Miracle Second Skin Makes You Look Much Younger for 24hr!?
ローションでクリエイトする2番目の肌 !?
一流の研究機関が絶賛&期待を寄せるアンチエイジング・プロダクトとは?



5月上旬に大きくメディアで報じられたのが、MIT(マサチューセッツ工科大学)のサイエンティストが、 老化した肌のシワをドラマティックに改善して見せるプロダクトを開発したというニュース。
これはMITのケミカル・エンジニアリング部門が開発したもので、 見えないバリアを肌の表面に構築し、そのバリアが肌をスムースにしながらシワを改善し、 肌を様々な外的環境からプロテクトするだけでなく、エクゼマ(湿疹)を治療する役割も担うというもの。 加えて副作用も殆どないことがレポートされているのだった。

この肌の表面のバリアは250%ストレッチするため、一度プロダクトをアプライして、肌の上にバリアがセットされると 顔の表情を変えることによって 顔の筋肉を動かしても バリアにシワや歪みができることはなく、 まるで本人の肌のように肌にぴったり装着するとのことで、 現時点でこのプロダクトが”XPL” というMITが発表した 正式名称よりも ”セカンド・スキンXPL” とよばれている理由もそこにあるのだった。
ちなみに、写真下はMITがプレスに公開したXPLのバリア。 一見 薄く透明のバリアを剥がしているように見えるけれど、 これは、肌の表面にできたバリアを引っ張って その伸縮性をアピールしている写真なのだった。






聞いただけで、多くの人々が飛びつきたくなるプロダクトではあるけれど、 未だ開発段階。しかも現時点ではその効果の持続は1日。 人によっては24時間以上とも言われるものの、 時間の経過で肌が元に戻ってしまうため、スキンケア・プロダクトというよりは アンチエイジング・プロダクトと見なされているのが実情。
写真上はテスティモニアルとなった女性であるけれど、 ”XPL”をアプライした左側の 目の下のシワと肌が大きく改善されているのは見て取れるとおり。
改善されているのはシワだけでなく、肌に張りと弾力も もたらされており、 それを立証するのが以下のビデオ。
同じテスティモニアルの女性の目の下の皮膚をつまんでからリリースしているけれど、 ”XPL”をアプライした側の肌は、その張りと弾力のお陰で 3秒後には元通りになるのに対して、 右側の”XPL”をアプライしていない方は、3秒が経過しても指でつまんだ跡が皮膚に深く残っているのだった。



写真下は、ビデオの映像から拾った比較映像。





写真上は”XPL”をアプライしていない側の目の下の肌とアプライした側の目の下の肌でシワの深さを 肌の断面図で比較したもの。”XPL”のバリアが肌の表面をスムースにして、 シワのくぼみを殆どなくしている状態が見て取れます。




”XPL”のダウンサイドと人々が指摘するのが、効果が約24時間しか持続しないこと。
これをシンデレラのドレスや馬車が時計の針が12時を指した途端に魔法が解けて、元通りの姿になる様子に 例えるメディアも見られるものの、 同プロダクトをサポートする人々は、「女性がメークによって美しく見えたり、スパンクスをドレスの下に着用してて 引き締まったウエスト&ヒップアップを演出するのと同じ」という意見。
果たして、朝起きた時のノーメークの顔が メークをした顔と全く違うのと、 同じ顔でも10歳以上年老いて見えるのでは、どちらがショッキングかは別として、 研究チームでは、この効果を持続させるべく改善を試みているとのこと。
したがって、”XPL”が実際にアンチエイジング・プロダクトとして購入できる時点は、 ”シンデレラ・ダメージ”をさほど心配しなくても良いかもしれないのだった。


Shopping

トラベル・ベストドレッサー Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, グルメ・カジュアル・スポット

PAGE TOP