Searching for Perfect Sleep...
Cost Him More Than Half Million Dollers

入眠&目覚めの改善、いびき対策で究極の眠りの追及! 
今アメリカで話題の2つの快眠プロダクト

Published on 11/7/2017




健康や体重の維持、集中力や決断力のためにもしっかりとらなければならないのが睡眠。
それだけにアメリカは、ピロー、マットレスに始まって、ありとあらゆる快眠グッズが史上に溢れていますが、 以下に紹介するのは、いずれも登場したばかりにも関わらず、大ヒット、大評判となっているプロダクト。
それぞれにユニークで、入眠&目覚めの改善、いびき対策といった眠りの問題を解決してくれる優れものです。


Smart Nora / スマート・ノラ


夫婦が同じベッドに眠るアメリカでは、いびきが離婚の原因にさえなっていますが、 いびきは隣で眠る伴侶の睡眠を妨げるだけでなく、 いびきをかいている本人にとっても健康的とは言えないもの。
これまでにもいびき改善グッズは、多数登場してきましたが アメリカで10月末に売り出されたばかりにも関わらず、既に全米で完売状態となっているのが、ここにご紹介するスマート・ノラ。 これまでのいびき改善グッズのように、身に着けるものではなく、センサーとピローシートでいびきを改善する新しいコンセプトが用いられているとあって 大きな話題になっています。



スマート・ノラのテクノロジーは至って簡単なもの。そもそもいびきとは、人間が眠りに落ちると首と喉の筋肉が緩んで 呼吸による空気の流れの経路を塞ぐため、 呼吸をする度にその緩んだ筋肉が空気の流れでバイブレーションを起こしているノイズ。 ノラは、センサーがいびきを察知した途端に、枕の下のピロー・インサートに空気が送り込まれて、眠りを妨げない程度に首の角度が変わることにより、 首と喉の筋肉が緊張を取り戻すので、呼吸経路のブロックが取り除かれて、いびき無しの普通の呼吸が可能になるというもの。
センサーが素早くいびきを察知して、ピロー・インサートを稼働するので、隣で寝ている人が目を覚ます前に いびきが抑えられるのに加えて、眠っている本人も睡眠中に十分な酸素が取り込めるので、快眠が得られるというのがこのグッズ。
眠るポジションに関わらずいびきが防げるのもスマート・ノラが優秀な点で、既にこのガジェットによっていびきをかかなくなったという人々がYouTube上で、 レビューをアップしていますが、いびきをかかないことで 伴侶の迷惑にならなくなっただけでなく、本人の眠りのクォリティもアップしたことがレポートされています。
以下はそのスマート・ノラについて説明したビデオ。英語ですがビジュアルでもプロダクトの詳細が良く分かります。
スマート・ノラのお値段は税込みで約330ドルと決してお安くはないですが、体調をくずしたり、離婚訴訟になることを思えば 安価な投資と言えるかもしれません。
CUBE New Yorkではスマート・ノラのお取り寄せを行います。 カストマー・サービスに見積もりをご請求下さい。







AromaTime / アロマタイム


アロマタイムは、アロマセラピーによって入眠と目覚めを改善するウルトラソニック・デフューザー。
朝の目覚めの時間、夜の入眠時間の1時間前から、 それぞれの時間帯に合わせたアロマをデビューザーから発することにより、 スッキリした目覚めと、くリラックスした入眠をもたらすのがこのガジェットです。



アロマタイムの内側はイーストとウエストという2つのタンクに別れていて、朝の日が昇るイースト側に目覚めに適したアロマ・オイルを、 日が沈むウエスト側に入眠に適したアロマ・オイルを注いで、 前述のように朝の目覚めの時間、夜の入眠時間のそれぞれ1時間前にタイマーをセット。 すると朝は自然な目覚め、夜は心地好い入眠に導いてくれるというのがこのコンセプト。
同じアロマで目覚めと就寝の習慣をつけると、徐々にそのアロマを嗅いだだけで、身体が条件反射的に目覚めと就寝の体制に入るようになることが レポートされています。
キューブ状のモダンなデザインも魅力で、スタイリッシュなインテリアにもマッチするルックスも従来のアロマセラピー・グッズとは異なる点で、 ファッション&デザイン業界のプロフェッショナルの間で 既にもてはやされているグッズです。
お値段は税込みで約220ドル。以下のビデオでその詳細をご覧いただけます。
CUBE New Yorkではアロマタイムのお取り寄せを行います。 カストマー・サービスに見積もりをご請求下さい。






Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan


cecconi in dumbo キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP