Rooftop Season Has Arrived!
5 Popular Rooftop Spots in 2013

NYサマー・ナイトライフの醍醐味!ルーフトップ・シーズン到来!!
2013年話題の 5つのヴェニュー


ニューヨークでは 夏になると ビルの屋上にオープンする “ルーフトップ・バー” が大人気。
ルーフトップ・バーは初夏から秋にかけての 気温が暖かい時期に、期間限定でオープンするものが多く、 ホテルやオフィス・ビルの屋上などに設けられますが、今では開閉可能な天井や暖房施設を設けて、 一年中オープンするルーフトップ・バーも増え始めています。
アメリカでは屋外での飲酒が法律で禁止されているだけに、オープンエアで開放感のあるルーフトップ・バーは 魅力ある存在であると同時に、サマー・ナイトライフの醍醐味と言えるもの。
それだけに、毎年様々なロケーションにルーフトップ・バーがオープンしていますが、 今回ご紹介するのは比較的新しいスポット、もしくは2013年にオープンしたばかりで、注目を浴びているルーフトップ・バー、計5軒。
それぞれエリアも雰囲気も異なりますが、ニューヨーカーの間で人気を博しているヴェニューばかりです。



The Pod 39 Rooftop
ザ・ポッド・サーティーナイン・ルーフトップ




昨今、ニューヨークのホテルは さほど高級なところでなくても、1泊300〜400ドルが当たり前になってきている中、 清潔感があり、ファッショナブルなインテリアに関わらず、とてもリーズナブルな価格で部屋を提供している “Pod Hotel / ポッド・ホテル”。 以前からツーリストには人気が高い同ホテルでしたが、今年からはルーフトップ・バーをオープンし、 ニューヨーカーからも大きな注目を浴びています。
話題になっている理由としては、同ホテルが エンパイア・ステイト・ビルディングのすぐ近くに位置していて、 ビューがとても良いこと。 さらにヨーロッパ的なコラムとフェンスで囲まれた趣のある作りも魅力になっています。
そして もう1つ、同スポットのアトラクションと言えるの 、“Spotted Pig / スポティッド・ピッグ” や “Breslin Bar & Dining Room / ブレスリン・バー・アンド・ダイニング・ルーム” 等、 ニューヨークのヒップスター達に大人気のレストランで オーナー兼シェフを務めるエイプリル・ブルームフィールドが、 同ホテルとコラボで提供する フード・メニュー。
バー内もブレスリン出身のバーテンダー達が中心となり、美味しいカクテルをサーブしています。

The Pod 39 Rooftop
145 East 39th Street
Tel: (212) 865-5700
Website: http://www.thepodhotel.com/pod-hotel-locations/pod-39/




The STK Rooftop
ザ・エスティーケー・ルーフトップ




ニューヨーク、マイアミ、ラスベガスなどの都市で クラブやレストランを手掛ける、 アメリカン・ナイトライフのパイオニア的存在が “The One Group / ザ・ワン・グループ”。 同社の経営するレストラン “STK / エスティーケー” は、ニューヨークのナイトライフの中心、ミートパッキング・ディストリクトに位置するステーキハウス。 STKは ビジネスマンが集まるようなトラディショナルなステーキハウスではなく、 スタイリッシュなインテリアと DJが流すアップテンポな音楽をバックグラウンドに若い客層やモデルを惹き付ける クラブ風のセッティング。 オープン直後から旋風を巻き起こした同店は、今でもセレブや業界人が訪れることで知られるレストランになっています。
そのSTKの屋上にオープンした “The STK RoofTop / ザ・エスティーケー・ルーフトップ” は、 ブランチ・タイムからオープンしているルーフトップ・ラウンジで、ドリンクに加えて STKのフードが楽しめるレストラン・ラウンジ。 ブランチ・タイムは ハドソン川と それに沿って建設された遊歩道、ハイラインを眺めながら、 明るい日差しの下でゆったりとした時間を楽しむ事が出来、 ディナー・タイムになると DJが登場。STKならではのホットなナイトシーンが繰り広げられます。

The STK Rooftop
26 Little West 12th Street
Tel: (646) 624-2441
Website: http://togrp.com/togrp-stk-rooftop/about/




Refinery Rooftop
リファイナリー・ルーフトップ




ファッション・ディストリクトにあるリファイナリー・ホテルは、ネオゴシックをテーマにしたデザイナーズ・ホテル。 その屋上がつい最近、ルーフトップ・ラウンジとしてオープンしました。
ホテルと同様、ネオ・ゴシック風の装飾が施された同ラウンジは、さり気ないアンティーク感が魅力。 開放的な屋外スペースに加え、リゾート・ペンションのような屋内スペースも用意されているので、 その日の気分によって違った雰囲気を味わうことができます。 また、バーではホメオパシーを取り入れたユニークなカクテルをサーブ。 アンチ・エイジング効果のあるものから、セクシーな気分にさせるものまで、他では見られない面白いカクテルが楽しめます。
同ホテルはエンパイア・ステイト・ビルディングから数ブロックのところにあり、絶景の眺め。 夏だけでなく1年を通してオープンしています。

Refinery Hotel
63 W 38th Street
Tel: (646) 664-0310
Website: http://www.refineryhotelnewyork.com/refinery-rooftop




The Bread & Tulips Terrace
ザ・ブレッド・アンド・チューリップス・テラス




グラマシー・エリアの “Hotel Giraffe / ホテル・ジラフ” 内のテラスに設けられた ザ・ブレッド・アンド・チューリップス・テラスは、 とてもカラフルで、フレンドリーな雰囲気のルーフトップ・ラウンジ。 ニューヨークではラウンジ/クラブ的要素が強いルーフトップ・バーが目立つ中、同店はちょっとした時間潰しや、 待ち合わせのドリンクなどに気軽に使える 気負いのないスペースです。
ラウンジ内ではカクテル片手に友人と会話を楽しむ人々だけでなく、コンピューターを持ち込んで仕事をする人、1人で読書を楽しむ人など、 ホテルの宿泊客はもちろんのこと、近隣住民に スターバックスのルーフトップ版のように利用されていて、 ホテル内のルーフトップとしては 極めてユニークな存在になっています。
“ブレッド・アンド・チューリップス”は、そもそもは同ホテル内にあるイタリアン・レストランでも、 同ラウンジでもレストランのフードがサーブされているため、ランチ・タイムやディナー・タイムにも活用できます。

The Bread & Tulips Terrace
365 Park Avenue South
Tel: (212) 532-9100
Website: http://www.breadandtulipsnyc.com/




Toshi's Penthouse at the Flatiron
トシズ・ペントハウス・アット・ザ・フラットアイアン




こちらは、フラットアイアンにある “Flatiron Hotel / フラットアイロン・ホテル” のルーフトップ・バー。
ホテルのオーナーであるロバート・トシ・チャンのミドルネームに因んでネーミングされた、モダンなアーバン感覚が魅力のスポットです。
ホテルの12階に位置するこのバーは、フラットアイアン・エリアのオフィス・ビルに囲まれた、まるで都会のオアシスのような様相。 マンハッタンの美しいスカイラインをバックに、ミニマリズムな雰囲気の中で スタイリッシュなヒップスター達がアフター・ファイブを楽しむ姿は、まさにニューヨークならでは。
同スポットは2013年の5月にオープンしたばかりですが、そのオープニング・パーティーには数々のセレブやソーシャライトが訪れ、 盛大な初日を迎えたことが伝えられています。

Toshi's Penthouse at the Flatiron
9 West 26th Street
Tel: (212) 839-8000
Website: http://www.flatironhotel.com/default.aspx?pg=toshis-penthouse






PAGE TOP