50 Shades Of Grey Hair Is In Now!
今セレブやモデルが夢中のグレー・ヘア!
白髪に見えないグレーの秘訣は?




目下、2015年春夏シーズンの最大のヘア・カラー・トレンドになっているのが、グレー・ヘア。
グレー・ヘアとは英語で白髪のことを指すけれど、 今トレンドになっているのは、まさにその白髪カラー。
グレー・ヘアは、既に2年ほど前から レディ・ガガやケリー・オズボーン等が コスプレ感覚でトライしてきたけれど、 現在のブーミングぶりは、完全にファッション、及びビューティー・トレンドとしてのもの。
リアーナ、カイリー・ジェナ、カーラ・デルビーニュなど、 グレーにヘアを染めたセレブは数え切れないほど。
またインスタグラムにもヘアをグレーに染めたモデルや、ソーシャル・メディア・セレブの セルフィーが溢れているけれど、 一言にグレーと言っても様々なシェイドがあって、 そのシェイドは、ブルネットもしくは、ブロンドといったオリジナルのヘアのカラーにも左右されるようなのだった。






ところで、グレーというカラーの英語表記には、「Gray」と「Grey」の2種類があって、アメリカ英語で一般的なのが前者、 イギリス英語で一般的なのが後者。
でもファッション&ビューティーの世界では、「Gray」と「Grey」には差があって、 「Gray」はブラック&ホワイトの中間を意味するグレー。 これに対して「Grey」は、シルバーの濃淡を指す言葉で、プラチナ・グレーと言えばこのグレー。 ピューターのようなメタリックなグレーが「Grey」と表現されるもの。

したがって、現在のヘア・カラー・トレンドは「Gray」ではなく、「Grey」。 プラチナ・ブロンドにグレーのトーンを加えたものから、 グラデーションまで、様々なスタイルがあるけれど、 最も大切なのは、本当の白髪のようなバサバサなテクスチャーではなく、 ツヤのあるテクスチャーに染めあげることなのだった。






ヘア・スタイリストがアドバイスする、モダンでスタイリッシュなグレー・ヘアの秘訣は、 グリーンやブルーなどのトーンをグレーに加えること。
また、ブルネットの場合は、あえて根元をダークに保って、陰影を持たせるもの効果的。
ヘアをグ゙レーにした場合は、服装やアクセサリーもモノトーンに抑えるのがファッショナブルであるけれど、 それ以上に大切なのが、しっかりメークをすること。
顔の印象をくっきりさせないと、ヘアのカラーにインパクトが無いので、 本当に年老いたような薄い顔立ちになってしまうとのこと。

グレー・ヘアは、プラチナに近ければ近いほど、その次に染めるカラーがキレイにヘアに浸透するとあって、 カラーのトランスファーの合間にグレーをトライする女性も多いとのこと。
メディアの中には、このトレンドを「グラニー・シック / お婆ちゃんシック」と呼ぶところもあるけれど、 実際にはかなりエッジーな印象を与えるのが、グレー・ヘアのトレンドになっています。

Photo: Getty Images, Instagram

Will New York 宿泊施設滞在




アンタイトルド、ハドソン・グリル オーガニック・ファーマシー

PAGE TOP