Check your pH yourself with“pHresh Strips”

何処でも簡単に出来るpHバランスのテスト
体内が酸性か、アルカリ性かを知って、食生活やライフスタイルを改善!



グウィネス・パルトロー、エル・マクファーソン、ジェニファー・アニストン、ヴィクトリア・ベッカムなど、多くのセレブリティが 実践していることで知られるアルカライン・ダイエット。 アルカリ性の食品、身体をアルカリ性にする食品は、消化がし易く、栄養素が身体に吸収され易いのに加えて、 体内のエネルギーを消化器官に取られないことから、エネルギーレベルの高い生活を可能にし、 身体の浮腫みや、疲れを取る結果、徐々に理想体重に近づけるダイエット減量効果ももたらす食生活。
そのアルカライン・ダイエットの最大の副産物と言えるのが、身体のpHバランスを理想的に保ってくれるというもの。

pH(ペーハー)バランスが乱れると 身体に様々な悪影響を及ぼし、肥満の原因となることは周知の事実。 しかしながら血圧や脈拍などとはことなり、これまでは自分ではチェックする術が無かったのが自分のpHバランス。 したがって、pHバランスを保つことが大切と知りながらも、自分の数値を知らない人が殆どであったけれど、 それを毎日チェックして、健康管理、そしてダイエットに役立てられるプロダクトが登場し、 ダイエットのためなら、何にでもトライするニューヨーカーの間で大人気を博しているのが、ここに御紹介する pHバランスをセルフ・チェックするプロダクト、フレッシュ・ストリップです。

そもそもpHとは水素イオンの濃度のことで、酸性とアルカリ性の度合いをpH 0〜14の数字で表し、 pH7を中性として、それより小さい数値が酸性、大きい数値がアルカリ性となります。 体内のpHバランスについては 一般的に理想とされているのが、弱アルカリ性と言われるpH 7.3〜7.4。
しかし、不規則な生活習慣、喫煙、アルコール摂取、ストレス等が原因で、現代人はこのpHバランスが酸性に傾いている人が多数。 この数値が酸性に傾くと、、肌荒れ、便秘、疲労、不眠、イライラなど心身に異常を来たし、常にダルさの抜けない体質になる上、 代謝も悪く、内臓の機能も落ちているため、老廃物や余分な脂肪を溜め易い体質を作り出します。



pHバランスは自分の健康状態を計るためのバロメーターになる一方で、血圧やコレステロール値のように、 自分で測ったり、健康診断でチェックされることもないため、自分のpH数値を知る人は殆どいません。 それに着眼して、登場したの簡単にpHバランスをチェックできるキット。 これは小さく、細長いストリップ(紙)に、尿、もしくは唾液を染み込ませるだけで、自分のpH数値を調べることができる画期的なプロダクトです。

酸性、アルカリ性に反応するリトマス試験紙と同じコンセプトではありますが、 このストリップは非常に正確で細かな数値を把握できるのが特徴。 体液に反応してストリップ上に2色のカラーが浮き出る仕組みで、その色の組み合わせによって、数値を細かく刻むことを可能にした 画期的なプロダクトになっています。




自分のpH数値を把握することが、理想的な数値に近づけるようと食生活を改善したり、生活習慣を見直したりと、様々なモチベーションに繋がるのは 言うまでもないこと。したがって、 日頃のライフスタイルや食生活をpHの数値で表すことにより、ユーザーの健康に対する意識を高めようというのが同プロダクトのコンセプト。

pHバランス・チェックのストリップが発売されてからというもの、毎日のように、もしくは日に2〜3回、数値をチェックするほど ヤミツキになる人々が多いことがレポートされており、これを販売するヘルス・ショップで 飛ぶように売れていることが報じられていますが、 pHバランスのチェックに夢中になるのは、よほどの”ヘルスオタク”と思いきや、ニューヨークポスト紙によれば 夢中になっているのはデザイン業界やファッション業界、ダウンタウンのヒップスターなど、ファッショナブルなニューヨーカー。
自分の体内の数値と毎日のように向き合うことによって、こうした上昇志向の強いニューヨーカーが何を始めるかと言えば、 早起き、エクササイズ、食生活の改善など、とにかく理想の数値を達成するための努力。 そして、それを続けるうちに、知らない間に体重が落ちていたというケースも多いようで、ソーシャル・メディア上では、 そんなサクセス・ストーリーが披露され始めていることも伝えられています。


pHバランスの理想値を達成するのに効果的なダイエットが、前述のセレブも夢中のアルカライン・ダイエットですが、 具体的に何を食べるべきかと言えば、果物全般、グリーン・ジュースやスムージー、レモン水、ニンニク、ビーツや赤キャベツなどの 紫色の野菜や果物、キムチやサワークラウト。 これらを中心に食べていると、尿がクリアで全く 濁りがなくなる=pHバランスが理想値に近づき、健康体が実現されます。

逆に控えなければならないのは乳製品、コーヒー、ソーダ、アルコール、パスタ、白米、砂糖や、糖分を多量に含むお菓子やパン、 肉、魚介類、ジャガイモなどでんぷんが多い野菜。 これらを中心とした食生活は、消化器官がオーバーワークになるので、身体が疲れやすくなるだけでなく、 消化のプロセスがスローダウンするため、ヴィタミンやミネラルが劣化した状態で身体に吸収されて、 体内にトキシックが溜まっていくサイクルを作り出してしまいます。
また、これらを中心にした食生活は、腎臓や肝臓に負担が掛かり易いため、 それに運動不足や喫煙、ストレスが加わることは、 体調を崩すフォーミュラ。

したがって、pHチェックのストリップを使用して、健康的な理想値を追及するためには、 アルカライン・ダイエットのダイエットが最も有効的。
また、日頃健康的な食生活をしている人にとっては、どういうものを食べた時に、どの程度pHバランスが 酸性に傾くかを調べるのにも、このストリップが非常に重宝することが指摘されています。


Will New York 宿泊施設滞在

Shopping

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, 
姉の夫の浮気を責めていたら・・・ ビヨンセ 34 イヴニング マルチ・ダイニング・シーンのレストラン

PAGE TOP