Doughtnut Is The "It" Sweets In 2013!
Two Popular Doughtnut Spots In New York


2013年の“イット”スイーツはドーナツ!
NYの2つの大人気ドーナツ・スポット



2013年5月にお目見えした クロワッサンとドーナツをミックスしたペストリー、 “クロナッツ”が、 ニューヨークで ダイセンセーションを巻き起こしていることは、既にお伝えしていますが、 クロナッツの影響で、大きく人気を盛り返してきているのがドーナツ。

過去数年、アメリカでセンセーションを巻き起こしていたスウィーツといえば、圧倒的にカップケーキ。 でもそのカップケーキ人気が下火になり、クロナッツ・フィーバーがメディアでフィーチャーされるようになり、 クッキング・チャンネルでは、これまでのクリエイティブなカップケーキを競う番組に替わって、 クリエイティブなドーナツをシェフが競い合う番組が登場。 「ニューヨーク・マガジン」も、毎年恒例の「チープ・イーツ」の特集号で、ニューヨークのトップ・ドーナツ・スポットを取り上げるなど、 すっかりドーナツ・ブームがメイン・ストリームになっています。

ニューヨークで ドーナツがブームになったのは これが初めてではなく、90年代に マンハッタンにクリスピー・クリームが進出してきた際には、 クロナッツ同様、行列が出来るフィーバーぶり。その後、ブームが去って クリスピー・クリームが全店ニューヨークから撤退した後も、 レストランのデザート・メニューとして、グルメ・ドーナツが人気を集めていたのは記憶に新しいところ。

ドーナツと言えば、砂糖と小麦粉をたっぷり使った揚げ物であるだけに、ダイエットの大敵と見なされるデザートですが、 実はフロスティングをたっぷり使ったカップケーキよりも、脂肪分とカロリーが少ないことも伝えられています。
ここでは 今、ニューヨークで大人気のドーナツ・スポット、2つをご紹介します。




Dough / ドー



ブルックリンにある “ ドー ” は、ミシュランで3つ星を獲得しているニューヨークの人気レストラン、“ Eleven Madison Park / イレブン・マディソン・パーク ” で活躍していたパティシエ、ファニー・ガーソンが手掛けるドーナツ・ショップ。 もともと大のドーナツ好きであったファニーは、数ヶ月試行錯誤を続け、求めていた味と食感を完成。 2010年に自らのドーナツ・ショップをオープンしました。

同店のドーナツは、昔ながらの大きめなサイズですが、外側はクリスピーで 内側はふっくらソフトで 非常にライトな食感。 ドーナツにはイースト菌を用いた イースト・ドーナツと、卵で膨らませるケーキ・ドーナツの2種類がありますが、 同店のドーナツは、イースト・ドーナツのお手本と言えるような モチモチした食感で、シェフのこだわりが伺えます。

ドーのドーナツは全てハンドメイドで、ウリになっているのは、ちょっと変わったフレーバーのラインナップ。
もちろん、シュガー・ドーナツ等のプレーンなドーナツも味わえますが、 チョコレートにアール・グレー・フレーバーのシュガーが掛かったもの、ブラッド・オレンジ・フレーバーのシュガー・コーティングがされたドーナツ、 レモン・メレンゲがトッピングされたもの、ハイビスカスのシュガー・コーティングにココア・ニブがトッピングされたものなど、 他ではない ユニークで 珍しいドーナツが 常に15種類前後並んでいます。
ひとつのフレーバーを商品化するために、 約50種類ものもレシピをトライするとあって、どのドーナツも とても美味。 シーズンごとに新フレーバーが登場ことになっていますが、近隣のブルックリンの住民だけでなく、 わざわざマンハッタンからも多くのニューヨーカーが訪れることで知られる同店は、 パーティーのデザートとして、大量オーダーをするニューヨーカーも居るとのこと。
そんなドーの店舗は、非常に小ぢんまりとした構えですが1日に1000個以上のドーナツを販売することも 珍しくない人気ぶりとなっています。

Dough
448 Lafayette Ave, Brooklyn
Tel: (347) 533-7544
facebook page: https://www.facebook.com/pages/Dough/147336885329768





Carpe Donut / カープ・ドーナツ



ニューヨークでは過去数年の間に、フード・トラックが劇的に増えましたが、 ドーナツ・ブームの中で、大きな注目を浴びているのが “ カープ・ドーナツ ”。
カープ・ドーナツは ヴァージニア州のシャーロットヴィルで営まれている ドーナツ・ショップで、2013年初頭に フード・トラックでニューヨークに進出。 オーガニックの原料にこだわった ヘルシーで フレッシュ、そして抜群に美味しいドーナツは、たちまちニューヨーカーの間で評判になりました。
カープ・ドーナツで販売されているのは シグニチャーである アップル・サイダー・フレーバーのドーナツのみ。 このドーナツは、ニューヨークの有名情報誌やインターネット上のフード・ブロガーによって「ナンバー・ワン・ドーナツ」に選ばれる秀作。
上で紹介した ドーのドーナツが 洗練されたフレーバーを揃えた ”デザイナー・ドーナツ”と表現されるのに対して、 カープ・ドーナツは アメリカ人の郷愁をそそる素朴で、シンプルな味わい。 オーガニックの原料を用いているため、作り置きが出来ないカープ・ドーナツでは、販売される ドーナツは全て 揚げたて。 揚がったばかりの状態で、粗砂糖とシナモンにまぶされたドーナツは フカフカの状態。 その軽やかで、ふっくらする一方で、ちょっとモッチリした弾力が感じられるドーナツは、一口食べたら ヤミツキどころか中毒になる美味しさで、瞬く間に 有名ドーナツ・ショップに負けない知名度を獲得しています。

更に、そのアップル・サイダー・ドーナツに オーガニック・ヴァニラ・アイスクリームをサンドした ドーナツ・アイスクリーム・サンドイッチも 人気の高いメニュー。ドーナツは1つ2.25ドル。サイズは小さいものの、その オーガニックの優しい味わいと、程よい甘さで、一口食べれば決して高くないと実感するバリュー。 どんなグルメ・デザートにも負けない極めて優秀なドーナツで、地元ヴァーモント州では カープ・ドーナツをウェディングやパーティーでデザートとしてサーブするケースが非常に多いこともレポートされています。
カープ・ドーナツはフード・トラックなので、日によって出店場所が変わりますが、そのロケーションは 主にマンハッタンのミッドタウン、グラマシー・パーク、ブルックリン。 場所は毎朝ツイートされ、それをチェックしたニューヨーカーが 仕事前のブレックファストや、仕事の合間のシュガー・ブレイクに立ち寄っています。
またドーナツだけでなく、レモネードやコーヒーもオーガニックなので、オーガニックに拘るニューヨーカーの間でも、 絶大な支持を集めています。

Carpe Donut
Tel: (917) 509-5119
Website: http://carpedonutnyc.com/








PAGE TOP