Jump-Start Your Metabolism in 3 Steps
ウェイト・ロスの鍵を握る
メタボリズムをアップさせるための3ステップ



人間のエイジングは20歳の時からスタートしているけれど、 エイジングと共にスローダウンするのがメタボリズム。
そしてメタボリズムはカロリー消費の効率に密接に関わっているものなので、 メタボリズムが下がれば、体重が増える、努力してもなかなか痩せないという状況になるのは 既にダイエットの分野では誰もが認識する事実。

一般的な女性を25歳と35歳で比較すると、1日に燃焼するカロリーはこの10年間で 100カロリー・ダウン。そして35歳と45歳を比較すると、やはり1日にボディが燃焼するカロリーは100カロリー・ダウンするとのことで、 25歳と45歳を比較すると、1日中、部屋の中でじっと過ごしていても、燃焼できるカロリーに200カロリーの差が出るという。
加えて25歳と45歳では、1日運動量も通常、25歳の方が多い一方で、食事の量はと言えば さほど変わらない、もしくは45歳の時点の方がカロリーの摂取量が多いことも珍しくないのが実情。
なので、年齢を重ねれば体重が増えるという自然のフォーミュラが出来ていることになるけれど、 エイジングと共にスローダウンしたメタボリズムは、ライフスタイルや食事で、比較的無理なく スピードアップすることが出来るもの。

逆にメタボリズムを年齢以上にスローダウンさせるのは、寝不足、糖尿病、うつ病治療薬の摂取、 過激なダイエット、筋肉の衰えといった要因が指摘されています。

ダイエット&ヘルスの専門家が指摘するメタボリズムをアップさせるテクニックとしては、 「メタボリズムのアップさせる食べ物を、メタボリズムのアップさせる方法で食べる」、「定期的なエクササイズ」、 そして「水分補給」の3ステップが挙げられていますが、以下に紹介するのは その3ステップを実践する際のポイント。



まずメタボリズムをアップさせるフードと、その食べ方のポイントは以下のとおり。






メタボリズムをアップさせるためのエクササイズのポイントは以下のとおり。






さらにメタボリズムのスピードアップに欠かせないのが水分補給。 以下がそのポイント。






ちなみに、メタボリズムをアップさせるのに有効な野菜はアスパラガス、ブロッコリ、カリフラワー、セロリー、レタス。 その他、緑茶、ターメリックもメタボリズムをアップさせ、脂肪を燃焼させるとして知られていますが、 それと同時に、シナモン、ミント、生姜はメタボリズムをアップさせるだけでなく、食欲を抑制するスパイスとして知られています。


CUBE New York では、安全かつ 効果が上がり易い ダイエット・プロダクトを リサーチして ご紹介しています。
プロダクトに関するご質問は カストマー・サーヴィス まで お問い合わせください。








PAGE TOP