニックなシェイプとナチュラル・エレメントを組み合わせたスタイルで、 ペール・ミントのモザイク・タイルやナチュラル・ウッドワークをフィーチャーした暖かみがある空間は、 日本人の目からみると、どこか和風でもあり、モダンな日本食レストランにも見えてしまうインテリアに仕上がっています。





アイスランド人のエグゼクティブ・シェフ、グンナー・ジスラソンは、クラウス・メイヤーがこれまでにオープンしてきたデンマークとアイスランドの レストランでシェフを務めてきた人物。その料理は、ニューヨークのローカルで新鮮な食材を用いた ノルディック・キュジーヌ。モダンでミニマルなプレゼンテーションは ノーマのスタイルに通じるもので、 クリーンで質の高いクッキングが強調されています。
同店のテイスティング・メニューには2種類があり、そのうちの1種類は野菜にフォーカスしたもの。 それ以外にアラカルト・メニューも揃っていて、どちらもテーブル&カウンター席の双方で味わえるようになっています。

同店のオープンにあたり、クラウス・メイヤーは吟味した人選のガストロノミック・チームを編成しており、 エグゼクティブ・シェフのグンナー・ジスラソンをサポートするのは、元ノーマのヘッド・シェフの下で経験を積んだジョゼフ・ハードリー。 ジェネラル・マネージャーはマンハッタンのグルメ・レストラン、ブルー・ヒルでディレクターを務めていたケイティ・ベル、 ソムリエは、やはりマンハッタンのグルメ・レストラン、オリオールで高い評価を得たチャッド・ウォルシュ。 へッド・ベーカーは、パー・セやブション・ベーカリー、 エイミーズ・ブレッドで修行を積んだロンダ・クロッソン、ペストリー・シェフはマンハッタンのマス、ジュニといったレストランで腕を振るったレベッカ・エイチェンバーム。 そして、昨今のレストランに欠かせないポジション、ヘッド・バリスタ&ロースターには、 コペンハーゲンのトップ・バリスタとして知られるオマー・マーガードを迎え、 レストランのあらゆる側面を業界のトップクラス、それも若いジェネレーションで構成し、 クォリティの追求だけでなく、時流を反映させることにも重きが置かれています。

エイガーンは、既にメディアのフード・クリティック、フードブロガーだけでなく、ノーマのファンを中心としたグルメ・ニューヨーカーから、 高い評価を獲得。エッジーでミニマルなプレゼンテーションでも奇抜ではなく、食欲をそそると同時に、視覚に訴える斬新さで、 どんどんとファンを獲得。大々的なプロモーション無しに、口コミで集客を図るという 実力派レストランのデビューを飾っています。






レストラン名のアジェンは、デンマーク語で、どんぐりのこと。古代から ”オークの木から取れるフルーツ”と 見なされてきたどんぐりは、生命と保存のシンボルで、北欧神話では保護やお守りを象徴するものとなっています。

アジェンでは、今後ブレックファスト、ランチのサーヴィングをスタートすることにしていますが、 それと同時に、クラウス・メイヤーが展開したのが グランド・セントラル駅という 1日約75万人が利用する ハイトラフィックなロケーションのニーズに見合った ”Northern Dog / ノーザン・ドッグ”と”Great Northern Delil / グレート・ノーザン・デリ”(写真下2枚)。
アジェンの並びに位置するのがこの2軒で、ノーザン・ドッグはグルメ・ホットドッグ・スタンド、 グレート・ノーザン・デリは、サンドウィッチ、ペストリー、サラダ、ヨーグルト、グラノラ、コーヒー&ソーダ等の テイクアウト・メニューが揃うスポット。 忙しいニューヨーカーが 通勤や移動の合間に利用できる便利なグルメ・スポットになっています。



Agern
Grand Central Terminal 89 E 42nd St New York, NY 10017
TEL: (646) 568-4018
ウェブサイト: http://agernrestaurant.com/


Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, elizabeth holmes インスタ・スウィーツ

PAGE TOP