Magmet Can Be The Key To Youthful Skin?
マグネット・パワーでパーフェクト・スキンを手に入れる!?
ビューティー業界が大注目のマグネット・アンチエイジング・マスク



アメリカのビューティー業界で、このところ売り上げを再び伸ばしてきたのがマスク。
一時は、「時間と手間が掛かる割には、長期的な効果を感じない」という理由で、ユーザー離れが多かったマスクですが、 昨今では、オーガニック・パウダーを水で溶いて、使用直前に成分を活性化させるマスク、温度で血行に働きかけるヒート・マスクなどの効果が注目され、 再びマスクが売り上げを回復していることが指摘されています。
そんな中、全く新しいスタイルのマスクとして 昨今アメリカで話題沸騰中なのが、マグネット使用したアンチエイジング・マスク。 アメリカのハイエンド・スキンケアブランドが競うようにして、マグネット・マスクを発売。
これまでになかった手法のアンチエイジング・スキンケアとして大注目を浴びていますています。

実はマグネットを使ったスキンケア自体は、決して新しい訳ではなく、 古くはクレオパトラが、マグネットの上で眠って肌の活性化を図っていたことも伝えられていますが、 最近になって注目を集めたのが、マグネットが傷の治癒を促進し、炎症を抑える効果が高いという事実。 このため外科医療の世界では既にマグネットが利用されるようになっていましたが、それに着眼したのがスキンケア業界。
スキンケアをサイエンスと捉える昨今のビューティー業界ですが、そのマグネットの治癒効果を アンチエイジングとして利用するためのトライアルが行われた結果、生まれたのがマグネット・パワーを利用したマスクです。



マグネット・マスクとは?

マグネット・マスクとは、主に鉄分をベースにしたパウダーに有効成分を加えたマスクで、そのパウダーはマイナスのマグネット・パワーを帯びているもの。 そのマスクを顔にアプライして10〜20分置いてから、プラスのマグネットのパワーでマイナス・マグネットのパワーを含んだマスクを 磁力で引き付けることによって除去するという全く新しいスタイルのマスクです。
子供の頃の理科の実験で 砂鉄が磁石に引き付けられる様子を記憶している人は多いかと思いますが、 マグネット・マスクもその砂鉄のように拭き取り用のマグネットに引き付けらていくので、 その様子のセンセーションもこのマスクの大きな魅力となっています。
以下は、そのマグネット・マスクで最も大きな評価と人気を獲得しているドクター・ブランドのプロダクト、 マグネタイト・エイジ・ディファイアーのプロモーション・ビデオ。 ブラック・トルマリンを配合した黒いマスクが、ティッシュで包んだマグネット・チップによって 吹き飛ぶように引き付けられていく様子が描かれています。





何故マグネットがアンチエイジングに役立つのか?


マグネット・マスクが何故アンチ・エイジングに役立つかと言えば、まずそのピュアリファイイング効果が高いこと。
肌の老化には、ストレス、偏った栄養や、血行など様々な原因がありますが、洗顔では落ちない汚れやその汚れが運んでくるバクテリアも非常に大きな原因の1つ。 汚れの原因となるのは、メーク、過剰なスキンケア・プロダクトに加えて、埃や空気中に浮遊するケミカルなどがありまあすが、 粒子が細かい汚れであればあるほど、毛穴の奥底に入り込んで色素沈着や、肌の再生の邪魔の原因になるのは周知の事実。
そんな洗っても落ちない汚れもマグネット・マスクを使用すると、低電磁流がマスクと一緒に汚れを除去してくれるので、たった1回の使用で肌の透明感や洗顔では得られない洗浄感が味わうことができます。

さらに、マスクに含まれた有効成分が肌に浸透し、その成分補給された肌が、マスクを除去する際のマグネット・パワーの刺激でリフトされるため、 使用後は肌がエクササイズをした後の筋肉のように引き締まり、 肌のストレスをリリースする役割があります。
またマグネットの刺激が肌のターンオーバーのサイクルを早めるので、肌が若々しく、瑞々しく感じられるようになります。

以下は、たった1回の使用後のビフォア&アフターの写真ですが、肌がクリアになっただけでなく、血色も良くなっているのが見て取れる結果。 一度、マグネット・マスクを使用してみると 磁力のパワーが水で洗い流したり、マスクをはがしたりするよりも はるかに強力であることを実感します。
事実、マグネット・マスクを洗い流したり、拭き取ろうとすると、マスク自体が肌に付着してなかなかきれいに落とすことができないことは、 多くのビューティー・ブロガーがトライして立証しています。






マグネット・マスクの正しい使用法



マグネット・マスクの正しい使い方は、上記画像の4ステップのように まずはマスクを洗顔後の肌にアプライ。 この時、目の周りを避けるのが大切なポイント。マスクの除去に使用されているのは低磁力のマグネットですが、 眼球に近付けすぎると、人によっては目のレンズに影響を与える場合があります。
マスクは厚めに、そして均等に塗るのがポイントで、首のシワが気になる人は、首やデコルテにも使用してください。 そのまま15〜20分置いてから、マグネットによるマスク除去をスタートしますが、マグネット本体にマスクが付着しないように ティッシュなどで包んでから使用するようになっています。 マグネットは、近付けるだけで肌の表面に低電磁流を発生させてマスクが浮き上がってくるので、肌に擦り付ける必要はありません。
マスクを除去した後は、肌に浸透した有効成分をさらに安定させるため、通常のスキンケアを念入りにマッサージしながら行ってください。



マグネットを利用したマスクには、Seacret M4のMineral-rich Magnetic Mud Mask、Obey Your Body Magnitude Magnet Mask Kit、Mineral Beauty Systemの3 in 1 Magnet Mask、 など、数えきれないほどの種類が登場していますが、アメリカで最もパブリシティと評価を獲得しているのは、 前述のDr.Brandt / ドクター・ブランドから登場しているマグネタイト・エイジ・ディファイアー。 ブラック・トルマリンを主成分に、保湿とアンチ・エイジングに効果のあるベルガモット、カモミール、ゼラニウムなどのオイルがピュアリファイイングされた肌に浸透します。 かつてはマドンナのボトックス・ドクターとして知られた今は亡きドクター・ブランドのスキンケア・ラインとあって、スキンケア・プロダクトに多用されている化合物であるパラベンや パラベンや親水性増量剤、フタル酸エステルなどは一切含まれていません。
使用の頻度は1週間に2回が奨励されていて、使用を続けるうちに肌に張りがもたらされて小じわが目立たなくなるのに加えて、 肌の再生がスピードアップされるので、肌のトーンが均一になり、顔色が明るく、血色の良い、輝く肌に導いてくれます。

ドクター・ブランドのマスクは、 ビューティー・インポートのコーナーでお取り扱いをしています。


Shopping

2016 food trend キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,

PAGE TOP