How much it costs to look like the Kardashians?
キム、カイリー、ブルース=ケイトリン、
カダーシアン&ジェナ・ファミリーの美容整形コストは?




2016年1月4週目にソーシャル・メディア上でヴァイラルになったのが、写真上のキム・カダーシアンのインスタグラム・ショット。
この時点で、妊娠で増えたウェイトを落とすためにアトキンズ・ダイエットに取り組んでいる真っ最中のキム・カダーシアンであるものの、 頬骨の横幅が細くなって、頬からアゴにかけてのラインが若干ふっくらして、鼻が少し上向いたのに加えて、唇にボリュームが加わった顔が これまでの彼女の ”濃くてシャープな顔”とは異なるため、 ネット上で流れていたのが、キムが出産後、暫しソーシャル・メディアのアップデートをしなかった間に再び整形手術をしたのでは?という噂。

でもそれが彼女のイメージダウンになるということはなくて、それというのもカダーシアン・ファミリーは、 母親、腹違いの妹たちも含めて美容整形でルックスをアップグレードしていることで知られる存在。 その違いは、様々なメディアで指摘されているので、今更新たな美容整形をしたところで 大きなニュースにはならないのが実情です。
これを受けてメディアがリサーチをしたのが、カダーシアン&ジェナ・ファミリーのようなルックスになるためには、 一体幾らの美容整形コストが掛かるかというリサーチ。
以下は、そのコストのリサーチ結果ですが、 ビバリーヒルズ、マイアミ、ニューヨークのセレブリティが通う美容整形医は、 保険が利かないのはもちろんのこと、パパラッツィにスナップされないための専用の出入り口、 最新の施設や、最高のアメニティを誇るサロンなので、実際のコストは以下に列挙されている価格の4〜5倍。
したがって、以下のプライスは庶民的なサロンで、カダーシアンの美を追求するためのコストとして 参考にすることをお薦めします。
ちなみに、アメリカの美容整形医の元には 豊胸手術、ヒップのエンラージメント、顔の美容整形も含めて、 カダーシアン&ジェナ・ファミリーのメンバーの写真を持参する人々が増えているとのことで、 特に過去数年増えているヒップのエンラージメントは、美容整形の世界では”カダーシアン効果”とさえ呼ばれています。


キム・カダーシアン


キム・カダーシアン の顔で最も変わっているのが、髪の毛の生え際をアップさせて額を広くしていることで、 ライノプラスティ(鼻の整形)に顔の洗練効果も大きいのが彼女。
ボトックスや唇、頬へのフィラーの注入、コスメティック・デンタル、顔と全身のレーザー脱毛が行われ、 ピーリング・セッションは年に2回のペース。 全身から少しずつ脂肪を抜き取るライポサクション(脂肪吸引)を行っており、 太腿の外側&内側、二の腕、ウエストライン(サイドと下腹部)ヒップの丸みの下の太腿の付け根 などから脂肪細胞を吸い取ることによって、ウェイトが増え易い彼女ながらも 余分な場所に脂肪が付かないように調整されています。
また豊胸手術、ヒップのインプラントも行われていて、ヒップについてはライポで吸い取った脂肪を 注入することによって、シリコンなどを遣わない手法を用いて、”ナチュラル”を謳っていると言われるのが彼女。
また太腿、腕のセルライト・トリートメントも行われ、 目のシェイプにも手が加えられています。
彼女のメークオーバーコストは、420万円〜500万円と見込まれています。


コートニー・カダーシアン


写真左は2007年のコートニー。キム同様に、髪の毛の生え際をアップさせて、額を広くして顔のプロポーションを 変えているのに加えて、顔全体、首、デコルテのレーザー・トリートメント、眉のインプラント、ライノプラスティ(鼻の整形) 目の下のフィラー、額、目じり、眉間のボトックスが注入されています。
定期的な、ピーリングとマイクロダーマブレーション、クールスカルプト、顔と全身のレーザー脱毛、 胸の豊胸手術、コスメティック・デンタルの費用などを含めて、約360万円を投じた メークオーバーが行われています。



クロエ・カダーシアン


2015年に大幅な減量に成功して、身体だけでなく、アゴのラインがスッキリしたクロエ・カダーシアン。 写真左の2007年の時にクビやデコルテに見られたホクロやしみがレーザーで全て除去されていますが、 彼女は顔全体にも数回のレーザー・トリートメントと、マイクロ・ダーマブレーション、顔と全身のレーザー脱毛を行っているとのこと。
鼻もライノプラスティ(鼻の整形)で スッキリしたラインになっているのに加えて、 唇と頬にフィラー、顔全体にボトックスが注入されているのが見て取れる彼女ですが、 目元にも若干のメスが入って、よりセクシーな視線が演出されているとのこと。 また控えめなブレスト・インプラント(豊胸手術)でバストラインのアップが図られています。
クロエのメイクオーバーのコストは、410〜450万円と見積もられていますが、 昨年の減量前に若干のライポサクション(脂肪吸引)を行っていたと指摘する声もあり、 もしそうだとした場合、コストが100万円前後アップします。


クリス・ジェナ


このところ、メディアに登場する回数が増え、離婚後、若いボーイフレンドができたこともあり、 2015年には、更に顔とボディにてを加えたクリス・ジェナですが、 彼女は、豊胸手術とそのやり直し、ヒップ・インプラント、数種類のレーザー・トリートメント、ライポサクション、 ウルセラピー、レーザ脱毛、フェイスリフト、ブレスト・リフト(胸をアップさせる施術)、 頬、唇のフィラー、ボトックス(年4回)などで、約650万円+メンテナンス・フィーのメイクオーバーが行われています。



ケンドール・ジェナ


モデルとして大活躍中のケンドールは、生まれつきのナチュラル・ビューティーですが、そんな彼女でも 年に1度のリップ・フィラー、レーザー脱毛、ピーリング、マイクロダーマブレーションといった トリートメントを行っており、約80万円のコストが掛かっています。


カイリー・ジェナ


ファミリーの中で最もキムに似ているといわれるカイリーは、姉のケンドールよりもずっと メークが濃いことで知られていますが、美容整形もケンドールよりもずっとヘビーに行っているのが実情。
18歳という若さにして、リップ&チーク・フィラー、豊胸手術、ボトックス、ピーリング、マイクロ・ダーマブレーション、 ライポサクションなどを行い、既に350万円のコストをかけていますが、 彼女は既にマルチミリオネアになっているので、このお値段も自費で問題なく支払える状況です。


ケイトリン・ジェナ (元ブルース・ジェナ)


オリンピック・ゴールドメダリストからTVパーソナリティになったブルース・ジェナが 性転換をして、ケイトリン・ジェナとしてデビューしたのが2015年9月のこと。
この性転換のために、ライポサクション、レーザー・トリートメント、 ウルセラピー、レーザ脱毛、フェイスリフト、ブレスト・インプラント、ヒップ・インプラント、フェイス・リフト、ネック・リフト、 ボトックス、唇、頬、手へのフィラー注入、チン(アゴ)・インプラント、ライノプラスティ(鼻の整形)、 ヘア・インプラント、ヘア・エクステンション、ブロウ(眉)・リフトなど、ありとあらゆる施術が行われた結果、 そのコスト1100万円+と見積もられています。
でもこれ以外に性転換のコスト、ホルモン・セラピーのコストが加わるので、 女性になるため費用は更に高額になっていることが見込まれています。


Will New York 宿泊施設滞在
Shopping

マライア・キャリーのメガ・エンゲージメント・リング Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, タコス・クレンズ

PAGE TOP