74th Annual (2016) Golden Globe Winners!
第74回(2017年) ゴールデン・グローブ賞、受賞者発表!
Published on 12/12/2016



1月8日、日曜日に行われたのが2017年、ゴールデン・グローブ賞の授賞式。
以下ではそのノミネーションと受賞者をご紹介しています。 *********************************** 毎年 オスカーに先駆けて、12月にノミネーションが発表され、1月に行われるのがゴールデン・グローブ賞授賞式。
同賞は、ハリウッド・フォーリン・プレス・アソシエーションによって選ばれる、 映画とTVの双方に与えられる賞で、毎年ハリウッドの映画&TVスターが一堂に会するイベントとしても 注目を浴びているもの。
今回で74回目を数えるゴールデン・グローブの ノミネーションが発表されたのは12月12日、月曜日。 今年最多ノミネーションを獲得しているのは「ララ・ランド」の7部門で、それに次ぐのが「ムーンライト」の6部門。 今年のゴールデン・グローブは、まるでオスカーのノミネーションのように地味ながらも実力のある作品が並んでいるのが特徴となっています。

ゴールデン・グローブ賞を選ぶのは、僅か100人弱ほどの主にヨーロッパのプレスの記者で、その殆どがフリーランスとして 各メディアで働くジャーナリスト。なので、オスカーのように映画を評価するに値する専門家メンバー約6000人の投票によって選ばれる賞とは、 価値も意味も異なるのは毎年指摘されるところ。
さらに同賞は 映画と主演俳優を コメディ&ミュージカル部門と ドラマ部門に分けてノミネートしているのも特徴。
なので毎年、ことに コメディ&ミュージカル部門には さほどノミネーションに値しない作品が含まれており、 時に、「視聴率とレッド・カーペットの話題性を重視したノミネーションを行っている」との批判を浴びてきたのが同アワード。 実際に授賞式イベントでは、毎年オスカーに次ぐ視聴率を獲得しているのがゴールデン・グローブとなっています。

今年の同賞の授賞式が行われるのは2017年1月8日。ホストは「トゥナイト・ショー」のホストで知られるジミー・ファロンが務めることになっています。
以下、今年のゴールデン・グローブの映画部門とその有力候補、TV主要部門のノミネーションをご紹介します。




Best Motion Picture - Drama
最優秀映画作品 ドラマ部門



同部門で、最も有力視されているのは 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。 メインキャラクターが主演と助演でノミネートされているのはこの作品のみとなっています。



Best Performance By An Actor In A Motion Picture - Drama
最優秀男優 ドラマ部門



同部門で最有力と言われるのは、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレック。クリティックス・チョイス・アワードも受賞しています。



Best Performance By An Actress In A Motion Picture - Drama
最優秀女優 ドラマ部門



この部門は、「ジャッキー」のナタリー・ポートマンの受賞を有力視する声が多いですが、外国映画から唯一ノミネートされている イザベル・ユペールが受賞しても不思議ではないと言われます。




Best Motion Picture - Musical Or Comedy
最優秀映画作品 ミュージカル/コメディ部門



同部門の最有力候補と見なされるのは、最多ノミネーションを獲得している「ララ・ランド」で ほぼ受賞が確実視されています。



Best Performance By An Actor In A Motion Picture -Musical Or Comedy
最優秀男優 ミュージカル/コメディ部門



この部門は、「ララ・ラン」のライアン・ゴスリングが有力視されていますが、 映画関係者がノミネーションに最もエキサイトしたのは「デッドプール」のライアン・レイノルズとなっていました。



Best Performance By An Actress In A Motion Picture - Musical Or Comedy
最優秀女優 ミュージカル/コメディ部門



同部門の今年のノミネーションによってメリル・ストリープは史上最多の30回目のゴールデン・グローブのノミネーションを獲得したことになりますが、 有力視されるのは 「ララ・ランド」のエマ・ワトソン。



Best Performance By An Actor In A Supporting Role In A Motion Picture
最優秀助演男優



この部門は激戦区で、誰が受賞しても不思議ではないと言われる部門。 もしハリウッド・フォーリン・プレスが「ノクターナル・アニマルズ」が作品賞にノミネートされなかったことを同情している場合は、アーロン・テイラー・ジョンソンに転がり込む可能性もアリといったところ。



Best Performance By An Actress In A Supporting Role In A Motion Picture
最優秀助演女優



この部門は「フェンシス」のヴァイオラ・デイヴィスの受賞が最有力とみられていますが、ミシェル・ウィリアムスに転がり込む可能性も。



Best Animated Film
ベスト・アニメーテッド・フィルム



同部門は、「モアナ」が最有力候補。興行成績という点でもモアナに軍配が上がりそうな気配です。



Best Motion Picture - Foreign Language
最優秀外国映画



同部門は、演技部門で唯一ノミネートを獲得しているフランス映画、「エル」が有力視されています。



Best Screenplay Motion Picture
最優秀脚本賞



有力視されているのは、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」、「ララ・ランド」ですが、複雑なプロットを巧妙に描いたのは、「ノクターナル・アニマル」のトム・フォード。 もしハリウッド・フォーリン・プレスがそれを評価した場合はトム・フォードのサプライズ受賞もあり得るという感じです。



Best Director - Motion Picture
最優秀監督



有力視されているのは、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケネス・ローナーガンですが、 ハリウッド・フォーリン・プレスが本格的ミュージカルの復活を評価すればダミアン・チャゼル。 またカムバック・ストーリーを好んだ場合はメル・ギブソンの受賞も可能性大と言えます。




TV 主要部門 ノミネーション


Best Television Series - Drama
最優秀 TV シリーズ ドラマ 部門





Best Performance By An Actor In A Television Series - Drama
TV ドラマ最優秀男優





Best Performance By An Actress In A Television Series - Drama
TV ドラマ最優秀女優





Best Television Series - Musical Or Comedy
最優秀 TV シリーズ ミュージカル/コメディ 部門





Best Performance By An Actor In A Television Series - Musical Or Comedy
TV ミュージカル / コメディ 最優秀男優





Best Performance By An Actress In A Television Series - Musical Or Comedy
TV ミュージカル / コメディ 最優秀女優





Best Television Limited Series or Motion Picture Made for Television
TV 最優秀 リミテッド・シリーズ





Best Performance by an Actor in a Limited Series or Motion Picture Made for Television
TV リミテッド・シリーズ 最優秀男優





Best Performance by an Actress in a Limited Series or Motion Picture Made for Television
TV リミテッド・シリーズ 最優秀女優





Shopping

キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, ivanka's new DC pad Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,

PAGE TOP