Whitney Museum & New York Botanical Garden
Getting Upgraded With Culinary


ホイットニー美術館&ニューヨーク・ボタニカル・ガーデンが
ホットなダイニング・シーンでアップグレード!


昨今のアメリカで、当たり前のコンセプトになってきたのがエンターテイメント、スポーツ、アートなどの集客のために、 フードを充実させること。
スポーツ・アリーナからミュージアム、シアターなどがどんどん 質の高いダイニングを提供するようになって久しいですが、 中でもミュージアムは、一流のシェフやレストランターとのコラボによるレストランを館内に設けることで、 大きな集客効果を上げてきたことは ニューヨークでも立証済みの事実。
ここにご紹介するのは、2015年5月に移転&再オープンしたばかりのホイットニー・ミュージアムと ニューヨーク・ボタニカル・ガーデンに新しくオープンしたレストランです。




Untitled / アンタイトルド



アッパー・イースト・サイドからミートパッキング・ディストリクトに移転し、2015年5月1日にリニューアル・オープンを果たしたホイットニー美術館。 アメリカの近代アートを代表する美術館の移転に際して 人々の注目を集めていたもののひとつが、ダニー・メイヤー手掛ける館内のレストラン、アンタイトルド。
ダニー・メイヤーと言えば、ユニオン・スクエア・カフェ、グラマシー・タバーン等の長寿人気のレストランを数多く手がけ、 ニューヨークだけでなく、アメリカのトップに君臨するレストランター。 彼が傘下に収める超人気のバーガー・チェーン、シェイクシャックの株式を公開して、700億円長者になったことも伝えられる存在。
その彼が、移転&再オープンしたホイットニー美術館内で手がけることになったアンタイトルドは、以前のアッパー・イーストのロケーション時代から、 ホイットニー美術館内に存在していたものの、レストランが地下に位置していたため、 暗く、無機質な印象で、メニューもインテリアも、レストランというよりはカフェ・テリア。 ホイットニーを訪れる人々に利用されることはあっても、ここを目当てに人々がやってくることは無いというスポットでした。

でも、移転に際してレストラン収入を増やしたい美術館側が ビジネスをオファーしたのが、必ず成功するレストランの請負人、ダニー・メイヤー。 彼の名前を聞いただけで、そのレストランに行きたがるニューヨーカーが多いだけに、新アンタイトルドはオープン前から話題と期待を集めてきました。
そしてオープンした同店は、 アッパー・イースト・サイドの時とは打って変わって、ストリートに面した壁一面をガラス張りにすることによって、 明るく開放的な印象で、自然光が目一杯入る非常にエアリーな空間。 現代美術で知られるホイットニーにコンセプトを合わせた、コンテンポラリーなインテリアは、クリーンで洗練されたイメージに仕上がっています。


同店のメニューを手掛けるのは、もともとグラマシー・タバーンでエグゼクティブ・シェフを務めていたマイケル・アンソニー。 グラマシー・タバーンはダニー・メイヤー・グループの傘下にあり、ニューヨークで 1、2を争うクラシック・アメリカン・レストランですが、 そこで8年活躍したアンソニー氏だけに、アンタイトルドのメニューはグラマシー・タバーンのコンセプトを原点としたもの。
季節の食材を生かし、ユニオン・スクエア・グリーン・マーケットで手に入る多種の野菜を用いた 野菜中心のメニューで、 季節感が食材から感じられる ヘルシーなグルメ・ダイニングを楽しむことができます。

また、同店のもうひとつのコンセプトになっているのが、「アプローチしやすいファイン・ダイニング」。 今回ホイットニーがアップタウンからダウンタウン、しかもミートパッキング・ディストリクトでハイラインの真横というロケーションに拠点を移したのは、 アクセスしやすいロケーションで、より多くの人にアートに親しんでもらいたいという願いを込めてのもの。 アンタイトルドのダイニングも それを反映して、クオリティの高い食事をリーズナブルな価格で提供することが軸となっています。

【料理】 アメリカン
【価格】 $$$
【住所】 Whitney Museum, 99 Gansevoort St, New York, NY 10014(地図はこちらをクリック)
【食事】 ランチ / ディナー
【営業】 ランチ 水−月 11am〜2:30pm / ディナー 水−月 5〜10pm(火曜定休日)
【予約】 6週間前から予約受け付け開始
【服装】 カジュアル

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ランチご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数


ディナーご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数





Hudson Garden Grill / ハドソン・ガーデン・グリル



250エーカーもの広さを誇るブロンクスのニューヨーク・ボタニカル・ガーデンは、 年間を通して大規模なエキジビジョンやフェスティバルが行なわれ、アメリカの国定歴史建造物として登録されている植物園。 そして年間90万人以上が訪れる同園内にオープンし、既に大好評を得ているのがハドソン・ガーデン・グリル。
同店を手掛けるのは、東海岸において30軒以上のレストランを経営するメガ・レストランター、スティーブン・スター。 彼がオペレーションを務めるニューヨークの有名店にはブッダカンやアップランドがありますが、 グルメ誌ではその活躍が頻繁に取り上げられる、フード界のトップに立つ人物のひとりとして知られています。

異なるテーマや植物によってデザインされた50もの庭園を備えるボタニカル・ガーデンは、 日本の植物園とは全く規模が異なる自然の宝庫。 美しい景色と庭園が果てしなく続く広大さ。 その豊かな環境を存分に楽しめるハドソン・ガーデン・グリルは、店内の80席に加え、パティオに120席を設けた広々とした作り。 カントリー・スタイルをブラッシュアップしたインテリアは、ナチュラル・ビューティーに都会のエッセンスを加えた巧みなデザインとなっています。


ボタニカル・ガーデン初のフルサービス・レストランとなる同店でサーブされるのは、 地元で採れる新鮮な食材を用いたイノベイティブなニュー・アメリカン。 フレンチ・キュジーヌのバックグラウンドを持ち、アワード受賞経験もあるジュリアン・アロンツォをエグゼクティブ・シェフに招き、 上品でハイクオリティな味を提供しています。
そして5月17日からスタートしているのが、通常メニューに加えて、現在ボタニカル・ガーデンで行なわれている ”フリーダ・カーロ展”に因んだ、 ”フリーダ・カーロ・プリフィックス・メニュー(35ドル)”のサーヴィング。 こちらはエキジビジョンが終了する2015年11月1日までの期間限定メニューで、フリーダの故郷、メキシコ料理を軸にした グルメ・メニューとなっています。

ボタニカル・ガーデンの利用客だけでなく、一般にも公開されているハドソン・ガーデン・グリルは、植物園の開園時間に合わせて午前10時〜午後6時までオープン。 そのため同店のピークはランチ・タイムで、それ以外の時間帯は軽食、デザート、ドリンクがサーブされています。

【料理】 ニュー・アメリカン
【価格】 $$$
【住所】 2900 Southern Boulevard, Bronx, NY 10458(地図はこちらをクリック)
【食事】 ランチ / アーリー・サパー
【営業】 火−日 10am〜6pm(月曜定休日)
【予約】 6週間前から予約受け付け開始
【服装】 スマート・カジュアル

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ランチご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数





Will New York 宿泊施設滞在



オーガニック・ファーマシー べスト・スウィーツ ジェシカ・チャステインのマンハッタン・アパート

PAGE TOP