New Dinner Party Style Restaurant, "Sopra"

レストラン主催のカジュアル・ディナー・パーティー気分で、
他のゲストと交流を深めながら食事を味わう!
ユニークなコンセプトがニューヨーカーに人気の”ソプラ”



アッパー・イースト・サイドにあるサステイナブルな地中海料理レストラン、アマリ。 「ファーム・トゥ・テーブル(農園からテーブルに直送)」をモットーにした同店は、あまり知られていないものの、 そのサービスと味に定評があり、旅行者ではなく、ニューヨーカーの常連客に支えられているレストランです。
そして同店が、その2階のフロアに新たにオープンしたのが、ここにご紹介するソプラ。 ソプラは、元々居住用のアパートメントだったフロアを改装し、コミュナル・テーブルとキッチンだけの 小ぢんまりとしたたスペースですが、ユニークなディナー・システムを採用しており、 それを知るニューヨーカーの間で予約が殺到する店になっています。





ソプラは、先述のようにコミュナル・テーブルがひとつ置かれているだけのセッティング。そこに座れるのは20で、 一晩に受け付ける予約も20人まで。
1人から4人程度で、個別に予約を入れた20人が ディナーのために同店を集まるのは午後7時半。 まずは アペリティフがサーブされて、8時からのディナーの前に歓談をする時間が設けられています。 その席には、ソムリエ、店のオーナー、シェフが顔を揃えてゲストを出迎え、彼らとの 交流もできるようになっていますが、 要するにソプラのコンセプトは、店とシェフ&ソムリエがホストする レストランを舞台にしたディナー・パーティー。
したがって、アメリカの個人宅の着席ディナーに招待された時と同じように ディナーがスタートします。

同店のシェフを務めるのは、アマリのシェフでもあるレイチェル・ゴーレット。
幼い頃から料理好きで、自らシェフになるための勉強をし、弱冠13歳にしてプロのシェフとしてキッチン・デビュー。 自立してからはイタリアに在住し、ヨーロッパの様々な土地を訪れ、地中海料理を中心に本場で修行を積んだ腕の持ち主。
そのレイチェル・ゴーレットがクリエイトする料理は、アマリ同様、「ファーム・トゥ・テーブル」をモットーに、 地元の農家で生産された野菜をふんだんに用い、季節の食材を生かしたサステイナブルな地中海料理。 サーブされるのは5コースのプリフィックス・メニューです。
週に一度変わるメニューには、魚介類はシュリンプ、オクトパス、アンチョビなど、肉類はラビット、ラム、仔牛など、 バラエティ豊かな食材に加え、最も旬で新鮮な野菜や果物がふんだんに用いられ。 本場の、そしてヘルシーな地中海料理を楽しむことができます。






ソプラのディナーのお値段は1人95ドル。 これには料理の他にソフト・ドリンク、食後のコーヒーやエスプレッソが含まれており、ビールやワインなどのアルコール類は 個別にオーダーする仕組み。
ですが、ワインをコースに加えたい場合は1人150ドル。これはペアリングではなく、 ロゼ、レッド、ホワイト、スパークリングを含む数種のセレクションの中から、好きなものを好きなだけ飲めるというユニークなシステム。 セレクションの中には、値の張るボトルも用意されているため、そうした高額ドリンクに関しては、一晩につきマグナム1本というリミットが設けられています。


地中海地方では、ディナーの一環として食後のひと時を大切にする習慣がありますが、 ソプラは 料理だけでなく、そんな文化も反映させて、ディナーが終わった後も店を夜中の12時までオープン。 その間、ゲスト達はコーヒーや食後酒を味わいながら、店が用意したバックギャモンをプレイしたり、 引き続き会話に花を咲かせたり、閉店まで楽しく充実した時間が過ごせるセッティングになっています。
また、同店は 人数限定で、1晩にテーブルが1回転しかしないにも関わらず、 突然のキャンセルの場合もペナルティーは無しで、別の日に予約を変更できるという 非常に良心的な対応も行なっています。
したがって訪れるゲストは、レストラン並みの料理とサービスが味わえる個人宅のディナー・パーティーに 招待された気分で、ゆったりと楽しい時間が過ごせるだけでなく、そこから 新しい出会いや交流が生まれるメリットも味わえるのが同店。
こうしたセッティングを好むのは、フレンドリーなニューヨーカーが多いので、 社交が苦手な人にとっては、ソーシャライジングの格好の練習スポットになっています。

Sopra
115 E 60th Street 2nd Floor
Tel: (212) 339-8363
Website: www.sopranyc.com






アート界の新トレンド!
睡眠を活用した芸術鑑賞 スリープオーバー Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,  How to Create Breakthrough Moment くすぶる人生に転機をもたらすためには? フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, スキン・トランスフォーメーション

PAGE TOP