CUBE New York Dinner Club Feed Back
キューブ・ニューヨーク・ディナー・クラブ・フィードバック


ディナーのお申し込みをしていただけるのは、ニューヨーク在住の女性で、 ディナー・クラブへのご登録を頂いた方のみとなっています。 ご登録は無料ですので、未だ済まされていない方は、ここをクリックして 申し込み下さい。


 Charlie Bird /

チャーリー・バード
6月13日(金曜日) 午後8時30分より、 参加7名








★ レストラン・プロフィール

チャーリー・バード は、スペシャル・オケージョンのワイン・サービスを提供するカジュアル・レストランとして2013年初夏にオープン。
オープン当初から、毎晩のようにテーブルが満席状態の同店は、セレブリティもお忍びで訪れるスポット。 気取らない雰囲気で、ヒップかつカジュアルでありながらも スタイリッシュで、 居心地の良い空間を提供する同店では、ワインに合わせ易い、シンプルかつ ひと捻りを加えたディッシュが味わえます。

でも同店の目玉と言えるのは、そのワイン・リストとワイン・サービスの優秀さ。 同店のオーナーの1人であり、ワイン・ディレクターを務めるのは、NYで伝説に残る優秀なワイン・リストで知られたレストラン、「Cru/クルー」のソムリエ、ロバート・ボアー。 彼が その「クルー」の膨大なワイン・リストを コンパクトにまとめて再現したのがチャーリー・バードのワイン・リスト。
さすがにワインを心から愛するソムリエがオーナーとあって、自分が選んだ優秀なワインを 出来るだけ多くの人々に味わって欲しいという意図から、 ワインの利益率を落としているのが同店。 したがって、他のレストランで同じ金額を支払うよりも、クォリティが高いワインが味わえるだけでなく、ロバート・ボアーのおめがねに適ったワインなので、 料理と共に満足のできるテイスティングが出来ます。
ワインにこだわる同店だけに、そのグラスは とてもレストランで扱うとは思えない 1つ60ドルのZalto/ザルトのワイン・グラス。 ワインはグラスでかなり味が左右されますが、チャーリー・バードでは、美味しいワインが素晴らしいグラスで、ワイン・フレンドリーなフードと共に味わえるので、 ワイン好きなクラブ・メンバーに是非参加していただきたいディナーです。

5 King Street (入り口は On 6th Ave., ハウストン・ストリート南側) New York, NY 10012
Tel : 212-235-7133
Website: http://charliebirdnyc.com/



★ 参加メンバー・フィードバック ★ 

本来、主催者のレビューはラストに掲載すべきなのですが、私のレビューを先に読んでいただかないと、 参加者の方々のレビューで意味が通らない部分が出てしまうので、失礼ながら先に掲載させて頂きます。
サンダー・ストームは収まっていたとは言え、雨の中を集まって頂いたディナーでしたが、 とっても楽しかっただけでなく、今までで一番の盛会だった と思います。
私はディナー・クラブをする日は、占いで選ぶのですが、この日は飲み会に適した日! もちろん金曜なので、皆さんリラックスして飲めるのでは?と思ったのですが、 実はこの日は、高額ワインに不向きな日でもありました。 なので、ディナーで味わった5本のワインの価格帯は全て55〜70ドル。でもこれを7人で シェアしていたので、1杯が非常に割安で、 それは会計の数字にも表れていたように思います。(チップを加える前の金額で、1人100ドル以下!)。
チャーリー・バードは、ワインの利益率を下げていると謳っているだけあって、50〜70ドルのワインのクォリティは 他のレストランより高いことは実感しました。 翌日友達に、「女性7人で ワインを5本を空けた」といったら、凄く驚かれましたが、約3時間半を掛けたディナーだったので、 良いペースで飲めたように 思っています。

1本目のワインは軽いジャブという感じで、 スペインのホワイトを選んだのですが、後味のスッキリした苦味がビーフ・カルパッチォのスパイシーさとマッチしていたと思っています。
でも私にとっては2本目のシャルドネがヒットでした。若いヴィンテージなので シャルドネ特有のバター風味が良い意味で控えめで、 塩味が効いたファッロ・ サラダとの相性が抜群でした。個人的には一番気に入ったお料理がファッロ・サラダした。
3本目のホワイトは、ベーコンの入ったパスタに合うということで ソムリエが薦めてくれたのですが、 ペアリングという点でも 合格点をあげるべきだと思いました。

メインと一緒に味わったキャンティは、3本薦められたレッド中で、唯一のイタリアン・ワイン。参加者の中にイタリア・ワインに詳しい方がいらしたので、 その方をインプレストできるか?というチャレンジと、55ドルという安めのお値段の割りには、 ソムリエがそれより高いレッドより押し ていたので オーダーしてみました。 口当たりが良くて、僅かに甘味があって、メインで頼んだ3皿(リブアイ、チキン、シーバス)にそれぞれマッチしていたと思いました。
最後のデザート2皿とチーズ・プレートと一緒に出てきたレッドは、ソムリエが「自分に選らばせてくれ」と言って、持ってきてくれましたが、きちんとデカントしてあったお陰で、まろやかなコンディションで味わえたように感じました。

あと、印象に残ったのはあのワイン・グラスです! Zalto/ザルトという会社の製品で、ステムが繊細で、ピカピカの美しいグラスでしたが、特に レッド用の大 きいグラスを気に入ってしまいました。ふと考えるとリーデルより高いグラス!
チャーリー・バードのお店全体の印象としては、ワイン・ラバーが是非とも訪れるべきレストランという感じ。 ワインを飲まない人が食事だけのために訪れるのなら、同じレベルのレストランは他にもあると思うのですが、 あの充実したワイン・リストが、あのワイン・グラスと、 あのお値段で味わえるというのは、チャーリー・バードの大きな魅力!

それと今回は、7人という微妙な人数だったのに、メンバー全員が凄く良い感じ でクリックしたのは嬉しいサプライズでした。 やはりその要因の1つにはワインを味わうという目的があったからかと思う次第です。
ワインが好きが集まっていると分かっている状況で、お料理だけでなく、 ワインを意識して味わうと、味覚だけでなく、知的欲求が刺激されるよ うな気がするのと、 同じペースで楽しく飲めるお食事仲間というのは、心が通い易いように思いました。
既にディナーの最中に、「このメンバーでまた集まりたい!」という意見で全員一致してしまったほど、 盛り上がったディナーだったのは、本当に主催者冥利に尽きました。 次回はお気に入りの1本を持ち寄って、バーべキューの予定ですが、既に日程も決まって、全員参加の予定です!
新しいお友達が出来ると、世界が広がって、楽しい思いが出来るので、 未だディナーに参加したことの無いメンバーの方にも、今後是非参加して頂きたいと思います。

- Yoko Akiyama, CUBE New York Inc. -



金曜日はご一緒できてとても楽しかったです!
Yokoさん、キャンティを選んでくださっと時に、私に配慮して頂いていたとは恐縮です。私は、イタリア・ワイン以外よくわかりませんが、 とはいえ イタリア・ワインも単に飲む機会が多いだけで適当というか、Yokoさんのほうが絶対詳しいと思っています!
すべてのワインがおいしかったので満足でしたが、1本目の白ワインとキャンティは特に好きでした。 お料理は、どれもワインとのペアリングで美味しかったです。 7人全員でワインを5本楽しめたのは嬉しいですし、皆さん、ほぼ同じペースで飲んでいたのも偶然というか、 初めてお会いした方でも 以前もご一緒したかのようなリラックスした雰囲気でとても楽しかったです。
今回は、夜のディナーの時間でしたが、アぺリティーヴォにワインを気軽に楽しむのもよさそうに思えたお店でした。 - M -



金曜は素敵な夜をどうも有難うございました。 美味しいワインに、美味しいお食事、初めてお会いしたとは思えないくらい、皆様と色々お話できて楽しかったです! こういう企画を思いついたYokoさん素晴らしいです☆
Yoko sanとソムリエの ワイン選びのキャッチボールが とても気持ち良く、彼もソムリエ魂をくすぐられたと思います:)
ワインも$50〜$70であのバリューは素晴らしいです。 いつも自分好みでカリフォルニアワインばかり飲んでしまいますが、色々試せて良かったです。

★ワイン
1本目の白 : スペインワインは美味しくないという私の偏見を覆したものでした。 とってもスッキリ、さっぱりの飲み口でしたが、本当ちゃんと美味しい余韻がお口の中で残りました。

2本目の白 : 王道のシャルドネ 私が一番好きなブドウです。  結構 Buttery, Nutty & Oakyな感じの重い?シャルドネが好きなのですが、さっぱりして飲みやすく、シャブリほど軽すぎなくという感じでこの季節にぴったりのシャルドネだった気がします。

3本目の白 : ごめんなさい 美味しかったのですが、印象があまり無かったです 初めの2本のインパクトが強すぎて・・・

4本目の赤 : キャンティも当たりはずれがあると思うのですが(私の場合、軽過ぎたなど、外すことが多い)、このキャンティは丁度良い重さの飲みやすさで、お料理の邪魔もしない、 無難なキャンティだった気がします。

5本目の赤 : Decantaしていましたが、あれはどちらのワインだったのでしょうか?既に楽しい気分になっていて、ワインにしっかり目がいってません。(笑) すみません。でも、しっかりしてるのに渋みも無いほどよ くFruityな美味しいワインだった気がします。

お料理とのペアリングという意味でも、お料理とワインが両方邪魔をすることなく美味しく頂けたので、全て絶好のペアリングだったと思います。 Yoko sanとソムリエの方の相性もバッチリでしたね:)
また、近いうちお会いできるのを楽しみにしております   - R - 



昨夜は楽しい夜をありがとうございました。 お会いした皆様も 美しく、楽しい方々で、 食べ物は美味しいし、ワインは進むし、最高でした! BBQ、とても楽しみにしております。ナルシッサとクロナッツの会、両方気になります。 もし また参加できるようでしたら宜しくお願いします。 - S- 



金曜日は皆さんにお会いできてとても楽しかったです。
レビューですが、先ずYokoさんがCubeNYのディナークラブの日程を占いで決められているのをお聞きしてビックリ!
Charlie Bird、良かったです。Yokoさんが選んでくださったワインはどれも本当に美味しかったです。白3本はそれぞれ素晴らしかったし、 キャンティは懐かしい香りでとっても美味しかったです。キャンティがあまりにも良かったので、正直最後にデカンタした赤あまり覚えてないのです。
お食事も美味しかったです。Yelpのレビュー通り、どれも塩味が効いていましたよね。 でもワインは進みましたよね。私はあまり生肉は食べないのですが、スパイシー・カルパッチョは美味しかったです。 それとファロ・サラダは珍しさもあって良かったです。パスタとシーバスは、残念ながらあまり印象に残っていないのですが、 お肉はチキンもステーキも美味しかったです。
アンビアンスは、セッティングはきちきちな感じでしたが、隣のテーブルの話がうるさすぎることなく、スマートな感じがしました。 ウエイターさんたちと、ソムリエさんがきびきびとして丁寧で気持ちよかったです。
ワイングラスの綺麗なのには本当に感動しました。ボトル5本を頼んであのお値段で上がったのはYokoさんのおかげです。 ワイン好きと女子会にはCharlie Birdお勧めですね。次回のディナークラブもぜひ参加したいです。 - K - 



素敵なお店を選んで頂き、ありがとうございました。曜子さんのおかげで、美味しいワインとお食事、そして楽しい会話を堪能することができました。
7人で5本のワインを開けたと聞くと、なんだかたくさん飲んだような印象を受けますが、 そんなに飲んだかな?というのが正直な感想です。 あんなにスイスイ飲めてしまうワインだったので、きっと全て上質だったのでしょうね。 その上 ワイングラスがとても繊細で、そのお陰でワインを更に美味しく味わうことができなのかなと思いました。

参加された皆さんとの会話も楽しく、曜子さんが仰っていたように、同じペースで飲んで食べられるメンバーとの 出会いはとても貴重でした。
金曜日と言うこともあり、帰る時間や次の日のことを考えないで楽しめたのも、個人的には良かったです。 - H -








ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー, フィードバック, ガト ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー, フィードバック, ロティサリー・ジョルジェット ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー, フィードバック, ボヘミアン

PAGE TOP