Cosmetic Surgeon Reveals The Popular Celebrity Face Parts!
美容整形医が明かす、
クライアントが理想とするセレブリティのフェイス・パーツとは?

Published on 12/13/2016


美容整形の世界では、今も昔も女性たちが憧れるセレブリティの写真を持参して、 「こんな目になりたい」、「こんな鼻の形にしてほしい」と施術の希望をドクターに伝えるのが常。
そのセレブリティの顔ぶれは、時代に応じて変わっていくのはもちろんのことですが、 ここにご紹介するのは、過去10年に渡って最も美容整形医に訪れる女性たちが 理想とするセレブリティのフェイス・パーツ。
その理想パーツをつなぎ合わせると写真上の顔となりますが、 具体的にどのパーツがどのセレブリティから来ているかは以下の写真の通りになります。



誰かに似ているという印象の顔ですが、具体的な部位を見てセレブリティを識別できる人はあまりいないのが実情。 それよりも個々のセレブリティの顔写真を眺めた方が、それぞれのフェイスパーツを理想とする女性が多い理由が納得できます。



写真上は、左より、アイブロウ/ジェニファー・ロペス、目/キーラ・ナイトレイ、鼻/ケイト・ミドルトン。
ジェニファー・ロぺスのアイブロウは、きちんと手入れされて実現しているものですが、この眉のラインを生み出すために、 アイブロウ・リフトを行う人が多いとのこと。
キーラ・ナイトレイは目の印象で美貌をアピールしていると言われる存在だけに、女性たちがこの目にあこがれるのは納得といったところ。
ケイト・ミドルトンの鼻はどちらかというと庶民的なシェイプですが、形が整いすぎた鼻だと美容整形をしていることがすぐにバレてしまうので、 あえて鼻筋を通しすぎないようにするのが昨今のナチュラル・トレンドの1つになっています。


写真上は、左より、唇/ペネロペ・クルズ、あごのライン/シェール、おでこ/マイリー・サイラス。
ペネロペの唇は、厚すぎず、薄すぎず、適度なボリュームがあってナチュラルな印象が賞賛されるポイント。
シェールのあごのラインは、女性だけでなく、ゲイ男性や性転換をした女性の美容整形のモデルになっているとのこと。それほどまでにLGBTコミュニティに支持されているのがシェール。
マイリー・サイラスは、若くて肌がきれいなところが美しい額をアピールしているポイント。以前ロングヘアだった時代は、前髪を下していたので、 額が目立ちませんでしたが、昨今は写真上のような顔をオープンにしたヘアスタイルが多いため、その生え際のラインの美しさをアピールしています。




写真上は、左より、チーク/アンジェリーナ・ジョリー、肌/リース・ウィザースプーン、あご/セリーナ・ゴメス。
アンジェリーナ・ジョリーは顔の皮膚が薄いものの、チークボーンのおかげで頬のボリュームが保たれている存在。
リース・ウィザースプーンの肌の色は、そのブロンド・ヘアと理想的なコントラストを見せるピンク・ベースのベージュ。顔の輪郭のせいで、肌がのっぺりとスムースに見えるのも 女性たちがあこがれる理由。
セリーナ・ゴメスは、この顎が無かったら丸顔で、顔の印象が変わっていたとも指摘されますが、はっきりした顔立ちも彼女のくっきりした顎を 引き立てているポイントとなっています。

やはり女性達が憧れて、美容整形医に写真を持参するセレブリティは、 顔の部位だけでなく、全体的に美しいのは言うまでもないこと。
彼女らを美しく見せているのは、個別のパートよりも全体のバランスや雰囲気ですが、 それでも特定の部位に女性の視線が集まるのは、それぞれの女性が感じている顔の部位のコンプレックスが繁栄されたもの。 目にコンプレックスがある女性は、常に理想的な目をしたセレブリティに憧れ、 唇にコンプレックスがあれば、理想的な唇のセレブリティのフォトを見つめる時間が長くなります。
でも必ずしもセレブリティの顔において理想的なフェイスパーツが 個々の女性の顔においても パーフェクトであるかは 別問題だというのが美容整形医の意見となっています。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

taylor Swift Change of her face Airbnb Horror Story in NYC キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子,

PAGE TOP