CUBE New York Dinner Club Feed Back
キューブ・ニューヨーク・ディナー・クラブ・フィードバック


ディナーのお申し込みをしていただけるのは、ニューヨーク在住の女性で、 ディナー・クラブへのご登録を頂いた方のみとなっています。 ご登録は無料ですので、未だ済まされていない方は、ここをクリックして 申し込み下さい。




The Clocktower/ ザ・クロックタワー


6 月 26 日(金曜日) 午後7時45分 定員4名






★ レストラン・プロフィール
ザ・クロックタワーは2015年5月中旬にオープンしたばかりの話題のレストラン。
同店が位置するのは、マディソン・スクエア・パークに面した 時計台で有名な メットライフ・タワー・ビルディング。 この中に有名ホテリアー、イアン・シュレーガーがオープンしたエディソン・ホテルのダイニング・アトラクションになっているのが ザ・クロックタワー。
イアン・シュレーガーが 同店の運営と経営を委ねたのが、今全米で最もホットなレストランターになりつつあるスティーブン・スター。 彼は古くはブッダカン、モリモト、そして最近ではアップランドハドソン・ガーデン・グリル等、ノンストップで話題のレストランをオープンし続けている存在です。




全88席、複数のダイニング・ルームとバー・エリアから成る ザ・クロックタワーのインテリアを手がけたのは、 ニューヨークならではのスペクタクルを演出させたら右に出る者は居ないといわれるデヴィッド・ロックウェル。
ランドマークになっているメットライフ・タワー・ビルディングのイメージに合わせた、 クラシックにモダンなツイストを効かせたインテリアでは、壁という壁に、50年代、60年代の古い写真の数々が1枚、1枚、 美しいフレームに入って飾られていて、ダイニング・ルームのそれぞれがレッド、ブルー、グリーンというテーマ・カラーでデコレートされています。

そしてここで料理の腕を振るうのは、イギリスのミシュラン・スター・シェフ、ジェイソン・アタートン。
今回がアメリカデビューとなるジェイソン・アタートンの料理は、コンテンポラリー・キュジーヌ。 今時、”新鮮な季節の食材を生かした料理”というのは聞き飽きたほど当たり前のコンセプトですが、 彼の料理にはアメリカ人シェフとは異なる、イギリス的な繊細なツイストがあり、 それが彼がミシュランから星を獲得する大きなポイントとなっています。



さらにザ・クロックタワーの大きなウリになっているのは、クラシック&コンテンポラリー・カクテルのラインナップや、 幅広いワイン・コレクション、さらにビールもローカルからグローバルまで充実したラインナップを見せています。

さすがにスティーブン・スターのレストランとあって、どんどんパブリシティを獲得している同店は、 オープン直後なこともあり、スタイリッシュなクラウドに溢れていることも伝えられているので、 お料理や雰囲気だけでなく、ピープル・ウォッチングも楽しめるスポットです。


The Clocktower
5 Madison Ave. (at 24th Street)
New York, NY 10010



Will New York 宿泊施設滞在



★ 参加メンバー・フィードバック ★ 

今回も失礼ながら主催者のフィードバックを先にさせていただきます。
クロック・タワーは、オープンしたてのレストランだったのですが、さすがに今乗りに乗っているレストランター、 スティーブン・スターが手がけているとあって、オペレーションもしっかりしていて、お料理も美味しくて、 大満足のレストランでした。
シェフのジェイソン・アタートンについてはミシュラン・スターをイギリスで獲得しているという以外、 全く予備知識が無かったのですが、シトラスの使い方が絶妙なシェフで、 雲丹のリゾットには柚子、ダックにはキャンディード・オレンジなど、全てのお料理に 味をリフレッシュする シトラスが用いられていて、アメリカのシェフとは違う一面を垣間見た感じでした。
それと、美味しいパンには目が無い私にとって嬉しかったのは、中から湯気が出る焼きたてのサワードウ・ブレッドが ホイップド・バターと一緒にサーブされたことで、参加メンバー全員で パンの美味しさに感動していた次第です。 でも そこで高まった期待感が全く損なわれること無く、最初から最後まで お料理は全て美味しくて、最後に出てきたキャンディ・ボックスの中身に至るまで、全て優秀でした。
もちろんお料理が美味しいと感じられるのは、一緒に味わう方達とのおしゃべりが楽しいからで、 今回も初参加の方と 以前ご一緒した方がいらして下さったのですが、 話題が多岐に渡っていて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

今後のディナー・クラブは7月の”アンタイトルド”の後は、9月のレストラン・オープン・シーズンまで お休みの予定ですが、その間も、既にディナー・クラブに参加して下さった方達を中心に B級やカジュアル・レストランのお誘いを差し上げる予定です。 ご興味がある方は Eメールでお知らせいただければ、ディナー・クラブ未参加の方でもご案内を差し上げます。

- Yoko Akiyama, CUBE New York Inc.



昨日のディナー、おしゃべりも、お料理も素晴らしくて、本当に堪能させて頂きました。
レストランは、壁一面にフレームが貼り付けられていて、クラシックな印象なんですが、それでも どこかモダンな、素敵な空間で、 レストランに足を踏み入れた途端に期待が高まったのですが、まず出てきたパンとバターに大感激。 あのパンはレストランで焼いているのでしょうか?
その後に出てきたスパイシーなビーフのタルタルや、雲丹のリゾット、サラダ、ラム、ダックと 立て続けに質の高いお料理が出てきて、シェフの腕前を十分に味わいました。 加えて楽しかったのが皆さんとのお話で、特にYokoさんの風水のレクチャーは分かりやすくて、 全く風水の知識が無かった私も、勉強してみたいという気持ちになりました。 早速、教えて頂いたことを家で実践しましたが、何と無く雰囲気が変わって、とても良い感じで、 「ちょっとしたことが大切」とおっしゃったYokoさんのお言葉が良く分かりました。 次回のレクチャーの時は是非うかがいます。
皆さんとも、またお会いできるのを楽しみにしています。
- K -






Yoko様、 皆様
初めて参加したディナー・クラブでしたが、予想した以上に楽しい時間をすごさせて頂きました。
レストランは、ホテルの入り口で行き方を訊いたら、エレベーターではなく、階段で行くように言われたので、 ヒールを履いて、息を切らせて階段を上っていったので、本物の時計台みたいな演出のレストランなんだと思いました。 レストランの手前のバーは、紫色のビリヤード・テーブルがあって、とってもファッショナブルな感じだったんですが、 その奥のダイニング・ルームも 額が一杯飾られた、素敵なインテリアでした。
お料理は、全て美味しかったですが、私はオレンジの風味が効いていたダックの美味しさと、 あと柚子を使った雲丹のリゾットが特に気に入ってしまいました。 デザートのピスタチオのスフレも、ふんわりして、美味しかったです。
Yokoさんが選んでくださったシシリーのワインが、全てのお料理と絶妙のマッチで、 これがいつもディナー・クラブの皆さんがフィードバックに書いていらっしゃる Yokoさんのワイン・セレクションかぁ〜と思って、何となく感激してしまいました。 Kさんがお引越しをしてから、あまり良いことが無いということで、Yokoさんが風水のレクチャーを してくだっさったのも、とても面白かったです。 独学で勉強されたそうですが、いろいろなことをご存知で、しかもとっても分かりやすく教えてくださったので、 とてもためになりました。
皆で、なるほど!とうなってしまうお話が一杯でしたが、その他にもペットの話や、ニューヨークのレストランの話など、 初対面の方達とこんなにお話が弾むと思わなかったので、最初は緊張気味だったのですが、本当にディナーが楽しめました。
またディナー・クラブに参加したいと思いますし、また皆さんと別機会でお会いするのも楽しみにしています。
- M -





昨夜のディナークラブ、ありがとうございました。 レストランやシェフについては何もしらないまま参加してしまったのですが、 お料理は全て素晴らしくて、ワインも美味しくて、お話も楽しくて、非常に楽しいディナーでした。
皆さん、職業も、バックグラウンドも違うのに、いきなり以前からお友達だったみたいにお話できる 気さくな方ばかりで、しかも話題も豊富で、その場に居るだけでとっても刺激になりました。 あと、皆さんお洒落な方ばかりで、やっぱりニューヨークでお仕事をしたり、活躍している女性って 素敵だなぁと思いました。
お料理で私が好きだったのは、ビーフのタルタルと、リゾット、あとラムのお肉が柔かくて、 付け合せのお野菜に至るまで美味しかったです。 あと、YokoさんやKさんも書いていらした通り、パンとバターが凄くおいしくて、 あのパンとバターと Yokoさんが選んでくださった赤ワインだけでもご馳走という感じでした。
ホイップド・バターって、今まで買ったことが無かったんですが、美味しかったので 今度フェアウェイで探してみようと思っています。
デザートのスフレも、ソースではなくて アイス・クリームを中央入れて食べるのが新鮮で、それがまた美味しくて、 一皿一皿、とっても幸せな気分で味わいました。
私はレストランに疎いので、きっとディナー・クラブに参加しなかったら、クロック・タワーというレストランの存在さえ知らなかったと思うので、 とても良いグルメな体験に恵まれて嬉しく思いました。 また皆さんとお会いするのを楽しみにしています。

- S -



Shopping

ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー, スケジュール 5月17日、サンティーナ ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー, バワリー・ミート・カンパニー ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー, アップランド

PAGE TOP