Latest, Hottest Restaurants In Hotels

ニューヨークで最もホットな 2軒の新レストラン
マルゴー & ナルシッサ



2014年も続々と新しいレストランがオープンしているニューヨーク。
その中でも特にセレブ・マグネットとして話題になっているのが、ここにご紹介するマルゴーとナルシッサという 2つのレストラン。 奇しくも、どちらもホテル内にオープンしていますが、メジャーな客層は宿泊客ではなく、 ニューヨーカー、それもカッティング・エッジのニューヨーカー。
どちらも8時前後のプライム・タイムは4週間先まで予約で一杯という大盛況ぶりを見せているホット・スポットです。





Margaux At Marlton Hotel
マルゴー At マールトン・ホテル



2014年の時点で、ダウンタウンのエッジーなニューヨーカーが集うスポットとして知られるのが、 2013年末に 改装を終えたばかりのザ・マールトン・ホテル。 ウェスト・ビレッジにある同ホテルは、特にファッション業界、アート界から多大な支持を得ており、 2014年2月に行なわれたファッション・ウィークの際には 毎晩のようにモデルやファッション関係者が押し寄せ、 たちまちニューヨークの “イット・プレイス” となりました。


アンティーク調でまとめられたザ・マールトン・ホテルは、ゆったりとした時の流れを感じさせるデコレーションが魅力。 ホテル内には同じテイストで仕上げられたカクテル・バーやエスプレッソ・バーが入り、そこではファッショナブルなのニューヨーカー達が日夜集います。
中でも、ホットなクラウドを集めているのは、ホテル内にオープンした地中海フレンチ・レストランのマルゴー。 気取らないフレンチ・セッティングでありながら、スタイリッシュで洗練されたマルゴーは、連日、数え切れない程のセレブリティが訪れるため、 常にメディアの注目を浴びているだけでなく、パパラッツィがセレブリティのスナップを狙うスポットにもなっています。
ニューヨーク・ポスト紙によれば、同紙が取材に訪れた日だけで、『ラッキー』誌のエディター、エヴァ・チェン、 ファッション・デザイナーのプラバル・グルン、ピーター・ソム、ジュエリー・ブランド、ダニジョーのデザイナーを始め、 ファッション・メディアのトップや、有名フォトグラファー、アーティストなど、錚々たる面々が 店内のあちらこちらのテーブルで、それぞれにディナーを楽しんでいたとのこと。



オープンから間もなく セレブや業界人の溜まり場となったマルゴーですが、フードは意外にもリーズナブルで質が高いと評判。 5〜19ドルのアペタイザーは、サフラン・ヨーグルトで和えたラム・ミートボールやフルーク・クルードなど、 タパスのように、何品もオーダーできるような小さなディッシュが揃います。
同店で最も人気のあるパスタは全てハウスメイドで、お値段は17〜19ドル。 中でも評価が高いのは、カラブリアン・チリで味付けされた蟹が入ったイカ墨パスタ。
21〜29ドルのメイン・コースはシーバスやコッドなどの魚料理、チキンやラムなどの肉料理が用意され、全体的に地中海テイストの強い仕上がりになっています。
ブレックファースト、ランチ、ディナー、ブランチのフル・サービスを提供しているマルゴーは、 様々なファッション・ブランドのプライベート・パーティーにも利用されており、プライバシーを好む アート関係者、ファッション関係者は訪れるべきでないとさえ言われるほど、業界関係者と鉢合わせする可能性が高いスポット。
したがって雰囲気や料理もさることながら、ピープル・ワッチングも同レストランの大きな魅力の1つとなっています。

【料理】 地中海フレンチ
【価格】 $$
【住所】 Marlton Hotel / 5 West 8th Street, New York, NY 10011(地図はこちらをクリック)
【食事】 朝食 / ランチ / ディナー
【営業】 毎日 7〜12am
【予約】 6週間前から予約受け付け開始
【服装】 カジュアル

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ランチご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数


ディナーご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数







Narcissa At The Standard East Village
ナルシッサ At ザ・スタンダード・イースト・ヴィレッジ



LAダウンタウン、ハリウッド、マイアミ、ニューヨークでは ミートパッキングに第1号のホテルがオープンしたスタンダード・ホテル。
特にアメリカ国内をはじめ、世界中のファッショナブルなヒップスターが宿泊するミートパッキングのスタンダード・ホテルは、 真下にあるハイラインから丸見えになるウィンドウ・ウォールのバスルームで 、宿泊客にヌードになることを推奨したりと、 常にエキセントリックな話題を作り続けている存在。 つい最近では、メトロポリタン・ミュージアムのコスチューム・ガラのアフター・パーティーで 同ホテルを訪れたジェイZに、ビヨンセの妹、ソランジュ・ノールズがエレベーターの中で殴りかかった様子がセキュリティ・カメラの映像に 収められて話題になったのが、ミーとパッキングのスタンダード。
同ホテル内の ラウンジ、ブーン・ブーン・ルームは、オープンして数年が経過する今も、 最もホットなナイト・シーンが展開されるスポットとして知られています。

そのミーとパッキングのスタンダードに次いで、2011年にオープンしたのが、イースト・ビレッジにあるザ・スタンダード・イースト・ビレッジ。 このホテルの建物自体は、ミニマリズムでスタイリッシュなデザインでかつて話題になったクーパー・スクエア・ホテル。 その勢いが衰えたところを スタンダードがを買収し、内装はほとんど変えずに オープンしたのが同ホテルです。



ニューヨーカーでさえ同ホテルの存在を殆ど知らずに来たのは、ホテル内に有名なラウンジやレストランが入っておらず、 殆どパブリシティが取れなかったため。
でも、その状況も2014年1月、同ホテル内に、新しいレストラン、ナルシッサがオープンしたことで激変しています。
ファッション関係者やセレブリティが訪れ、2014年夏の時点でニューヨークで最も予約を取るのが難しいレストランになっているのが同店。 ミシェランで1つ星を獲得しているニューヨークはアッパー・ウェスト・サイドのアメリカン・レストラン、ダヴテイルのオーナー・シェフである ジョン・フレイザーを迎え、ホットなマン・ウォッチングとグルメフードが同時に楽しめるレストランとして 大きな話題を集めています。



スタンダード・ホテルのレトロ・ポップなテイストを取り入れたインテリアが特徴的なナルシッサは、新鮮な野菜を中心としたカリフォルニア・キュジーヌ主体の料理。
様々な野菜やフルーツを使ったアペタイザーは、 トロトロのキャベツにトリュフ・カツオ節バターとパン粉をまぶしてベイクしたオイスターや、 アップルとクリーミー・ホースラディッシュが添えられたロティセリー・ビーツなど、食材を生かしてモダンにアレンジしたベーシックなメニューが揃い。 お値段は15ドル前後。 メインのお値段は20〜48ドルで、ベジタリアン、シーフード、肉のチョイスが用意されています。
でもラム肉のメインに ほうれん草のパイ、ペッパー&カリフラワーが添えられていたり、リブアイには彩り豊かなサラダが添えられるなど、 メニューに並ぶのは、全て野菜をふんだんに使ったディッシュ。 それもそのはずで、同レストランのオーナーであり スタンダード・ホテル・グループ、およびマーサー・ホテル等のオーナーとしても知られるアンドレ・バラスは、 ニューヨーク郊外に 自らが運営するオーガニック・ファームを所有。ナルシッサの料理に使われる野菜の殆どが、 彼のファームから毎日のようにエクスクルーシブに届けられる、新鮮で栄養価が高いものになっています。 また、それ以外の食材も全て、ニューヨーク郊外の農園から直送される野菜、肉、乳製品。魚介類もローカルに調達された 新鮮なものばかりを用いてメニューを展開しています。
それだけに、同店のメニューの最大のウリは野菜料理で、中でも同店のキャロット・フライは、既にカルト的な人気を誇る 大人気メニュー。マスト・オーダーのアイテム。

2014年2月のファッション・ウィークの際には、オリヴィエ・ティスケンスがパーティーを行ったほか、 キャメロン・ディアスやチェルシー・クリントンもディナーに訪れた同店は、 ディナー・タイムのノイズ・レベルは高め。 暖かい季節はガーデンでのダイニングも楽しめるナルシッサは、 ファッション界やメディア界を中心とした大人のクラウドが集まるホットスポットで、 ニューヨークのダイニング・シーンにさらなる活気を与えています。 【料理】 アメリカン
【価格】 $$$
【住所】 Standard Hotel East Village / 21 Cooper Square, New York, NY 10003(地図はこちらをクリック)
【食事】 ディナー / ブランチ
【営業】 ディナー:日−木 5:30〜11:30pm, 金&土 5:30pm~12:30am / ブランチ 土・日 10:30am〜4pm
【評価】 ニューヨーク・タイムズ:★★
【予約】 8週間前から予約受け付け開始
【服装】 カジュアル

ご予約手数料:10ドル(ご予約が確定した場合のみチャージされます。)

ランチご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数


ディナーご予約お申し込み:

第1希望日時: 人数

第2希望日時: 人数

第3希望日時: 人数










グリーン・マーケットに加えて、新たなユニオン・スクエアのアトラクション、 遂にオープンしたレストラン、”ザ・パヴィリオン” ビヨンセの振り付けを身につけながら、ワークアウト!フィットネスの最新トレンド、ブロードウェイ・ボディーズ 最も悲惨なカメラ・メーク!一般女性とて無縁ではない、HDパウダー・メークの落とし穴!”

PAGE TOP