Celeb Restauranteur & Chef Present
New Restaurants In The Hot Neighborhood


大御所レストランター&セレブ・シェフによる、ホット・エリアの新レストラン


様々な面であらゆる変動を繰り返すマンハッタンのトレンド。 “ホット” と呼ばれるスポットやエリアも年々変わりますが、このところ 再び再開発の波が押し寄せて 大きな変化を見せているのがイースト・ビレッジのバワリー・ストリート。 今回ご紹介するのは、ニューヨーク・レストラン界のセレブ・レストランター&セレブ・シェフが手がける バワリー・ストリートの2軒の新レストラン。 若い層を中心に盛り上がる同エリアなので、エッジーなトレンディさの中に、ビジネス・マインドを感じさせる注目のスポットになっています。





Cherche Midi / シェルシュ・ミディ






浮き沈みの激しいニューヨークのレストラン業界で、長寿人気のレストランを多数擁しているのが、 大御所レストランター、キース・マクナリー。
Balthazar / バルタザール、Minetta Tavern / ミネッタ・タバーン、Schiller's / シラー 、Morandy / モランディ、 そして現在、新ロケーションへの移転のためクローズしている Pastis / パスティス 等、 彼が手がけてきたレストランは、パブリシスト無しに多くのセレブリティが訪れると同時に、 ニューヨーカー、それもエッジーでファッショナブルな人々が常連となるレストランばかり。

特にキース・マクナリーの手腕で定評があるのは、ニューヨークに居ながらにして、 パリの雰囲気が味わえる独特のセッティング。 ここにご紹介する キース・マクナリーの新レストラン、Cherche Midi / シェルシュ・ミディ は、 以前2009年に 彼がオープンした イタリアン&ピザ・レストラン、Pulino's / プリノスの店舗を改築したもの。
でも、キュジーヌは キース・マクナリーが得意とするフレンチで、ステーキ・タルタル、フォアグラのブリオッシュ添え、 ステーキ・フリートなど、フレンチ・ビストロンの 王道を行くメニュー構成。 内装、料理ともに バルタザールに類似する仕上がりとも言われますが、 バルタザールがアップスケールで、エスタブリッシュされた パトロンを多く擁するのに対して、 シェルシュ・ミディは、ヒップで若いのクラウドを惹き付ける内装やセッティングになっています。



ロケーションは 近隣に 下で紹介するバー・プリミや、2014年1月にオープンした Narcissa / ナルシッサがある バワリー・ストリート沿い、。 昨今、各フィールドで活躍するヤング・エグゼクティブが集まるエリアで、数年前に一度再開発ブームが起こったエリアですが、 昨今では、さらにアップスケールな再開発が進んでいるエリア。 そんなロケーションで、2014年6月初旬のオープン以来、ホットなクラウドを毎日のように集めて、 今最も ハプニングなレストランになっているのがシェルシュ・ミディ。

エグゼクティブ・シェフを務めるのは、バルタザールのキッチンも受け持つシェイン・マクブライド。 先述のとおりクラシックなフレンチ・メニューとなっていますが、 カエルの足にガーリック・チップをまぶしたり、フォアグラがブリオッシュに乗っていたり、ムール貝がバジルをふんだんに使用したブロスで蒸されていたりと、 ところどころにコンテンポラリーなツイストを加えているのが特徴。
でも、同店の目玉と言えるのは、なんと言ってもそのハンバーガー。既に「It Burger」、「NYのベスト・バーガー」と呼び声が高い 同店のバーガーは、NYポスト紙が半ページを割いて、バーガだけの記事を出したほど。 何がそんなに特別かと言えば、1ヶ月掛けてエイジングさせたプライムリブのひき肉を使っている点で、 その味わいは絶品といわれています。
さらに同店ではプライムリブのステーキも人気ニュー。キース・マクナリーのレストランと言えば、常にステーキ・フリートが人気No.1メニューですが、 肉のメニューの強さは、シェルシュ・ミディでも健在となっています。

さらに同店はカクテル・メニューも、バナナなどのトロピカル・フルーツの香り漂うオーガニック・リカーをブレンドした “グリーン・アンド・ゴールド”、 バジルとチリ・ペッパー・シロップをミックスしたジン・ベースの “フラワー・オブ・スコットランド” など、ミキシングから ネーミングまで、 若く、トレンディな客層を狙ったユニークなもの。
店の雰囲気、メニュー構成で、常に魅力的な客層を引きつけるキース・マクナリーですが、 彼のレストランの最大の強みは その客層の良さ。 シェルシュ・ミディはオープン以来、ホットな ピープル・ウォチング・スポットしても 大きな話題を提供している存在です。

【料理】 フレンチ
【価格】 $$$
【住所】 282 Bowery, New York, NY 10012(地図はこちらをクリック)
【食事】 ディナー
【営業】 月−土 5:30〜12am(11pm〜12amはサパー・メニュー), 日 5:30〜11pm
【予約】 4週間前から予約受け付け開始
【服装】 スマート・カジュアル

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ディナーご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数





Will New York 宿泊施設滞在


Bar Primi / バー・プリミ






今やニューヨークで押しも押されもしない、セレブ・シェフとなったのが アンドリュー・カメリーニ。
彼の名を一躍レストラン業界に知らせしめたのは、ロバート・デニーロが出資に加わって トライベッカにオープンしたイタリアン・レストラン、 Locanda Verde / ロカンダ・ヴェルデ 。 彼のユニークで、誰もがリピーターにならずに居られないキュジーヌの数々は、あっという間に大評判となり、 アンドリュー・カメリーニの知名度を大きくアップさせました。
その後、ソーホーの The Dutch / ザ・ダッチ、ノーホーの アップスケール・レストラン Lafayette / ラファイエット をオープン。 それぞれが大成功を収め、ロカンダ・ヴェルデのオープンから僅か5年にして、ニューヨークのレストラン界で確固たる地位を築き上げました。

これまでアンドリュー・カメリーニが手掛けてきたレストランは、カジュアルな印象ではあるものの、お値段は決して安くはないのが実情。 ニューヨーク在住のセレブやソーシャライトが集うファンシーな ソーシャル・シーンを提供していますが、 そんな彼の最新プロジェクト、Bar Primi / バー・プリミ は、従来のレストランとは違う方向性で登場したイタリアン・レストラン、 それもパスタをメインに打ち出して登場したスポット。
バー・プリミがオープンした バワリー・ストリートが位置するのは、金融や不動産をはじめとする 各界で活躍するヤング・エグゼクティブが増加中のノーホー。 特に同ストリートにはバー、ラウンジ、レストランが集中しており、ダウンタウンで最もホットなエリアのひとつとして知られています。
そんなロケーションのイメージに合わせて、同店は予約を取らず、価格帯も良心的 なトラットリア・スタイル。 インテリアはラスティックなテイストでまとめられ、フラッと気軽に立ち寄れる、親しみ易いイメージを醸しています。
メニューは店のカジュアルさをそのまま反映させた仕上がりになっており、メインコースはパスタを中心に、それ以外はブルシェッタ、サラダ、ムール貝など、 グループ・ダイニングでシェアできるような前菜を用意。 ですが、そんなシンプルなメニュー構成でありながらも、パスタソースから漂うラムの香りや、ハンバーガーのビーフのジューシーさ、 シーフードへの繊細な味付け、ペコリーノ・チーズが詰まったユニークなパスタなど、至るところにトップシェフの 実力やこだわりを感じるディッシュが味わえます。

セレブ・シェフの話題のレストランとあって、ヒップなクラウドで日々盛り上がるバー・プリミ。 少々騒がしいため、カップルでのロマンティック・ディナーには向いていませんが、グループでのカジュアル・ディナーには最適。 予約は6人以上のグループのみの受け付けるとのこと。
月〜金はランチもサーブされているため、ゆっくり料理と店の雰囲気や会話が楽しみたい場合には お昼の時間帯がお薦めです。

Bar Primi
325 Bowery Street
Tel: (212) 220-9100
Website: www.barprimi.com







アート界の新トレンド!
睡眠を活用した芸術鑑賞 スリープオーバー Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,  How to Create Breakthrough Moment くすぶる人生に転機をもたらすためには? フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, スキン・トランスフォーメーション

PAGE TOP