CUBE New York Dinner Club Feed Back
キューブ・ニューヨーク・ディナー・クラブ・フィードバック


ディナーのお申し込みをしていただけるのは、ニューヨーク在住の女性で、 ディナー・クラブへのご登録を頂いた方のみとなっています。 ご登録は無料ですので、未だ済まされていない方は、ここをクリックして 申し込み下さい。




Reynard /

レイナード
12月13日(土曜日)





今回はディナー・クラブ初のブルックリン・ロケーションで、ディナーではなく、ブランチ。 そして今回は、Cube New Yorkで不動産コラムを担当してくださっている村松京子さんの オープンハウス・ツアーとのジョイント・イベントというスペシャル企画行われました。
今最もトレンディかつ、不動産価値が上昇しているウィリアムスバーグのオープン・ハウス、2軒に出かけた後、 ウィリアムスバーグのヒップなブティック・ホテル、Wythe Hotel/ワイズ・ホテル内のレストラン、 Raynard / レイナードでブランチというスケジュールでした。





★ レストラン・プロフィール ★ 

レイナードはフード・ブロガーによって、ロベルタ同様にブルックリンのベスト・ブランチ・スポットに選ばれているレストランで、 ヨーロッパの田舎町のホテルに居るようなラスティックなインテリア。 客層も ウィリアムスバーグらしいのヒップでクールなブルックリンナイト達で、大人の趣のスポットです。
ホテル自体は、マンハッタンのミッドタウンにあるエース・ホテルに似ていると指摘されることが多く、 宿泊客もヒップスター系と言われています。



ブランチ・スポットとしても、ディナー・スポットとしても人気があるレイナードですが、 ランチ・メニューでもディナー・メニューでも人気となっているのが、ハンバーガー。 これは、キャラメライズド・オニオンと、グリーエール・チーズのオプションをつけて味わうのが正しい食べ方で、 ランチでも、ディナーでも、ブランチでもオーダーが可能なアイテム。
ブランチ・メニューで人気なのは、フライドチキン・サンドウィッチ、エッグ・ベネディクト、ダッチ・パンケーキ。 スウィートなブランチを好む場合は、洋ナシとリコッタ・チーズのパンケーキがお薦めです。
ランチ、ディナー、ブランチとも、一部のシグニチャー・メニューを除いては、季節や食材に合わせて メニューが替わるので、何度訪れても新しい発見があるレストラン。 ワイン・リストはリーズナブルな価格で、サービスもフレンドリー。
一日のうちの、何時訪れても、それぞれに魅力のあるレストラン。地元のブルックリンナイトにも大人気のスポットです。

Reynard @ Wythe Hotel
80 Wythe Ave. Brooklyn, NY 11249
Tel:718-460-8004
Website: http://reynardnyc.com/



★ オープンハウス・スケジュール by 松村京子★ 

今回は、当日の気温が低かった場合に備えて、あまり寒い中を歩かないようにと控えめにスケジュールを組みました。
1軒目の物件は、待ち合わせ場所であるベッドフォードの駅から 徒歩5分ほどの 55 Berry Street (写真下)。 ちょっと値段が高めですが、評判の良い安定したビルで(ファイナンシャルやマネジメント等)、 このビルを基準にウィリアムスバーグの不動産 の価格を知ることができるかと思います。



2軒目の物件は、そこから更に徒歩で5分以内のところにある、135N 11th Street (写真下)です。
ここはホテルに併設されたコンドで、住人はホテルのアメニティが利用できるという利点があります。2週間ほど前までは、3軒の物件が売りに出ていたのですが、 今週はその中で最も階の低い3階しか残っていません。



これらの物件のオーナーの98%は若者です(笑)。みんな不思議にお金を持っていて、不思議な商売をしてる人が多いところです。 1時半のブランチの予約までには、ゆっくりと物件やネイバーを見て回れるスケジュールになっています。

Will New York 宿泊施設滞在



★ 参加メンバー・フィードバック ★ 

今回も失礼ながら主催者のフィードバックを先にさせていただきます。
一軒目の 55 Berry Streetは、さすがに$1.4ミリオンの物件とあって、ワンベッド・ルームのアパートとしてはかなり大きい1100スクエア・フィート。 現在のテナントの家具が入っていた分、イメー ジが描き易かったですが、せっかく窓が大きいのに、隣の建物が間近に見えるだけというのは残念でした。 あとクローゼットが小さくて、私が住むのは無理です。でもロビーとジムの改装が終了したら、キッチンも広いですし、天井も高いので、とても魅力的 な物件だと思いました。
でも個人的にはサイズは小さくても135N 11th Streetの方が、キッ チンとバスルームがモダンで、金が掛かっていて好みでした。 インテリア・デコレーショ ンを上手くやると、空っぽの状態で見るよりもずっと広く見える物件だと思います。 とは言っても自分で住むより、投資物件として魅力があると思った次第です。 実際、私達を案内してくれたダグラス・エリマンのエージェント嬢も、私が日本 人のせいか、投資物件を探していると思っていたようでした。
この物件は、クリエイティブ系の仕事をしていて、自宅で過ごす時間が短い若い層の1人暮らしをテナントにするには、 最適のサイズとアメニティだと思いましたし、バスルームに扉が2つあって、リヴィングからもバスルームからも直ぐにアクセスできるという間取りも工夫されていました。 サイズは小さくても、アパート内にランドリーとドライヤーがあるのも魅力でした。
135N 11th Streetのロケーションはワイズ・ホテルのレイナードまで歩いて直ぐでしたが、近隣には他にも沢山良いレストランやテイクアウト・スポット、ヨガ・ス タジオな どがあって、マンハッタンに行かなくても十分生活できるとのこと。やはりウィ リアムスバーグは、ルックスが良いブルックリンナイトが多いようで、 レイ ナードの客層はこれまで出掛けたブルックリンのレストランの中で、一番良かっ たように思います。 ダイニング・ルームもブルックリンと いうよりヨーロッパ という感じのシックさでした。
そのレイナードは、ブランチの割りにはお料理が出てくるまで 待たされましたが、会話に花が咲いていたのでさほど気になりませんでした。 私はSさんとハンバーガーとダッチ・パンケーキを半分ずつシェアして味わいましたが、バーガーはお肉は美味しくてもパンがイマイチ。 ダッチ・パンケーキは、中央にチーズとハムが乗ったペストリーみたいなもので、かけてあったメイプル・シロップに肉の味がして、 すき焼きのタレがのような味でした。 このパン・ケーキは、レイナードのブランチ 名物とあって悪くなかったです。
でも私にとってのレイナードのヒットは、ウェイターさんが特別にくれたクロ ワッサンで、これは非常に美味しかったです! 総勢8人だったので、セミ・プライベートのようなエリアでブランチが出来たの も良かったと思います。
また来年も、様々なレストランでのディナー・クラブを計画しますので、今年ご参加いただけなかったメンバーの方も、是非ご参加いただければと思います。

- Yoko Akiyama, CUBE New York Inc.







昨日は不動産のエデュケーションをして下さり有り難うございました。
ベッドフォード駅も分からない初心者でしたが、ブルックリンの住宅街はちょっとトライベッカのような雰囲気。 案内して下さったアパートは広さもあり、新しくキレイ! アメニティも充実して、若い、おしゃれな感じが新鮮でした。

ブランチは、お料理が出てくるまで、長ーく待たされ、皆さんと楽しくお喋りしていなかったら 文句を言う手前でした。 オーダーしたハンバーガーはお肉は美味しかったのですが、パンが冷たくドライでがっかり。 ダッチパンケーキの方が珍しくて、ベターでした。 それでもウェイターがとても感じ良く、客層もおしゃれで、ブルックリン・エクスペリエンスとして良かったです。
有り難うございました。 また近々肉会行きましょー! -S-



Yokoさま、今回も楽しいDinner Clubの企画ありがとうございます。
京子さん、敷居が高すぎて近寄れないような物件を案内していただきありがとうございます。大変勉強になりました。
アメリカ生活はもっともっと長いですが、NYで生活を始めて10年以上経つのに、植物園でお花見をする以外はなかなか行かなかったBrooklyn。 ここ数年、友人を訪ねる為に結構Brooklynを行くようになり、今年はコニー・アイランドにもデビューしました。NY生活を始めた頃にDUMBOに Jack Torresのチョコレートができ、当時の日本の彼にチョコレートを送りたくて行ったのですが、当時は人気なお店なども無くて怖かったBrooklyn。 月日は流れ、だんだんお洒落になって、今ではその一部がマンハッタンの一部の家賃が高くなったそうで…。
そんな中でも、早くから注目を集めていたウィリアムバーグの物件を(購入資金&予定がなくても!)無料で案内していただるという企画、 是非と思って参加させていただきました。 一件目の物件は現在のテナントの家具が入った状態で、日当たりもよく広々として素敵なアパートでした。 しかしお値段は1.4ミリオン…。 そして、その後の約0.9ミリオンのアパートは、家具はなく、前の物件と比べるとかなり狭くなり、間取りも悪い…。 しかしメインテナンス・フィーや税金がものすごく安かったり、プールもある。 うーむ。 しかし私に手が届く物件は…? お金稼ぎと無駄遣いを止め賢く生きるという目標設定!

ブランチは一度は行ってみたいと思っている地元ビールのBrooklyn Breweryの工場のお向かいで、お隣のテーブルとの距離もあり天井も高く広々とした空間で、郊外に来ている感じでちょっと観光気分になってしまいました。 ブランチだったのですが、定番メニューPlus alphaという感じ。初めて食べたDutch Pancakeは、Popoverのようで好みの食べ物。 早速レシピを探して今日のお昼に作ってみました。ハンバーガーもお肉が美味しかったです。 Dinnerも期待大で、またリピートしたいレストランでした。
今回も素敵な皆様と楽しい時間を過ごさせていただき大満足です。 ありがとうございました。 -S-



土曜日はとても楽しかったです。短いですが、簡単に感想を送らせていただきます。
不動産ツアー
個人的には1件目が気に入りました。物件を見るいい機会でしたが、それ以上に 松村さんや、 エージェントとから 色々と普段聞けないようなお話が聞けたことが何よりの収穫でした。 特にブルックリンで物件を探しているわけではないのですが、今流行りの場所の物件を見ることで、ニューヨーク全体との比較ができて良かったです。
レストラン
ブルックリンならではの 天井の高い、広々したスペースで、テーブルの間隔がゆったりとしているのが気に入りました。 バーガーを頼んだのですが、キャラメライズド オニオンがとてもいいアクセントで美味でした。 付け合わせのフレンチフライもカリッとしていて、少々塩味がきつくはありましたが、美味しかったです。 メニューの他のものも美味しそうだったので、ぜひまた来たいです。 -E-



土曜日は、オープンハウス・ツアーとブランチのアレンジありがとうございました!
ブルックリンのウイリアムズバーグは、日本のガイドブックなどにも載っている人気のエリアですし、是非行ってみたいと思っていたので、 この機会に皆様とご一緒できてとっても嬉しかったです。 オープンハウスで見せていただいた物件は、どちらも魅力的な物件で、とても参考になりました。 特に一軒目の物件は天井の高さと、機能的な間取りがとてもよかったと思います。 料理好きな私としては、キッチンがとても気になるのですが、どちらの物件も素敵なオープン・キッチンでしたので、こんなキッチンでお料理したいな〜 と思いました。

ブランチのレイナードは、お洒落な雰囲気のお店でしたが、私のオーダーしたスモーク・トラウトが、アメリカとは思えぬ小さなポーションだったので、少しがっかりでした。 ちょっぴりのグリーンに小さなスモークトラウトが3切れ、ビーツが少し…。しかもパンなども付いていなかったので、 ブランチとして満足できるような物とはほど遠かったです。他の方がオーダーしていた、バーガーやエッグスベネディクトなどは、 アメリカンなサイズでとても大きかったので、他の物を頼めばよかったと思って、後悔してしまいました。 お料理は残念でしたが、皆様との会話はとても楽しかったので、良いブランチの時間を過ごす事が出来ました。
行ってみたいと思っていても、なかなか行く機会のないオープンハウスなので、とても勉強になる良い企画でした! 是非またこのような企画があったら、参加させていただきたいです。 本当にありがとうございました。 -N-





ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー,  11月7日、アテラ ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー,  10月27日、マータ ディナー・クラブ, NYエリア在住女性交流ディナー,  10月8日、ダーティー・フレンチ

PAGE TOP