Two New Restaurants on NYC's Sleek Spot

パーク・アベニュー・サウスに登場した2つの話題のレストラン


ユニオン・スクエアの北に伸びるパーク・アベニュー・サウスは、オフィス、高級アパートメント、そしてスタイリッシュなレストランが並ぶ通り。 一見ロー・プロファイルでありながらも、多くのニューヨーカーが惹きつけるエリアとして知られています。
そんなエリアに2014年の終わりに登場したのが以下にご紹介するアップランドとフロリアン。 どちらもオープン以来、多くのメディアに取り上げられ、既に人気を博しているスポットです。



Upland / アップランド




かつてヒップスター・マグネットであったブッダカンを始め、フィラデルフィア、フロリダ等で スタイリッシュでコンテンポラリーなダイニングを提供している スティーブン・スター。 そんな大物レストランターが、ニューヨークの有名イタリアン・レストラン、イル・ブッコ・アリメンターリの元シェフ、ジャスティン・スマイリーとコンビを組んで オープンしたのが、パーク・アベニュー・サウス&26丁目に登場したアップランドです。

アップランドとはシェフ、ジャスティン・スマイリーの生まれ故郷である、南カリフォルニアにある豊かな自然に恵まれたカントリー・タウン。 そこで生まれた カリフォルニア・キュジーヌのフレーバーと クッキング・テクニックを基本コンセプトにした同店は、 インテリアにもアップランドのイメージを反映させた明るく、広々とした、ウッドを基調にした空間。 オークのナチュラル感をベースに、飾り気の無い素朴さと、アーバン・タッチなモダン・ツイストを加えた仕上がりになっています。




アップランドがコンセプトにするカリフォルニア・キュジーヌとはイタリアン、和食、中華、フレンチ、メキシカンなど、 様々なキュジーヌから影響を垣間見せるフュージョン料理。 脂肪分の少ない肉、シーフード、そして地元で採れる新鮮な野菜をふんだんに用いるのが基本スタイルであるため、 アップランドのメニューには野菜を用いたディッシュが豊富なほか、シーフードをメインとしたものも充実。 でも、一番人気になっているのはショート・リブで、柔かく煮込まれたコラーゲンたっぷりの味わいが 既にフードブロガーやクリティックから絶賛されています。

そうかと思えば、ハマチ、ウニ、柚子ごしょうなど和を感じさせる食材も登場。また メキシコのヒカマ、韓国のコチジャンといった エキゾティックなエレメントが用いられたディッシュもラインナップされています。
そうは言っても、スマイリー氏は もともとイル・ブッコに長く勤めたイタリアンのシェフ。 このため同店のキュジーヌに最も強く現れているのは、やはりイタリアンの影響。 このためメニューには、ピザやパスタといったオーソドックスなイタリアン・ディッシュは勿論のこと、 他のディッシュにおいても 食材やシーズニングにイタリアン・テイストが強く感じられるものになっています。

アップランドで味わえるのは、南カリフォルニアの心温まる素朴さに、グローバルなアプローチとニューヨークの洗練された都会らしさが光る、新しいタイプのキュジーヌ。 アップスケールな仕上がりなのに、不思議なほど居心地が良い空間と、家庭の温か味を感じる料理は既にニューヨーカーの間でかなりの評判。
500種類のラインナップが揃ったワインリストも同店の自慢で、料理に合うようセレクトされた厳選のリストが用意されています。

【料理】 ニュー・アメリカン
【価格】 $$$$
【住所】 345 Park Avenue South, New York, NY 10010(地図はこちらをクリック)
【食事】 ディナー
【営業】 月−土 5〜11pm, 日 5〜10pm
【予約】 6週間前から予約受け付け開始
【服装】 カジュアル・スマート

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ディナーご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数







Florian / フロリアン




イタリアのヴェネツィアにあるイル・カフェ・フロリアンは、1720年創業の歴史あるコーヒー・ハウス。 世界に名を馳せる同店はイタリア最古のコーヒー・ハウスで、歴史に名を残す数々の著名人が訪れたことで知られています。
その伝説のコーヒー・ハウスをニューヨークに再現したのが、パーク・アベニュー・サウスに登場したフロリアン。 床や壁にに用いられたイタリア製のモザイク・タイル、店内に飾られたイタリア製ブロンズ像、グリーンにペイントされた壁、バーガンディーのバンケットなど、 店内の全てのものが醸すアーティスティックな異国情緒は、本場ヴェネツィアを彷彿させるキッチュな空間に演出されています。

同店のキッチンで総監を務めるのは、イタリアはボローニャ出身のブランドー・デ・オリヴィエラ。 祖国イタリアでミシュラン3つ星のレストランや1世紀以上も続く伝説のレストランで15年の修行を重ね、 アメリカに渡ってからも、イタリアで代々受け継がれてきた伝統的な味と調理法を守り続けてきた存在。 その彼は、同店でも本格的なイタリアンを展開しています。



食材の味を生かした本場イタリアンは、家庭料理風な親しみを感じさせる味ではあるものの、 決して家庭では作ることのできないダイナミックでコンプレックスなものばかり。 人気が高いのは、まずブッラータ。ローストされたキャロットや豆が添えられたもの、ポーチト・エッグが中に入りプロシュートが添えられたものなど、 他店では見られないバラエティーに富んだブッラータがメニューの1セクションを占めるという充実ぶりです。

そしてホームメイドのピザはもちろんミラノ風の薄いクラスト・ピザ。 ですが、同店のピザはとりわけ薄く、どちらかというとベイクされたトルティヤのような仕上がり。 そこにフレッシュアなモッツァレラやパルメザン、ズッキーニやペッパーなどがトッピングされ、用意されたピザは全6種。 中でも有名なのは、ポモドロ・ソースをベースにロブスターを丸ごと乗せたもの。 味はもちろんのこと、見た目にも楽しめる同店ご自慢のディッシュです。

メイン・コースはシーフードから肉料理まで幅広い内容ですが、ボローニャ出身のオリヴィエラ氏が手掛けているだけに、 チキン・ミラネーゼ、レッド・スナッパー・リヴォルネーゼなど、北イタリアの料理に趣きを置いたものばかり。 中でもブッラータをトッピングしたヴィール・チョップ・パルミジャーナは、大人気のボリューム・ディッシュ。
もちろん、イタリアン・レストランなのでパスタ料理も同店の自慢の1つで、イタリアン好きはたまらないラインナップ。 サービスも優秀と評判です。
また、同店ではアペタイザー、メイン・コースから、サイド・ディッシュまで、非常に充実したベジタリアン・メニューも用意されており、 リッチなイタリアンをサーブするレストランにもかかわらず、ヘルス・コンシャスなニューヨーカーからも好評を得ている同店。
デザートは、メイド・トゥ・オーダーのアイスクリームが絶品と評判です。

【料理】 イタリアン
【価格】 $$$$
【住所】 225 Park Avenue South, New York, NY 10010(地図はこちらをクリック)
【食事】 ディナー
【営業】 月 11:30am〜10:30pm, 火−金 11:30am〜11:30pm, 土 10:30am〜11:30pm, 日 10:30am〜10:30pm
【予約】 6週間前から予約受け付け開始
【服装】 カジュアル・スマート

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ランチご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数


ディナーご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数





Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, best pancakes in NYC

PAGE TOP